「喘息性気管支炎」呼吸が「ゼーゼー」「ヒーヒー」はこの病気かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

「喘息性気管支炎」呼吸が「ゼーゼー」「ヒーヒー」はこの病気かもしれません

zennsokuseikikannsienn

「喘息性気管支炎」は、“ウイルスや細菌が気管支に感染する事によって起こる、気管支の炎症の病”です。

喘息性気管支炎 は、「喘息性」と名がついています通り、喘息によく似た疾病です。

本記事では、子どもの代表的な病であるこの「喘息性気管支炎」について、紹介していきたいと思います。


「喘息性気管支炎」とはどのような病気なのか

喘息性気管支炎は別名「喘息様気管支炎」とも言います。

これは、気管支炎(気管支が炎症を起こす疾患)の一種で、

“風邪をひいた時に、喘息のように呼吸が「ゼーゼー」「ヒーヒー」と喘鳴する病気”です。

ウイルスなどの病原体が感染する事によって気管支炎を生じ、気管支の粘膜が腫れて気管が狭くなります。

その結果、息を吐く時に、その狭い部分を息が通る事によって、「ゼーゼー」「ヒーヒー」という音が聞こえます。

この音が、気管支喘息の時に生じる音と同じであるため、このような病名がつけられています。

(気管の、「狭いがある程度は広いところ」から出る息の音は「ゼーゼー」であり、「非常に狭いところ」から出る息の音は「ヒーヒー」と聞こえます。)

本疾病は寒い時期に発症する事が多く、風邪をひくたびに「反復して」症状が顕れる事から、“反復性気管支炎”とも呼ばれます。

患者は0~2歳の乳幼児が多く(約50%)、特に3ヶ月~10ヶ月の乳児が多いです。これはなぜかと申しますと、この時期の乳児は気管支が未発達であるからです。

また、患者の約10%は、(後に少し紹介致しますが)「気管支喘息」にも罹患すると言われています。

3歳頃になりますと、大多数の患者は治癒します。


「喘息性気管支炎」の原因

“ウイルスや細菌への感染”が原因となります。

(RSウイルスやマイコプラズマ、ライノウイルスなどの病原体がその代表です。)


「喘息性気管支炎」の診断方法・検査方法

診断・検査の手段として代表的なものに、以下のような方法が挙げられます。

<問診・聴診>

  • 鼻水や鼻づまり
  • 喘鳴(「ゼーゼー」「ヒーヒー」という呼気音)
  • 軽い呼吸困難

といった症状が顕れますので、問診・聴診にて確認をします。

<胸部レントゲン写真>

喘息性気管支炎に罹患した胸部のレントゲン写真では、肺全体が広がって見える事があります。(気管が狭まっているために息を吐きにくくなるので、肺から空気が出にくくなり、肺の内部に空気が残ってしまうからです。)

また、気管支の周囲が腫れているように映る事もあります。

<血液検査>

血液検査では、血液中の「白血球量」の内、「好中球」の量の数値を重視します。

なぜならば、感染症である本疾病に罹患している場合、好中球の量が増加しているからです。(好中球はウイルスや細菌などの異物を退治する働きがありますので、感染症に罹患していますと量が増加するのです。)

(※補足)

一方で、喘息性気管支炎とよく似た疾患である「気管支喘息」の場合は、血液中の白血球量の内、「好酸球」の量を重視する事が多いです。

なぜかと申しますと、気管支喘息は「アレルゲン」が原因となって発病する疾病だからです。(好酸球にはアレルギー物質や寄生虫を退治する働きがあります。そのため、気管支喘息に罹患している場合、好酸球の量が増加するのです。)


「喘息性気管支炎」の主な症状

先程も申し上げましたが、

  • 鼻水や鼻づまり
  • 喘鳴(「ゼーゼー」「ヒーヒー」という呼気音)
  • 軽い呼吸困難

といった症状が顕れます。

他にも発熱などの「風邪症状」があります。(高熱が出る事もあります。)

喘鳴症状により、呼吸は速く苦しそうになります。咳き込んで吐きそうになったり、実際に嘔吐する事もあります。

乳児の場合、ミルクや母乳が飲めなくなり、入院が必要になる事も多くなります。


主な治療方法

基本的には“安静にして、水分をよく摂取する事”です。

治療薬には、「去痰剤」「気管支拡張剤」を投与します。

また、強い咳止薬はあまりおすすめしません。なぜならば、咳を止めてしまいますと、気管支の中にある痰が出にくくなるからです。

痰が絡んで咳がひどい場合は抗生物質を使用する事もあります。

喘鳴症状がひどい場合には、入院が必要になります。

とりわけ乳児の場合は、(先述しましたように)母乳を飲む力が低下してしまいますので入院治療が必要になる事が多くなります。入院後には、輸液をし、輸液中に抗生物質を投与した治療を行います。

概ね1週間前後で治癒しますが、「ウイルス・細菌の強さ」や、患者の「体調・抵抗力」により薬の効き方が違う為、退院までの期間が長引く事もあります。


まとめ

「喘息性気管支炎」呼吸が「ゼーゼー」「ヒーヒー」はこの病気かも?
「喘息性気管支炎」とはどのような病気なのか
「喘息性気管支炎」の原因
「喘息性気管支炎」の診断方法・検査方法
「喘息性気管支炎」の主な症状
主な治療方法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存