中耳炎は早期治療と治癒確認をする事が大事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

中耳炎は早期治療と、治癒確認をする事が大事!

boy

鼻風邪をひく度に中耳炎を繰り返すお子さんも多いのではないでしょうか。

苦みの強い抗菌剤を飲み続けなければならず、子供にとってもお母さんにとっても厄介な病気です。

中耳炎は早期に治療することで、少しでも悪化を防ぐことができます。

子どもの場合、悪化すると、一過的な症状に収まらない滲出性中耳炎になることもあります。

まずは、中耳炎の種類や症状を知って中耳炎に備えましょう。


中耳炎は3つある? 急性、慢性、滲出性って何が違うの?

中耳炎は文字通り「中耳」が炎症を起こすことを言います。

中耳とは、鼓膜の内側の事をいい、ここにウイルスや菌が侵入することで炎症を発生させます。

中耳には、鼻と繋がるパイプのような耳管と呼ばれる器官があり、風邪などで鼻の奥に増殖した原因菌が耳管を通って内耳に到達し、悪さをしてしまいます。

中耳で炎症が起こる、という観点では違いありませんが、中耳炎の進行状況で名称が異なり、また症状や治療も変わってきます。

中耳炎には3つの種類があり「急性中耳炎」は、最初に中耳炎を発症した時の名称。

急性中耳炎が3カ月以上治らないときには「慢性中耳炎」。急性中耳炎が治ったあとに、炎症を起こした部分から滲出液が出て、たまった状態になることを「滲出性中耳炎」と呼ばれます。

なかでも、滲出性中耳炎は子どもに多く見受けられる中耳炎です。


中耳炎別にみる症状

「急性中耳炎」の場合

・耳が痛い

・耳が塞がれた感じ(耳閉感)

・耳鳴り

・難聴

・発熱

など。

乳児は症状を訴える事が出来ずに、発熱に加えて、耳を触ったり、異様に不機嫌だったり、泣きわめいたり、食欲不振になるなどのサインが見られるので、日頃からの観察が重要です。

「滲出性中耳炎」の場合

・難聴→呼びかけても返事がない、聞き返す、テレビのボリュームを上げる

・集中力の低下、ボーっとしている、返事が遅い

・言葉が少ない

など。

乳児では、急性中耳炎と同様の症状のほか、怒りっぽくよく泣く、言葉の発達が遅いなどの気になる行動があるときには一度受診しましょう。

<治療は?>

どちらも大差はなく、薬物治療(抗生剤など)が基本です。中耳に膿や液体がたまっている場合は、鼓膜切開をして排出を行ないます。

滲出性中耳炎では、内耳にたまった液体を排出させることを目的に、鼓膜にチューブを挿入して改善を図るなどがあります。

鼓膜は自然治癒していくので、切開や挿入術によって聞こえなくなることはありません。


どうして繰り返しちゃう? 悪化しちゃうの?

さまざまな要因が考えられますが、子どもの場合、耳管が大人よりも太く、短く、さらに平行に近い形で形成しているために、中耳炎になりやすいと言われています。

もちろん、中耳炎=子どもの病気、というわけではなく、大人でもかかる病気なので、注意が必要です。

また、子どもはうまく鼻がかめない・すすってしまうために、鼻の奥で菌が滞在しやすく、増殖しやすいのも要因です。

こまめに吸いだしてあげることが予防になります。

中耳炎になってしまったら、医師に従い、抗生剤を飲み続けるのも大切です。苦みが強い薬なので子どもが嫌がった、経過が良く見えた、など自己判断でやめてしまうと、抗体菌になり薬が効かなくなってしまいかねません。

まずは風邪予防と、かかったらきちんと治療、が重要です。

治療の経過は必ず医師に確認し、治癒しているかどうか確認してもらいましょう。

炎症が残ったままになると、滲出性中耳炎に進行してしまう場合があります。

筆者の子どもも3カ月間中耳炎を繰り返した末に、チューブ挿入術を行ないました。

手術になるまでの間、試した抗生剤の数はなんと5つ! 飲ませるのに大変苦労しました。市販のお薬ゼリーなども試しましたが、見事に全滅でした。

苦みを抑えるのに一番有効だったのが薬剤師さんに教えてもらった「チョコレートアイス」でした。

薬をアイスで包んで、舌をスプーンで冷やしてからパクッと。

それからは、お薬時間がずいぶんと楽になりました。

治った後もアイスを欲しがるようになったのには、少々参りましたが。

お困りのお母さんはトライしてみてはいかがでしょうか?


まとめ

中耳炎は早期治療と治癒確認をする事が大事!
中耳炎は3つある? 急性、慢性、滲出性って何が違うの?
中耳炎別にみる症状
どうして繰り返しちゃう? 悪化しちゃうの?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存