中耳炎?急な耳の痛みと熱は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tyuujienn-netu

子どもの体調の変化は本当に激しくて子育てをしている方の悩みの一つだと思います。中耳炎 は耳のつまりや急な発 熱 などが初期兆候であり重篤化するものだと難聴などにもなりうる気の抜けない病気でもあります。そんな中耳炎について詳しく紹介していきます。


中耳炎とは

中耳炎には「急性中耳炎」、「慢性中耳炎」、「滲出性中耳炎」、「化膿性中耳炎」、そして特殊な「真珠腫性中耳炎」というものがあり、一般に中耳炎と言う場合にはほとんど急性中耳炎を指しています。

中耳炎になる原因

風邪によってウイルスが鼻や喉にたまり、鼻水などが耳と鼻とを繋ぐ管を通して内耳まで進入してしまった時や、プールに入ったりして進入して排出できなかった水に菌が繁殖して炎症を起こすことで起こります。

子どもの風邪には中耳炎がつきものと思う所があるのは大人の耳管の形と子どもの耳管の形が異なり、子どもの耳管は太くて短く平行にあるために大人よりも菌が入りやすいことにあります。

中耳炎の症状

耳の閉塞感、耳の痛み、耳漏、膿が鼓膜から破れ出る耳だれ、伝音性難聴など耳の諸症状や発熱などが見られます。

小さい子どもは耳の違和感などを上手く伝えることができないこともあり、風邪をひいた時などに耳を執拗に気にしていたり、機嫌が悪い場合なども症状の一つになります。

名称は状態によって変わる

「急性中耳炎」は風邪などによってウイルスや細菌が進入し発熱や耳の痛みがある状態です。風邪を引いた時に子どもが耳を気にしていたり痛がる、耳が聞こえにくそうな兆候があれば耳鼻科にかかりましょう。

中耳炎の特徴として発熱や痛みは2~3日ほどで治ります。しかし耳の中の腫れなどが元の状態になっているかというとそうではないのがやっかいなところです。

そんな耳の腫れが残り耳のつまりや聞こえにくさが残っていたり、膿が溜まり続けている状態が実は2、3ヶ月続くこともあります。この時の状態を「滲出性中耳炎」と呼びます。

また急性中耳炎により炎症が長く続いたり、急性中耳炎を繰り返すと、耳の中にたまった膿を排出するために鼓膜に穴が開き本来はそれが自然と閉じるはずが、開いたまま慢性化してしまうことがあります。

鼓膜の穴が閉じないままになると膿や耳漏が鼓膜内に溜まってしまい伝音性難聴(耳が聞こえにくい状態)になります。このような状態を「化膿性中耳炎」と呼びます。


中耳炎の治療と対策

子どもの時の中耳炎の原因はほぼ風邪によるものです。その為中耳炎を防ぐ対策として最も効果があるのは実は風邪にならないこと。

具体的な風邪対策
  • 栄養バランスの取れた食事
  • 手洗い・うがいの徹底
  • 湿度を高くする(ウイルスは湿度が50パーセントを超えるとほぼ死滅する)
  • 十分な睡眠と休息

また風邪をひいてしまった時には鼻水を綺麗に取るようにすると耳へとウイルスを含んだ鼻水が流れ込むのを防ぐので中耳炎の対策となります。

中耳炎の治療は気長に

子どもが風邪をひいて耳の痛みや違和感があればかかりつけの病院で診てもらいながら耳鼻科にも見せましょう。

風邪の治療は体内のウイルスを抗生物質によって死滅させることですが、中耳炎を併発した時に抗生物質は中耳炎の症状に対してはあまり効果が見られ無いためです。

治療は「急性中耳炎」では痛みがあるので痛み止めが処方されます。痛み止めを服用しても痛みがひかない場合にはすぐに病院へ行きます。

数日して痛みがひいて「滲出性中耳炎」になってからは溜まってしまっている鼻水を吸引していきます。鼻水に含まれるウイルスが流れ込むことを防ぐことで膿を耳から鼻へと流れやすくして治療をしていくのです。

中耳炎の治療で注意したいのは耳の痛みがなくなったとしても腫れがひいて元の状態に戻っているわけではなく、まだ鼓膜内には膿などが残り続けているということです。

医師が鼓膜の内部や膜が塞がっているのかなどを見極め、完治したと言うまでは通院しましょう。間違っても勝手な判断で通院を止めてはいけません。

自宅でできる対処

鼻水が多く出る場合には鼻吸引をしたりして、できるだけ逆流する鼻水がないようにしましょう。耳から膿や耳漏が出てる時には耳の外をふき取り清潔にします。耳の内部は医師に任せます。

また初期に痛みがひどい時には耳の後ろを冷やしてあげたり、耳の血流の関係で寝そべっているよりも座ったり立ったりしたほうが痛みが和らぐこともあるようです。


真珠腫性中耳炎の概要と鼓膜切開による治療について

重篤化する中耳炎

中耳炎の中で重篤化するものが「真珠腫性中耳炎」です。

これはウイルスや細菌によるものではなく、急性中耳炎や何かしらの原因により鼓膜の弛緩した部分や穴が開いてしまった部分から上皮(皮膚)が中耳に進入して増大することによって起こります。

中耳に進入し増大した上皮は鼓膜の内側の耳小骨を破壊し難聴を引き起こしたり、顔面神経を圧迫し麻痺したり、頭蓋内や内耳の合併症を引き起こすこともあります。

「真珠腫性中耳炎」は進行するまで気づかれないことが多いのですが、時折耳の痛みがあったり、匂いのきつい耳カスが出ることもあるようで注意して見守りたいです。

鼓膜切開による治療の是非

急性中耳炎などで鼓膜内に膿や耳漏がたまってしまった時に、それを鼓膜を切開してチューブを入れることで吸引するという治療法があります。

症状がひどい場合には選択されるものですが、治療に取り入れるかは医師の裁量に任せられているのが現状のようです。

鼓膜は切開されても自然に戻りますし、鼓膜が切れているから耳が聞こえなくなるわけではありません。

チューブ吸引は勿論することによって鼓膜内にまで溜まってしまっている膿などを吸い出すことができますが、膿は完治するまでどうしても溜まってしまいます。

そういった有意性なども含めて積極的に利用する医師と消極的な医師とがあるようです。

ひどい場合にはどうしても使うことはあるようなので、治療の一環として鼓膜切開を勧められた場合には医師とよく相談することが必要です。

納得のいく説明でなかったら鼓膜切開は拒否をしたり、違う医師に見てもらい判断してもらうセカンドオピニオンを使っても良いでしょう。


今回のまとめ

急な耳の痛みと熱は中耳炎を併発?
中耳炎とは
中耳炎の治療と対策
真珠腫性中耳炎の概要と鼓膜切開による治療について

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存