中耳炎の症状と応急処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tyuujienn-syoujyou

中耳炎とは、鼓膜のさらに奥にある、中耳という空間が炎症を起こしている状態のことを言います。

中耳炎になると、耳の中が痛くなったり、メスで鼓膜を切開する必要がある場合も。そんな中耳炎には、実は三種類もの種類がります。

中耳炎の代表的な症状と、種類ごとの特徴的な症状をご紹介します。


中耳炎の症状は?

中耳炎の症状は、急に現れます。さっきまではただの風邪症状だったのに、急に腫れてくる場合が殆どです。

中耳炎の炎症のピークは一週間ほどで、痛みや熱も伴います。中耳炎による痛みや熱は、通常二日から三日で治まります。


中耳炎とは?

中耳炎とは、耳の中にある『中耳』が炎症を起こす事。その原因は、鼻から入ってくる菌にあります。

『中耳炎になるから耳に水を入れてはいけない。』という人がいますが、健康な状態の耳に外から水が入ったからといって、中耳炎になる心配はありません。

中耳炎の原因菌は、風邪などの菌で、年齢が小さいうちは、風邪をひくたびに中耳炎になる子もいます。鼻水が出る風邪の場合は、特に注意が必要です。

小さい子供は中耳炎になりやすい

子供は大人と違い、耳管が太く短いという特徴があります。また、傾き方も水平に近くなっているので、小さい子供ほど中耳炎になりやすいと言えます。

一歳までには、親が気づかなかった場合も含めれば、一度は中耳炎になっていると言っていいでしょう。

小さいうちはしょっちゅう中耳炎になりますが、10歳を過ぎれば耳の内部の構造が大人に近くなる為、耳に菌が入りにくくなり、中耳炎になる事も減ってくるでしょう。


中耳炎の種類と症状

中耳炎には、大きく分けて以下の三種類があります。

急性中耳炎

耳の痛み、耳だれ、発熱、聞こえにくさ、めまいが主な症状です。突然耳が痛くなることで気づきます。

乳児や痛みを訴えることのできない幼児の場合には、中耳の炎症が進んで耳だれが出てきてから保護者が気づくことも。

耳だれは、炎症によって鼓膜が破れてしまい、溜まっていた膿が流れ出て起こります。

急性中耳炎にかかると、乳児は耳を触るようなしぐさをする事があります。

膿が溜まったり鼓膜が破れると、難聴の危険性が出てきます。

早期に適切な治療を受けることで、炎症が軽く済む場合もあります。破れてしまった鼓膜も自然に塞がるので、治療を受ければ過度に心配する必要はありません。

反復性中耳炎

二~三歳の子供に多い中耳炎で、急性中耳炎を何度も繰り返し起こします。

急性中耳炎を起こしやすいのは三~四歳の子供が多いのですが、反復性中耳炎になりやすい年齢がこれよりも低いのは、初めて中耳炎にかかった年齢が低ければ低いほど、繰り返し発症する反復性中耳炎になりやすいと言われているからでしょう。

滲出性中耳炎

中耳に浸出液が溜まってしまうことを、滲出性中耳炎と言います。

大人の場合は自分で浸出液が溜まっている事を自覚でき、滲出性中耳炎に気付く事が可能です。

子供の場合は自分では症状に気づけない事が多いので、『テレビの音量を大きくする』『会話中何度も聞き返す』など、聞こえが悪いような行動を取っている場合には、一度病院を受診させると良いでしょう。

急性中耳炎により、中耳に溜まった浸出液が中耳の中に溜まったままになった場合には、急性中耳炎から滲出性中耳炎へ移行したと考えられます。

いずれの場合も、症状を悪化させない為に、中耳炎かなと思ったら早期に適切な治療を受け、完治させることが重要です。


中耳炎の適切な治療方法とは?

中耳炎の治療には、薬を飲んで治療する場合と、耳管に空気を送り込み、通りを良くする『耳管通気』、『鼓膜切開』や『鼓膜チューブ留置術』などの外科的手法で、中耳内の膿を取り除く治療があります。

症状に応じて担当医と相談し、適切に治療しましょう。


今回のまとめ

中耳炎の症状と応急処置
中耳炎の症状は?
中耳炎とは?
中耳炎の種類と症状
中耳炎の適切な治療方法とは?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存