突き指になってしまった時の処置の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tukiyubi-syoti

体育の授業中など、スポーツをしている最中になりやすい 突き指。突き指とは実際にどのような症状のことなのか、知っていますか?突き指の症状と、なってしまった時すぐにできる応急 処置 について見ていきましょう。


突き指の症状とは

突き指は、指先にボールが当たった場合や、指先で物を突く動きをした際になる外傷の総称です。主な症状として、『指の関節が腫れる』状態を言います。特にスポーツをしている時に、頻繁に起こります。

軽症の突き指は、指が軽く打撲した状態、または捻挫した状態ですが、『脱臼と伴う突き指』や、『腱の断裂を伴う突き指』、『骨折を伴う突き指』の場合には、それぞれ突き指以外の治療も必要となってきます。

重症の突き指では、適切な治療を施さなかった場合、指の変形や、動きの制限など、指の機能に影響する場合がありますので、自己判断で放置しないよう注意しましょう。

突き指の症状は?

患部に靭帯の損傷による痛み、腫れ、皮下出血などが生じます。関節の変形、伸縮の不自由などが起こる場合もあります。

痛み方は、最初はズキズキとした痛みから始まり、一週間程でだんだんと治まります。

内出血や痛みは一週間程で治まっても、靭帯が損傷している事もあり、指先がなかなか思うように動かせない場合があります。

そんな時、無理やり伸ばそうと引っ張るのはやめましょう。突き指は、指を固定し、完治するまで動かさないようにするのが正解です。

突き指になってから一週間経過しても症状が回復に向かわない、または腫れが酷くなっているようであれば、骨折している可能性があるので、再度病院で診察を受けましょう。


突き指の応急処置方法

突き指の応急処置は、発症直後から迅速に行うことが大切です。

応急処置をするのとしないのとでは、治療の際に大きな違いが生まれますので、突き指になったら是非この応急処置を適切に行ってくださいね。1分以内に始めることができればベストです。

RICE処置

スポーツ活動における外傷全般に使える応急処置方法を英語で表した時の頭文字を取って、『RICE処置』と呼びます。RICEの意味は、以下の通りです。

R(Rest)=安静

I(Ice)=冷やす

C(Compression)=圧迫する・固定する

E(Elevation)=拳上

突き指の応急処置としてRICE処置を行う場合に、一番優先的にして欲しいのはI、つまり冷やす事です。

冷やす事さえ1分以内に始めれば、突き指の応急処置の場合は事足りる場合がほとんどです。

特に注意したいのは、Cの固定・圧迫を添え木などを使用して、早い段階できちんとやってしまうと、患部を冷やす処置が行い辛くなってしまう事です。

先ほども書いた通り、突き指の応急処置で一番重要なのは、『冷やす処置を早急に始める』ということです。安静にし、よく冷やす事が、早期回復への一歩だと言えるでしょう。

患部を冷やす時のポイント

突き指になった患部は、組織の断裂が起き、内出血を起こしている場合が多く認められます。

関節がパンパンに腫れあがるのも、この『内出血』の仕業です。その為、内出血をいかに早く抑えるかが、応急処置のポイントになってきます。

行っていたスポーツ活動は直ちに参加を中止し、安静な状態で患部を冷やす事こそが、最重要。この処置をしなかった場合、最悪治療期間が倍以上に伸びてしまう事もありますから、要注意です。

氷嚢が便利!

患部を冷やす際に使用するのは、小型の氷嚢を使うのが便利です。


中に細かな氷と少しの水を入れるだけで使用できますし、自分で簡単に作ることも可能です。

頻繁にスポーツをする機会があるのなら、作っておいてもいいかも知れませんね。

氷嚢が無ければ、水道の流水や保冷材など、臨機応変に対応してください。何度も言いますが、重要なのは『患部を冷やす事』です。

スポーツする機会の多い子供たち。元気に運動するには、いざという時の応急処置方法を知っておく事も必要です。

たかが突き指と甘く考えずに、重篤な症状を予防しましょう。

突き指の応急処置方法をお届けしました。


今回のまとめ

突き指になってしまった時の処置の方法
突き指の症状とは
突き指の応急処置方法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存