幼稚園や学校で大流行?!感染力の強い「溶連菌」って一体どんな菌?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

yourenkinn

溶連菌 は正式名称を「溶血連鎖球菌」といい、冬と春~夏にかけて年に2回流行する 感染 です。どの年齢にもみられる病気ですが、特に5歳~15歳の子供に多くみられます。

感染力が強く、幼稚園や学校などで集団感染を起こすことが多くあります。

溶連菌はきちんと完治させないと大きな合併症を起こす可能性もある怖い病気でもあります。ここでは溶連菌による感染症について詳しく説明していきたいと思います。


どうやって感染するの?

溶連菌は主に飛沫感染と経口感染で移ります。

飛沫感染とは、咳やつばなどが飛び散ることで細菌が相手の体内に入り込み病気が移るものです。

また、経口感染は溶連菌に感染している人が触れたものを触って、その手を介し細菌が口から体内に入って感染するものを言います。

これらの感染経路で溶連菌は次々に人に移っていきます。

溶連菌の潜伏期間は3~5日で、その後喉の痛みなどの症状が出現します。感染力は治療を開始するまでがピークで、その後1~2日くらい経過すると低下していきます。溶連菌は子供に多いですが、抵抗力の低下している高齢者や妊婦さんなどにも移りやすいので周りで溶連菌が流行している場合は注意が必要です。


どんな症状が出るの?

溶連菌は喉に付着し感染するので、喉の痛みや違和感、リンパ節の腫れなど喉に強く症状が出現します。

それに伴い発熱などが出現します。また、嘔吐腹痛などの腹部症状が出ることもあります。

喉の症状に加えて特徴的な症状が発疹です。

溶連菌に感染すると顔や身体、手足ににきびのような小さな発疹が出来ます。

顔の発疹は口周りには出来ないのが特徴で、舌もプツプツと荒れイチゴのようになります(「イチゴ舌」と言われます)。痒みもあり、痛みも少し伴う人もいるようです。

症状が出現して1週間くらい経過すると、症状が落ち着き徐々に発疹が消失します。

そうすると指先や足先の皮が剥けてくることがあります。

これを落屑と言います。このような症状は溶連菌感染症でよく見られる症状ですが、全員に全ての症状が出現する訳ではありません。

特に1歳~3歳の小さな子は症状がハッキリ出現しないことも多く、診断に時間が掛かることがあります。


薬を飲みきって完治させることが重要!!

溶連菌は抗生剤を飲むことで治ります。

抗生剤は10日~2週間と飲む期間が少し長めですが、症状が消失しても薬を飲み切ることが重要です。

中途半端に飲むのを止めてしまうと合併症を引き起こす可能性があります。

溶連菌による合併症には重大なものに急性腎炎や心臓の弁の膜に障害を与えるリウマチ熱などがあり、溶連菌は比較的合併症を起こしやすい病気とも言われています。

また、症状が消失した=完治ではないことを頭に入れておいて下さい。

薬を飲み切って約2週間に再度病院に行って溶連菌が認められないことを確認して貰いましょう。

このようにきちんと病気を完治させ合併症を予防する意味でも薬をきちんと飲み切ることは重要です。

他にも発熱などにより脱水などを起こしやすいのでこまめな水分補給を心掛けましょう。

特に小さい子や高齢者は脱水を起こしやすいので意識して水分摂取することが大切です。

また、看病などで溶連菌に感染している人の側にいる人は感染予防を心掛けて下さい。

感染力が強いためなかなか完璧に菌から身を守ることは難しいですが、手洗い・うがい、マスクの着用などは感染予防に有効です。

また、経口感染予防のために感染者の使っている食器などは一緒には使わないようにして下さい。

溶連菌に対してアルコール消毒は有効なので、溶連菌にかかった子が使ったおもちゃなどはアルコールで消毒すると良いでしょう。


今回のまとめ

幼稚園や学校で大流行?!感染力の強い「溶連菌」って一体どんな菌?
どうやって感染するの?
どんな症状が出るの?
薬を飲みきって完治させることが重要!!

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存