糖尿病の症状と治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tounyoubyou-syoujyou

皆さんは、小児 糖尿病 の 症状 をご存じでしょうか?小児糖尿病は、乳幼児期に既になっている事もある病気です。症状を知っている事で、早期発見が可能になります。

小児糖尿病の症状と、治療に活かせる情報をお届けします。


小児糖尿病とは

小児期に糖尿病にかかった時、その病名を『小児糖尿病』と言います。

昔は小児糖尿病は遺伝性の病気だと考えられていましたが、現在では、生活習慣も発症に大きく影響すると考えられています。

また、『1型糖尿病』は大人よりも子供に発症する事が多く、体内でインスリンを作り出す事が全くできなくなってしまう事から、大人に多く発症する『2型糖尿病』よりもより深刻な症状になりやすいのが特徴です。

<1型糖尿病>

今だにはっきりとした原因は解明されていませんが、自己免疫が誤作動を起こす事で、自身の免疫細胞が膵臓のインスリン産生細胞を破壊し、ある時からインスリンの産生ができなくなってしまう病気です。

体内で全くインスリンの生産ができなくなってしまうので、治療には主にインスリン療法を用います。サポート的に食事療法や運動療法も合わせて行います。

<2型糖尿病>

2型糖尿病は、血糖値が高血糖になり、糖尿病の症状か合併症の症状が出て病院を訪れる事で発見される事が多い糖尿病です。

いわゆる糖尿病と言うと、こちらの2型糖尿病を指します。原因は主に生活習慣である事から、生活習慣病の1つでもあります。

治療は食事療法や運動療法を基盤として、インスリン療法も合わせて行います。

<1型糖尿病=小児糖尿病ではない>

1型糖尿病が子供に発症しやすいのは事実ですが、乱れた生活習慣や暴飲暴食から、子供が2型糖尿病になってしまう可能性もあります。

むしろ近年増加傾向にある小児糖尿病は、生活習慣病の2型糖尿病なのです。

特に日本の小児糖尿病の割合では、2型糖尿病の方が1型糖尿病を上回っていますので、どちらの型の糖尿病にも注意を払う必要があります。


小児糖尿病の症状とは

<1型糖尿病の場合>

1型糖尿病の症状は急激に現れます。現れる症状は、主に以下のような症状です。

・太っていた訳ではないのに、急激に痩せる。

・たくさん(頻回)水を飲みたがる。

・トイレが近い。

・おもらしをする。

<2型糖尿病の場合>

2型糖尿病の場合、初期は無症状である為、学校などで行われる尿検査で発見される事が多いようです。太っていたのに急に痩せてきた場合には、2型糖尿病を発症している可能性がありますので要注意です。


小児糖尿病の治療

<インスリン療法>

インスリンには種類があり、多数のインシュリンの中から特性を組み合わせて治療に活用します。1日に4~5回インシュリン注射が必要な場合もあります。自分で注射を打てない子供の場合には、昼間注射をしなくて良いような組み合わせを選択できる場合もあります。

<食事療法>

1型糖尿病の場合には、生活習慣が原因ではないので、食事療法は必要ないでしょう。健康的な食事を摂っていれば問題ありません。

2型糖尿病の食事療法は、急激に血糖値を上げる食べ物や飲み物を控える必要があるので、砂糖を使用した食べ物や清涼飲料水は厳禁です。インスリンの量を食事の内容で変えている場合には、食事と血糖の上昇具合に気を配る必要も出てきます。

<運動療法>

適度な運動で、1日の総エネルギー量を標準的な量に抑えます。摂りすぎたエネルギーを、消費するのが目的です。1型糖尿病の場合にはあまり必要ありません。

<薬物療法>

以上の3つの治療法で効果が見られなかった場合に、薬物療法が使われます。血糖値を下げる薬を経口摂取します。その他の薬が使用される場合もあります。

糖尿病の症状は人それぞれ違うので、一人一人に合わせた方法で治療が進められていきます。子供が小さい場合には、親子共々不安が多いでしょうから、信頼できる医師に治療を託したいですね。


まとめ

糖尿病の症状と治療方法
小児糖尿病とは
小児糖尿病の症状とは
小児糖尿病の治療

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存