突き指の腫れに!RICE処置の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tukiyubi-hare

ボール遊びなどで小さな子供でもなる恐れのある 突き指。ちいさな指が 腫れ てしまうととても可哀想です。

しかし無理に引っ張ったり動かしたりすると、症状を悪化させることがあるので、適切な処置の仕方を知って早く腫れを沈めてあげましょう。


突き指って一体なに?

突き指とは、指の関節に大きな外力が加わることで、靭帯を傷付ける外傷の事を指して言います。球技に多い怪我のイメージですが、子供でもボール遊びや机などに脚の指をぶつけたりと日常生活の中でも比較的よくある怪我の一つです。


突き指の腫れ

突き指した指は最初に痛みを感じ、数分後に幹部が腫れてきます。
この腫れは指に外力が加わったことによる内出血を起こした血液や、炎症による細胞の膨張によって起こるものです。


突き指の応急処置

RICE処置

スポーツの世界では有名な応急処置の方法です。この処置の仕方を知っていれば治癒を早めることができます。
Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

  • Rest(安静)
    怪我をした直後から体内では幹部の修復作業が始まります。患部は無理に動かさないよう安静にする必要があります。
  • Ice(アイス)
    幹部を冷やします。冷やすことで痛みを減少させ、血管が収縮されることで腫れや内出血をコントロールできます。
  • Compression(圧迫)
    患部に適度な圧迫を与え腫れや炎症をコントロールできます。
  • Elevation(挙上)
    心臓より高い位置に幹部を置くことで、腫れや内出血をコントロールできます。
子供の突き指にRICE処置
  • すぐに固定しましょう。(安静)
    外出先では割りばし、ペン、枝など周りにある固く細長い物を使い添え木にします。家庭では下の画像の固定できるものを購入しておくといざと言う時にあわてずに対応できます。包帯、テーピング、布、ハンカチなどで指を動かせない程度に固定します。(圧迫)突き指には少し大きいかもしれません。氷嚢を固定しておくバンドです。

    中にアルミが入っていて固定できます患部の大きさに切って使用します。

  • 突き指した指を冷やします。(アイス)
    氷や保冷材があればベストですが、ないときはタオルを水で絞って冷やします。
  • 心臓より高い位置に手がくるよう、手を置く場所を決めてあげましょう。(挙上)
    小さな子は抱っこをしてあげると手が自然と高い位置になります。

この処置を15分~20分間行います。そして40分~60分後再びRICE処置を行います。
症状によりますが、スポーツ界では24~72時間はこのサイクルを繰り返します。

子供の場合はその日寝るまでするだけでも回復が早まるでしょう。


応急処置後

幹部の腫れが引くまで固定し動かさないようにしましょう。



まれに腫れないこともありますが、軽症だとは限りません。痛みが引かないようであれば医療機関を受診しましょう。


今回のまとめ

突き指の腫れに!RICE処置の仕方
突き指って一体なに?
突き指の腫れ
突き指の応急処置
応急処置後

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存