なかなか治らない痛い指先のひび割れケアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

yubisaki-hibiware

とかく子どもの肌は乾燥しがちですよね。

関節や全身の乾燥もさることながら、見た目にも痛そうなのが「 指先 の ひび割れ 」。ぱっくり割れると、何度も繰り返すのでなかなか治りにくいものです。

指先のひび割れは、家事や子育てで水仕事の多いお母さんにも悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか? 

今回はそんな指先のケアについてお伝えします。


どうして繰り返す?指先のひび割れ

指先のひび割れのきっかけは、アトピーや手荒れ、ちょっとした怪我などさまざまです。割れてしまった指先、本来ならば自然に皮膚が回復して治癒していくはずが、指先だとなかなか治りにくい…。

それは、皮膚の厚さと乾燥が大きく関係しています。

触感の鋭い指先ですが、その皮は手のひらと同じくらいの分厚いもので保護されています。この皮膚に傷が入ると、その切れ目からどんどん水分が蒸発し、乾燥、傷口は柔軟性を失います。

そして、接触などの衝撃によって皮膚が引っ張られてしまうと、修復をする前に、またひび割れてしまうのです。

皮膚に厚みがあるために、なおこと負荷がかかってしまい、二度目のひび割れでは、より深く傷になってしまう場合もあります。


ひび割れのルーティンを断ち切りたい!まずは徹底した乾燥ケア

繰り返さないためには、完全に完治することを目指しましょう。

何より一番は「乾燥対策」です。「そんなことは言われなくてもやっている」という方もいらっしゃるでしょうが、少し方法を変えるだけで、いつものケアがもっと有効的に働くかもしれません。

ひどいひび割れの場合は、病院へ受診し、処方された軟膏を利用するのが一番です。特に処方されたものがない場合は、市販の保湿クリームで構いません

アトリックス メディケイティッド A ジャー

この時に選ぶポイントは、尿素が配合されているものを。尿素の配合割合が高いほど効果があります。

尿素10% クリーム 100g

オロナインなどでも構いません。

また、保湿と言えば代表格の「ワセリン」ですが、ひび割れの治療の際には含まないものを選びましょう。

ワセリン自体には、水分の蒸発を防ぐ効果がありますが、水分を補う効果は期待できないからです。

まずは、傷口に充分な水分を与える事が先決です。

乾燥肌のお子さんをお持ちの方は、皮膚科でよく処方されるピンクのパッケージの「ヒルドイド」クリームやローションですが、「出血」している時には使用しないでください。

傷口にはしみますし、血の凝固を阻害する作用がありますので、この場合に限っては逆効果です。

傷がぱっくり割れている時やカサカサになった回りからうっすら赤く血がにじむ時にはまずは傷口を治すようにしましょう。その時に使うのは絆創膏だと水を通しやすくすぐにはがれてしまいがちです。

皮膚科で処方してもらえるドレゾニンテープを使うと良いでしょう。

薄いフィルムのテープで患部の大きさより少し大きめに貼ることで患部を保護することができて痛みから保護しながら傷を治してくれます。

使ってみると傷口もふさがり痛みもなくなりましたがケアを怠るとまた指先ぱっくりの症状が出ますのでフィルムを上手に使いながら乾燥ケアもしっかりしていきましょう。


クリームを塗るタイミングは、お風呂上がり3分!

湯船につかって、肌に充分な水分を含んだ状態をキープすることが大切です。お子さんのケアなら「湯上がり3分」も可能でしょうが、お母さん方はそうはいきませんよね。

我が家も、お風呂上がりはちょっとした戦場と化しますのでよく分かります。

お母さんのケアは、ゆっくりと日中に行ないましょう。

足湯ならぬ手湯を準備。

指先がじんわりとほぐれる感じがするまで温めてから、クリームを塗りこみます。

その後、乾燥保護目的の「ワセリン」が登場です。

ワセリンHG

お子さんが嫌がらないようなら、ワセリンの上に絆創膏(安価で通気性のあまり良くないものがお勧め)を貼りましょう。

民間療法、または医師によっては瞬間接着剤の利用をお勧めする場合がありますが、傷の治癒目的で作られたものでありませんので、自己判断での利用は避ける方が賢明です。

利用する場合は、必ず医師へ相談しましょう。

保湿と保護を傷が完全に治るまで、根気よく続けます。

「治ったかな?」くらいでやめてしまうと、そこから乾燥が進み、またひび割れのルーティンに突入してしまいますのでご注意を。


割れだしたら早めの対策を

一度ひび割れると、完治まで時間がかかってしまいますので、ひび割れを見つけたら早めに対策を始めましょう。

また、指先がひび割れている時には、身体全体の皮膚も乾燥している場合があります。

皮膚が乾燥していると、バリア機能が低下し、菌やウイルスなどに対しての抵抗力も低下しがちです。

指先のひび割れに限らず、日頃から乾燥対策に努めていきましょう。


まとめ

なかなか治らない痛い指先のひび割れケアについて
どうして繰り返す?指先のひび割れ
ひび割れのルーティンを断ち切りたい!まずは徹底した乾燥ケア
クリームを塗るタイミングは、お風呂上がり3分!
割れだしたら早めの対策を

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存