子どもが突指?治らないその原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

スポーツ少年団やクラブ活動で、球技に励む子供たちだけが 突指 になるわけではありません。日常生活の中のあちこちで突指になる危険はいっぱい。

でも突指なんて、市販の湿布薬でも張っておけば自然と治るんじゃないの?と思ってはいませんか?突指がいつまでたっても良くならない場合、放っておくと指が変形したり、曲がらなくなってしまうこともあります。

それは本当に突指? ひょっとしてもっと深刻な状態なのかもしれません。


子どもが突指?治らないその原因は?

突指の状況と症状

突指というと、球技をしている時にボールを受けそこなって指を痛める状況が、まずは思い浮かびます。

しかし、突指はスポーツ中にだけ起こるわけではありません。

転んで手をついたり、壁などにぶつけたりするなど、日常生活の中でも発症します。

足の指におきることもあります。突指というのは、一般に指先から縦方向に強い力が加わっておこる怪我の総称で、指の関節や靭帯、骨、腱に損傷を受けた状態のことです。

指の関節の捻挫、脱臼、打撲、骨折、靭帯や腱の断裂も突指に含まれます。

突指をすると痛み、腫れ、内出血などをおこします。関節が変な方向に曲がったり、逆に伸ばせなくなってしまったりなどの症状をおこすこともあります。

指が短く見えることもあります。軽いものですと、1週間前後で腫れや痛みはおさまってきますが、1週間たっても腫れや痛みが引かない時は、靭帯や腱、骨に損傷があるかもしれないので、医療機関を受診するようにしましょう。


治らない突指、なぜ?

スポーツ中や転んだりぶつけたりすることで、指に痛みや腫れ、内出血がみられると、突指が疑われます。

応急処置として、安静にして患部を冷やし、可能であれば固定するようにします。

痛みや炎症を抑える効果があるので、患部を心臓より上にあげて指先に血液が集まらないようにするとよいのですが、それで痛みが出る時は、無理に上にあげるのは控えます。決して引っ張ったりしないようにして下さい。

軽い突指ですと、1週間前後で腫れや痛みは治まってきますが、なかなか良くならない時は、靭帯や腱、骨に原因があるのかもしれません。

靭帯や腱に原因がある場合

靭帯が損傷したり、腱が損傷・断裂すると痛みや腫れが続きます。

指が曲がったままになったり、逆に曲げられないこともあります。

骨に原因がある場合

骨折の可能性もあります。骨にひびが入っていたり、折れている場合もあります。

脱臼の可能性もあり、腫れや痛みが続いたり、内出血の症状が続くことも。

いずれの原因それぞれの場合もあれば、双方の場合もあり、突指の症状がいつまでも治らない時は、一度医療機関を受診することをお勧めします。


子供の治らない突指、骨端線損傷の可能性

子供の場合、単なる突指かと思いきや、骨端線損傷の場合があります。

骨端線というのは、子供に見られる成長軟骨のこと。

子供の体が成長するということは、骨が骨の真ん中あたりから伸びていると思われがちですが、実際には骨と骨のつなぎ目の隙間が伸びることで、骨端線はその骨と骨のつなぎ目の隙間のことなのです。

この隙間は軟骨組織で、他の骨組織に比べると強度がなく、外からの力には弱い部分です。

そのため、転んで手をついた時にひねったり、ボールが指にあたったりしたときには、突指の形で骨端線損傷になってしまうことがあります。

症状は骨折をした時と同じような症状が出ます。

腫れたり皮下出血をする、強い痛みがあるなどの症状がみられます。

通常の骨折か骨端線損傷かはレントゲンを撮らなければわからないので、医療機関を受診して下さい。

骨端線損傷をそのままにしたり、適切な治療をしないと、成長軟骨の損傷の為、その後の成長に影響を及ぼすこともあります。

正しい診断、治療を受けるようにしましょう。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存