子供がかかる糖尿病!その原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tounyoubyou-genninn

糖尿病 というと、生活習慣が 原因 で大人がかかる病気というイメージですが、子どもでも糖尿病を発症し、最近はその数が増えていると言います。

今回は、子どもがかかる糖尿病の原因について書いていきたいと思います。


糖尿病とは。子どもがかかる糖尿病の種類について

糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、何らかの原因で正常に作用せず、血液中に糖が増える病気です。

「暴飲暴食を繰り返す大人がなる病気」もしくは「贅沢病」のようなイメージがありますが、子どもでも糖尿病になる場合があります。

糖尿病はいくつかの種類に分けられますが、子どもがなりやすい糖尿病ということで、大きく2つに分けて説明します。


1型糖尿病の症状と原因について

子どもの糖尿病というと、こちらがまず疑われ、10代未満では1型糖尿病の方が多く、10代になってくると2型糖尿病が増えてくると言われています。

1型糖尿病の症状としては

・のどが渇きやすい。

・トイレが近い。こどもの場合はおねしょが増えたりもします。

・疲れやすい。だるい。

・元々太っていないが、突然痩せてきた。

このような症状が見られる場合はすぐに病院を受診しましょう。

1型糖尿病の原因は、自己免疫機能の異常とされています。

1.先天的に膵臓に異常がある場合。

2.ウィルス感染により自らの免疫機能が、インスリンを生成する膵臓のβ細胞を破壊してしまう。

3.突発性の機能異常。

治療としては、インスリンを自分で注射する必要がありますが、子どもということもあり、食事や運動量にムラがありインスリンが過剰になってしまうと、低血糖を起こして倒れてしまうこともありますので、学校関係者など周りの人には周知しておきましょう。

また1型糖尿病でインスリンを注射していても、食事などを見直していくことで合併症になりにくいと思われますので、注射だけに頼らず生活習慣も見直しましょう。

1型糖尿病の場合は、放っておくと急激な血糖値の上昇や、意識障害を起こす場合があり、インスリン注射などによる適切な治療が必須と言えます。


2型糖尿病の症状について

2型糖尿病は一般的に大人がかかる糖尿病で、最近は生活習慣の変化から、子どもにも増えてきていると言われています。また2型糖尿病は大人と同じく太っている人に多く、また無症状の場合が多いとされています。

2型糖尿病の原因としては、遺伝的なものと、生活習慣によるものがあると言われています。

遺伝的なものは、先天的にインスリンの量が少なく、もともとインスリンの量が少ない人が、糖尿病になりやすい生活習慣を繰り返すことやストレスを受けることで発症すると言われています。

生活習慣によるものは、血糖値を上昇させる食べ物や飲み物の過剰摂取が原因とされています。

2型糖尿病になった場合も、予防の場合も、規則正しい生活習慣と、運動、適切なエネルギー量を意識した食生活が大切と思われます。

昔に比べて、共働きの世帯の増加や、コンビニエンスストアの増加などにより、ファストフードやジャンクフードがとても身近な存在になりました。

それらを全く摂らないことは不可能だと思いますが、糖尿病と診断された場合や、予防のためには、子供の頃からなるべく正しい生活習慣に家族が導いてあげることが大切だと思います。

また糖尿病で一番怖いのは合併症と言われています。

無症状だと治療に積極的になれない場合もあると思いますが、合併症にならないように、適切な治療を受けましょう。


終わりに

糖尿病は糖が尿に出てしまうことが悪いというよりも、それによって起こる低血糖や合併症などが心配ですね。親と言っても四六時中そばにいられる訳ではないので、普段から糖尿病について子供に理解を促すことも大切だと思います。


まとめ

子供がかかる糖尿病!その原因は?
糖尿病とは。子どもがかかる糖尿病の種類について
2型糖尿病の症状について
終わりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存