アレルギー症状に舌下免疫療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

zekkamennekiryouhou

花粉症やハウスダストなどアレルギーに苦しむ方も多いですね。

それらアレルギー性疾患は老若男女に関わらず起こりうるものであり、発祥すると大方はずっと付き合っていかなくてはならないものでした。

近年そんなアレルギー性疾患を治療する画期的な方法が生まれたとされています。

今回はその治療法「舌下免疫療法」について詳しく説明していきます。


舌下免疫療法とは?

まずはアレルギー性疾患を治療する可能性を秘めた「舌下免疫療法」について簡単に説明をしていきたいと思います。

<舌下免疫療法の概要>

アレルギー性鼻炎などの場合には同じような手法をとる「減感作療法」というものがあります。

手段は同じなのですが減感作療法では薄くしたアレルゲン成分を皮下注射によって体内に取り入れます。

この減感作療法も根本的な治療が期待されていますがおおよそ3年間という時間がかかると言われています。

皮下注射によるので通院が欠かせないですし、治療費も保険適応とはいえやはり安くはありません。

舌下免疫療法ではアレルギー性疾患を引き起こす原因である物質(アレルゲン)の成分を舌の下に垂らすことで、アレルギーを身体に慣れさせていくという手段を取ります。

勿論、本来は身体が過剰反応してしまう成分ですから、専門医がの指示に従い少量から徐々に成分量を増やしていくことになります。

減感作療法との大きな差は、治療始めは医師による指導がありますが、基本的には家庭で行うことができるという点にあります。

注射ではないので安全ですし、定期的な検診以外に通院する必要がなくなります。

<開始時期>

舌下免疫療法の場合にはいつでもすぐに始められるというわけではありません。

安全に治療をする為にも、持っているアレルギーのアレルゲンが多くなる時期の前後には治療を始められないようになっています。

例えばスギ花粉であれば、スギの花粉が飛び始める時期にはただでさえ飛んでいる花粉に対して身体が拒否反応を起こしているのに、そこに薄いとはいえ同じアレルギー成分を入れても身体が慣れることはないですよね。

安全性を確保する為にもスギ花粉は3月頃がピークなのでその前後3ヶ月ほど(1月から5月)は治療不可となります。

最も治療開始に適しているのが花粉の飛び始めるおおよそ3ヶ月前だと言われていますので、スギ花粉であれば11月頃から舌下免疫療法を始めると効果が期待できます。

<ハウスダストに対する新薬が完成>

スギ花粉のみに保険適応されていた舌下免疫療法の薬ですが、新しく2015年にハウスダスト(ダニ)に対する薬が保険適応されることになりました。

ハウスダストはスギ花粉と異なりピークの時期がない通年性のものなので基本的には開始時期は決まっていません。

しかし、アレルギー性疾患は重なることが多く、ハウスダストによるアレルギーを持っている人は多くがスギ花粉に対してもアレルギー症状を引き起こしやすいと言われています。

そのためスギ花粉の舌下免疫療法を行えない1月から5月にかけてはハウスダストの舌下免疫療法も安全の為に控えられることが多いようです。


アレルギーはなぜ起こる?

そもそもどうしてアレルギー反応が出る人と出ない人がいるのかの違いについて簡単に説明します。

本来スギ花粉などに始めるアレルゲンは身体にとって有毒ではありません。つまり本当ならば誰もアレルギー疾患は起こらないはずなのです。しかし、免疫系の機能不全(勘違いのようなこと)が起こることで、身体がアレルゲンを有毒とみなして防衛反応を起こすようになります。

その結果として、体中で炎症作用などが引き起こされて、それが鼻水や涙、目のかゆみや痛みのようにアレルギー疾患の症状となります。


舌下免疫療法の実際

舌下免疫療法は専門の研修を受けた医師のみが行える治療法になります。舌下免疫療法を受けたい場合にはかかりつけの医師にそのことを話し近くの専門医を紹介してもらいましょう。

<開始時期>

開始時期は上記で説明したようにスギ花粉の場合は1月から5月までの花粉の飛んでいる時期を避けて行います。適しているのは花粉の飛び始める3ヶ月前の11月頃です。

ハウスダストの場合には適宜開始が可能ですが安全性に考慮するならば、併発している可能性の高い花粉が飛んでいる時期の前後3ヶ月ほどは避けておきたいところです。専門の医師の指示に従いましょう。

<治療>

舌下免疫療法は基本的にはご自宅で治療をすることになります。

初回は薬の飲み方の指導がありますが、それ以降は自身で行います。

処方された薬を決められた量、舌下(舌の裏)に垂らし2分間放置します。その後で飲み込みます。これを徐々に量を増やしていき3週目からは同じ量を続けていくことになります。

<治療期間>

治療期間は効果が表れているのか判断するのに1年から2年、根本的な治療ができるまでには更に4年から5年の期間治療を続ける必要があります。

<期待される効果>

まだデータ自体が少ないので参考程度の数字になってしまいますが、治療を5年ほど続けた患者の20%が完治しています。また症状が緩和されたという患者さんは完治した患者を含めると80%ほどいます。しかし効果がなかった患者さんも20%ほど存在します。

まとめ

舌下免疫療法は根本的治療の可能性がある治療法の一つではありますが、治療効果が表れるまでに2年ほど、治療完了ないしは症状の緩和が認められるまでに5年ほどの治療の継続が必要です。

これまでの治療法では通院が多く必要でしたが、舌下免疫療法では自宅での治療ができます。

治療薬は専門的な研修を受けた医師のみが処方できるものです。医師の指示に従って根気強く続けていきましょう。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存