髄膜炎でおきる髄膜刺激症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

髄膜炎でおきる髄膜刺激症状とは

zuimakusigekisyoujyou

意識や神経活動の中枢である脳は、豆腐に例えられるほど人体の中でも特に柔らかく、もろい器官のため、頭蓋骨と言う硬い骨で囲まれて保護されています。

この脳の命令を手足に伝えるのが脊髄(せきずい)と呼ばれる脳から続く太い神経のことです。

その脳および脊髄を外部からの衝撃から保護するための膜のことを髄膜(ずいまく)と言います。

この髄膜は外側から硬膜・クモ膜・軟膜という3層から成っています。またくも膜と軟膜の間には、髄液という液体が循環していて、これらの液体が脳を守るクッションのような役割を果たし、脳を守っているのです。

この髄膜にに刺激が加わって、何らかの症状があらわれることを 髄膜刺激症状 と言います。

この症状について見て行きましょう。


髄膜の3つの層とは

髄膜は主に3つの層から成り立っています。

硬膜(こうまく)

 3層になっている脳脊髄膜の、最も外側の膜で頭がい骨と密接しています。

くも膜(くもまく)

 硬膜と軟膜の間にあり、くも膜と軟膜の間には「クモ真下腔」と呼ばれる空間が存在しています。

髄膜は脳と脊髄、を覆う形で存在していて、くも膜も脳くも膜と脊髄くも膜の二つがあります。

軟膜

3層になっている脳脊髄膜の、最も内側の膜で、脳に密接しています。


髄膜刺激症状の原因とは

クモ膜下出血や髄膜炎などで髄膜が刺激されている時に出る症状で、髄膜刺激症候、髄膜刺激徴候とも呼ばれています。

原因は脳の中にある髄液に感染が起きた時や、出血などで髄膜が刺激されると起こります。

くも膜下出血や髄膜炎の他、単純ヘルペス脳炎、日本脳炎などで見られることがあります。


症状は

髄膜刺激症状として顕著なのは、物がまぶしく感じられて、目を開けていられない羞明(しゅうめい)や、頭痛、吐き気、嘔吐、仰向けになった状態から頭を持ち上げようとすると、反射的に筋肉が硬直する項部硬直(こうぶこうちょく)などが見られます。


髄膜刺激症状をを引き起こす代表的な疾患

髄膜炎(ずいまくえん)

髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態のことを言います。

脳膜炎、脳脊髄膜炎とも呼ばれます。炎症はウイルスや細菌、寄生虫をはじめとする微生物感染などがあげられ、薬品が原因となることもあります。

髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類されます。

くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)

脳動脈瘤は脳とくも膜の間にあり、脳動脈瘤が破裂すると血液がくも膜と脳表の間に凄い勢いで広がります。

このようにくも膜の下に出血が起こるのでくも膜下出血といいます。

一瞬の間に起こり、非常に高い血圧がくも膜の中にかかります。

これに耐えられないと呼吸が停止してしまい、突然死となります。

脳動脈瘤はよほど大きくなって周囲の組織を圧迫しない限り、何の症状もありません。ですから元気な人でも突然脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血となる可能性があるわけです。


こんな状態が危険

髄膜炎も、くも膜下出血も、どちらも髄膜刺激症状として発熱、頭痛、項部硬直などの症状、あるいは意識障害、けいれんがあげられます。

特にくも膜下出血では軽症では頭痛が続き何となくおかしいという症状で、歩いて病院に行ける場合もありますが、たいていは突然の頭痛で発症します。

この頭痛は今まで経験した中で一番痛いもので後頭部をハンマーで殴られたような痛みと表現する人もいます。

このよううな症状があらわれたら、速やかに髄液検査、頭部CTMRI脳波検査、病原検査が必要であり、加えて意識障害、けいれん、呼吸管理などに迅速に対応できる高次医療機関の神経内科、感染症科などの内科、小児科を受診することをおすすめします。


まとめ

髄膜炎でおきる髄膜刺激症状とは
髄膜の3つの層とは
髄膜刺激症状の原因とは
症状は
髄膜刺激症状をを引き起こす代表的な疾患
こんな状態が危険

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存