「おねしょ」がなかなか治らない…夜尿症の原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

yanyousyou

一般的に幼児の夜尿はおねしょと言いますが、小学校入学前後(5~6歳)からそれ以降の子供の夜尿を 夜尿症 とよびます。

おねしょと夜尿症、いったい何が原因でどのようにすれば改善していくのでしょうか。

寝ている間に知らず知らずにおしっこをしてしまうのが、「おねしょ」です。おねしょは、成長とともにしなくなっていき、自然となくなっていきますが、まれに大きくなってもおねしょをする子もいます。

洗濯物は増えるし、天気が悪かったり寒い時期には乾かないし、親御さんとしては、おねしょはしてほしくないですよね。


寝ているときのおしっこの仕組み

赤ちゃんは尿をたくさんためることができません。膀胱の成長がまだ未発達で小さく、たくさんためることが出来ないうえに、昼夜関係なしに尿が作られます。

そのため、寝ている間にもおしっこをしてしまいます。

しかし、成長するにつれて膀胱は大きくなっていきます。

さらに、脳で作られる抗利尿ホルモンによって、夜に作られる尿の量が減るため、一晩中、尿をためておけるようになります。

そうして一晩中、おしっこをせずに寝ることが出来るようになるのです。


どうしておねしょをしてしまうのか―夜尿症の原因は?

いつまでもおねしょをする子供にむかって、「お前の自覚が足りないんだ」と言って怒ったり、自分の育て方が悪いのか厳しすぎるのではないかと親御さん自身が悩んだりはしていませんか? 

それは夜尿症の正しい原因とは言えません。夜尿症(おねしょ)は、夜の尿の量とそれをためる膀胱の大きさが見合っていないこと、睡眠障害、ストレス、膀胱や腎臓の異常などが原因となっておこると考えられています。

膀胱の大きさと尿量のアンバランス

膀胱は夜になると、昼間の1.5倍から2倍の量の尿をためられるようになります。

一方、脳で分泌される抗利尿ホルモンが夜に増加することによって、夜間の尿量は少なくなります。

膀胱の発達が未熟だったり、抗利尿ホルモンがうまく機能しなかったりすると、夜間の尿が十分ためておけず、おねしょをしてしまいます。

睡眠障害 おしっこがたまっても目が覚めない

寝ているときでも、尿意を感じて目が覚め、トイレに行ければ夜尿症にはなりません。

眠りが深くて尿意に気づかず、おねしょをしてしまう子供もいます。

ストレス

今までおねしょをしなかったのに急にするようになったり、しばらくしていなかったのに突然また始まってしまったりする時は、ストレスが考えられます。

強いストレスが原因で自律神経がうまく働かず、夜尿を引き起こすことも。

膀胱や腎臓の異常

膀胱や腎臓の病気の影響でおねしょをすることもあります。


夜尿症を治すには

夜尿症は自然と治っていくことが多いものですが、年齢が上がっていってもなかなか治らない、続いているような時は、子供も自信を失ったり、夜尿自体がストレスになったりしますので、医療機関に相談するなどして治療することを考えてあげましょう。

医療機関では、薬を使っての治療や、尿をためる膀胱の容量を増やすという目的で行われるトレーニングなどによる治療があります。

また、寝る前に水分を取らないようにする、寝る前には必ずトイレに行くなどの工夫も大切です。

寝ているときに無理やり起こしてトイレに行かせるのは逆効果。かえって睡眠のリズムが崩れ、抗利尿ホルモンの分泌を妨げるので、気をつけて下さい。

夜尿症のお子さんは、おねしょをしてしまうと、失敗してしまったとしょんぼりしているはずです。どうか怒らず、焦らず、必ず治るとお子さんを安心させてあげてください。


今回のまとめ

「おねしょ」がなかなか治らない…夜尿症の原因と対策
寝ているときのおしっこの仕組み
どうしておねしょをしてしまうのか―夜尿症の原因は?
夜尿症を治すには

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存