子供が返事をしない声が大きい!中耳炎が原因の難聴かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

突然耳が痛いと泣き出す 子供

真っ先に考えられる耳の病気は 中耳炎 です。

でも中耳炎は、耳に痛みを感じるものばかりではありません。

痛みのあまりない中耳炎もあって、その場合、耳が聞こえづらくなることがあります。

いわゆる 難聴 です。

聞こえづらいことが続くと発育や学習面でも悪影響が出ることもあり、気がかりです。


子供が返事をしない声が大きい!中耳炎が原因の難聴かも

中耳炎の原因と仕組み

中耳炎というと、プールやお風呂で耳に水が入ったことが原因でおきるものと思われがちですが、実はそうではありません。

耳は大きく分けて外耳、中耳、内耳の3つの部分で成り立っています。

中耳とは鼓膜の奥の部分で、そこで炎症がおきたり、滲出液(体からしみ出た体液)がたまるなどで痛みや聞こえづらさ、耳だれがおきる病気が中耳炎です。

炎症による膿や、体からしみ出た滲出液が鼓膜の奥の空間、中耳腔にたまることで、周囲を圧迫して痛んだり、音の伝わり方が悪くなるのです。


中耳炎の種類と原因、症状

中耳炎と一言で言っても、さまざまですが、代表的な中耳炎は急性中耳炎と滲出性中耳炎です。

急性中耳炎

風邪をひくなどして鼻の奥で増殖した細菌やウイルスが、鼻から中耳につながる耳菅という管を通って侵入し、中耳腔で炎症をおこすことで発症します。

痛みや聞こえづらさを伴います。

普段、閉じている耳菅は、つばを飲み込んだり口をあけたりした時には開き、鼻から耳に空気が入っていきます。

その際に増殖した菌やウイルスが耳に侵入し、鼓膜の奥の空間、中耳腔で炎症をおこします。

子供は耳菅の発達が未熟で、短く太いだけでなく、角度も大人に比べ水平に近く、細菌やウイルスが侵入しやすいと言えます。

炎症がひどくなると中耳腔に膿がたまり、中耳腔が膿でいっぱいになると鼓膜に穴があいて、膿があふれ出します。

耳だれ、耳漏(じろう)です。鼓膜の穴は炎症がおさまると自然とふさがります。

滲出性中耳炎

体からしみ出た体液が排出されずに中耳腔にたまることでおきます。

風邪、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など、他の病気や体質、生活習慣などが影響していることが多いようです。

急性中耳炎が治りきらないうちに治療をやめてしまって、滲出性中耳炎になることもあります。

鼻すすりを頻繁にしてしまって滲出性中耳炎になる子供もいます。

痛みは特にありませんが、聞こえづらく難聴が見られます。

投薬治療などで良くならない場合は、鼓膜を切開したり、鼓膜チューブを入れて滲出液を排出する治療法もあります。


難聴に気づきにくい滲出性中耳炎

急性中耳炎に比べて滲出性中耳炎は痛みがほとんどありません。

そのため、滲出性中耳炎は気付かれにくいという点があります。

小さいお子さんですと、聞こえづらい、難聴気味であることを自ら表現することがないため、なかなか滲出性中耳炎に気づかないということもありますので、周りの大人が注意する必要があります。

いつもに比べるとテレビに近づいて見ている、声が大きくなった、呼んでも返事をしない事があるなど、気になることがある時は難聴気味かもしれません。

いつもならよく友達と遊ぶのに、最近遊ばなくなったという時も、聞こえづらいことが原因かもしれません。

おや?と思うことがある時は滲出性中耳炎の可能性もあると認識しておきましょう。

滲出性中耳炎は両方の耳に起こることが多く、言葉を覚える時期、知識を吸収する時期が難聴では、発育面、学習面でも良くありません。

痛がらないからといって放っておかず、きちんと治してあげましょう。


中耳炎は自然に治るもの?

耳鼻科の通院は長くかかるというイメージをもってはいませんか? 

中耳炎は自然に治るものなのだし、病院に行けば長く通院しなければならないから病院はちょっと…と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに軽い中耳炎は自然に治ることもあります。

しかし、急性中耳炎も場合によってはなかなか膿が出し切らず、滲出性の中耳炎や慢性化することもありますし、滲出性中耳炎に至っては言葉の発育、学習面にも悪影響が出ることもあります。

難聴のために授業中落ち着かなかったり、注意を聞かずに先生に怒られてしまうかもしれません。

子供の将来のためにも、医師がしっかり完治を宣言するまでは通院を続けるようにし、しっかり治すようにしてほしいと思います。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存