突き指をしたときの処置は指を引っ張るって正しいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

突き指をしたときの処置は、指を引っ張るって、正しいの?

playful-828594_640

スポーツ中に突き指 をしてしまったり転んで手をついたり日常生活の中で指を痛めてしまうことは子供でも大人でも良くあることです。

突き指をしたら痛めた 指を引っ張る とよいという処置方法を耳にしたことはありませんか?

 その処置方法、本当に正しい方法なのでしょうか。


突き指とはどんな症状のこと?

突き指とは、バレーボールやバスケットボールなどの球技でボールを受けそこなった時や、転んだ時に指を強く突くなど、指先に強い外力がかかったことで起きる指の関節周辺の怪我の総称です。

靭帯の損傷、指関節のねんざや脱臼、腱の断裂や打撲、骨折なども含まれます。

我慢していれば痛みがなくなってしまうものから、放っておくと指が変形したり曲がりづらくなってしまうものもあり、病院の受診が必要な場合もありますので突き指くらいと侮っては危険です。

突き指をすると、痛みだけではなく腫れたり内出血をおこしたりします。

痛み自体は、最初はずきずきと痛みますが、1週間前後で内出血と痛みはおさまってきます。

しかし、靭帯が傷ついているような場合、指が伸ばせないからといって無理やり伸ばしたり、引っ張ったりするとますます靭帯が傷ついてしまいますので、指を固定し動かさないようにすることが必要です。

1週間ほどたっても良くならないような時、腫れがひどいなどの時は、骨折など重傷の可能性もあります。

医療機関を受診し、診察してもらうべきです。


突き指をしたときの処置は

ボールを受けそこなったり、転んで手を突くなどして指を強く突いてしまった時には、ついつい、ぶらぶらと振り回して痛みを飛ばそうとしてしまいますが、それはしてはいけない処置です。

同様に、突き指をした指を強く引っ張ることもしてはいけません。手をぶらぶらと振り回したり引っ張ったりすると、傷ついた靭帯や腱をさらに傷つけてしまう恐れがあるからです。

突き指をしたときの応急処置は、傷ついた指を固定すること、可能なら氷や保冷剤で冷やすことです。

固定の方法は、痛めた指に添え木をしてテープや包帯を巻いて固定するとよいですが、添え木やそれに代わるものがない場合は、痛めた指と隣の指を2本一緒にテーピングするなどでも有効です。

こちらの記事も参考にしてくださいね

突き指の腫れに!RICE処置の仕方

その状態で、患部を冷やしながら、できるだけ早く整形外科を受診するようにして下さい。


こんな時は必ず専門医に!

一言に突き指といってもいろいろな症状があります。冷やしただけで痛みも腫れもひくような軽いものもありますが、重症の時もあり、そのような時には必ず専門医を受診するべきです。

重症と考えられ、専門医を受診する必要がある症状は

1.指が明らかに変形している

2.関節のはれや皮下出血がひどい

3.第1関節が曲がって自力では伸ばせない

4.親指の付け根を脱臼した場合

などです。正しい応急処置をしたうえで、なるべく早く専門医に診てもらいましょう。その他、1週間たっても、腫れや痛みが改善しない時も専門医に診てもらうようにして下さい。


運動で頑張っている子供たちが突き指をしたとき

スポーツ少年団や部活動で頑張っている子供たちは大勢います。

応援している親や、指導者の方は、子供たちに活躍してもらおうと一生懸命です。

練習中や試合中に突き指をしても、痛いのを我慢し、突き指を隠しながら頑張ろうとしている子供がいたら、きちんと正しい処置をすること、痛みがある時は整形外科を受診して痛みの原因を調べるように伝えてあげてほしいと思います。

また、指導者や保護者の方は、突き指ぐらいと侮らず、正しい応急処置を施したうえで、根性論で頑張らせるようなことはしないようにしてほしいと思います。

現在の活躍のために我慢することで、将来、指の変形や曲がらないなどの異常が残ってしまうことの方が大変です。

場合によっては手術しなければならない症状などもあるのですから、たかが突き指と侮らず、しっかりと対応していくようにしてほしいと思います。


まとめ

突き指をしたときの処置は、指を引っ張るって、正しいの?
突き指とはどんな症状のこと?
突き指をしたときの処置は
こんな時は必ず専門医に!
運動で頑張っている子供たちが突き指をしたとき

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存