やけど虫!絶対触れてはいけない虫!家庭での対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

やけど虫!絶対触れてはいけない虫!家庭での対策は?

yakedomusi

やけど虫 を御存知でしょうか?

この虫は場合によっては、人間にとって失明の危険性すらあるのです。

子供も大人もやけど虫に対しては、充分注意したい所だと思います。

しかし、どんな虫か知らないと気を付ける事は難しいと言えます。

そこで、やけど虫が現れた時の為にもどのような虫か、どのように対処をすればいいか説明します。


やけど虫

やけど虫の正式な名前はアオバアリガタハネカクシで、体の長さは6から7mmです。

外見はアリに似ており、体の色は黒とオレンジです。

サイズ的にも大きくないので、知らない内に周囲にいたと言う場合もあるようです。

yakedomusi

やけど虫が現れる時期は3月~11月であり、その中でも6~8月に最も現れます。

また、大体日本全国に現れるので、気を付ける事が大切です。

やけど虫が良く現れるのは湿気の豊富な場所等です。

例えば、水田や畑に池等が挙げられます。

このような場所に行く際には、やけど虫がいないか気を配った方が良いかも知れないです。

加えて、周りに現れた時に気が付けるように、外見等も踏まえる事になります。


やけど虫の危険性

やけど虫は毒のあるペリデンと言う物質を持っており、これが人間にとって危ないのです。

ちなみに、やけど虫は卵から成虫の段階に置いて、ペリデンは持っています。

やけど虫を手で潰したり、払い除けたりする事によって体液が皮膚に付いてしまったりします。それによって、水ぶくれや発赤等の症状が引き起こります。

また、目にやけど虫の体液が付いてしまった場合は角膜炎や結膜炎等の症状が起きる場合があります。

更に、やけど虫の体液が付いた所は、他の箇所に接触をさせないと言うのも注意点です。

例えば、手にやけど虫の体液が付いたら、他の所には接触させない様にするのです。

体液が付いた箇所以外にも、接触をする事によって症状が広まる場合があるからです。

そのような事態にならない様に充分注意する必要があります。

子供等に対してもこのような点もきちんと伝えておく事が大切だと言えます。


やけど虫に対する対策

まず、やけど虫を家の中に入れない様に注意する事も大切です。

やけど虫は光に惹かれる特質があるので、夜に窓が何もせずに開いている事等がないようにします。きちんと窓を閉めておく等をするように気を付けます。

更に、照明に関してもほぼ紫外線が出ない種類の物等にすると良かったりします。

実際にやけど虫が現れてしまった場合は接触しないようにします。

例えば、家の中でやけど虫が発見された際は手で触らない様に始末をするか、

家の外に出す事等になります。

また、始末する時には殺虫剤等を使用したりします。

いざという時に使用する殺虫剤に関しても検討しておくと良いと思います。

殺虫剤だけではなく、忌避殺虫剤を使用するのも手段だったりします。

ちなみに、やけど虫は死んだ体にも毒があるので捨てる時には注意をする事が必要です。


治療する方法

まず、接触等をしてしまった箇所を水で丁寧に流して行く事になります。

それから、ステロイド軟膏を使ってから患部を冷やします。

その後は、やはり病院の皮膚科等で診察を受けた方が良いと思います。

また、皮膚ではなく目にやけど虫の体液等が付いてしまった場合は、同様に水で流します。

それから、早く病院の眼科等で診察を受ける事になります。

例えば、子供等でやけど虫だと言う事を知らないで触ってしまうと言う事態もあると思います。そのような事態を避ける為にもやけど虫はどのような虫かと言うのを伝えておいた方が良いと思います。勿論、子供だけではなく、大人も触らない様に気を付ける事が大事だと言えます。いざ、やけど虫が現れた際にも冷静に対応を行いたい所です。


まとめ

やけど虫!絶対触れてはいけない虫!家庭での対策は?
やけど虫
やけど虫の危険性
やけど虫に対する対策
治療する方法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存