頭皮にできる湿疹とは?フケ?かさぶた?頭がかゆい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

touhi-sissinn

頭をかゆがる子供。肩にはフケが…。

最近、頭を洗っていないのかしら? 

シャンプーが合わない? 

それとも、洗い残しがあるのでは?

 頭にかゆみがあったりフケが出ていたりすると、不潔にしているからではないかと思いがちですが、そればかりが原因とは限りません。

そのかゆみ、頭皮 湿疹 かもしれません。


子供の頭皮湿疹とは

頭皮湿疹とは頭皮にできる赤みを帯びた湿疹のことで、かゆみを伴うことも。

カサカサした黄色いかさぶたができたり、赤いブツブツができる場合もあります。

加齢臭のようなにおいがしたり、フケが出ることもあります。かゆみがあると、ついついかきむしってしまいます。

子供の爪を切るなどして、かきむしらないように注意しましょう。


頭皮湿疹の原因

かゆみやフケを伴うため、頭皮湿疹の原因は不潔にしているからと思われがちですが、それだけではありません。

子供に頭皮湿疹が起こるのは、新陳代謝が活発で、皮脂の分泌が盛んであることと、毛穴に皮脂や汗による汚れがたまりやすく、炎症を起こしやすいことが大きな原因だと考えられています。

さらに赤ちゃんの場合は、皮膚のバリア機能が十分整っていない事も炎症を起こす原因です。

そのため、多くの赤ちゃんは、生後数か月でおでこやまゆ毛などに脂漏性湿疹を発症することがありますが、皮膚のバリア機能が整う1歳ころまでには治りますので、心配はいりません。

ですが、アトピー性皮膚炎との区別が付きにくいので、経過を見ながら、場合によっては皮膚科の受診も検討してみることが必要です。


頭皮湿疹、家庭でのケア

子供の頭皮湿疹の原因は、皮脂の分泌が盛んで、毛穴に汚れがたまりやすいことです。ですから、一番大切なのは清潔に保つこと。

あまりかゆがるような時は、一度皮膚科を受診して、お薬をいただくのもよいかと思います。

ステロイド系のお薬の場合が多いようですので、用法はしっかりと守るようにしましょう。

<シャンプー>

洗浄力の強いシャンプーでは皮脂を取りすぎてしまいます。

そうなるとバリア機能がさらに弱くなってしまいます。

まずははだにやさしい、低刺激性のシャンプーやせっけんを使い、爪を立てずにやさしく丁寧に、マッサージをするように洗いましょう。

シャンプーをいち度手に取り、泡立ててから使うようにするのも刺激を直接与えないよい方法です。

1人で洗えるような子供さんの場合は、爪を立てないように声をかけをしたり、たまには親御さんが洗ってあげるのもいいと思います。

そしてすすぎはしっかりと、シャンプーやせっけんカスが残らないように丁寧に洗い流しましょう。

<かさぶた>

頭皮についたかさぶたはむりにはがすと、かえって皮膚を傷つけ、さらに炎症を起こすことにもなりかねません。

爪などで無理やり取ろうとしないでください。

赤ちゃんの脂漏性湿疹の場合には、ベビーオイルやワセリンなどを塗ってしばらくおくと、ふやけて落ちやすくなります。

かさぶたはあくまでも無理にはがさず、シャンプー時に自然にはがれる程度にします。

<爪>

子供にかゆいものをかくなといっても、なかなか我慢できないものです。

また、寝ているときに無意識にかいてしまうかもしれません。爪は短く切っておくようにします。


頭皮湿疹の予防策

頭皮湿疹を予防するには、清潔が一番です。

肌に優しいシャンプーで優しく洗うことが大切です。

シャンプーをする時は指の腹を使い、頭皮に傷をつけないようにします。

髪をとかす時も頭皮に傷がつかないように優しく溶かすようにしましょう。

乾燥もよくありません。

お風呂やシャワーの温度が熱いと皮脂が落ち、頭皮も乾燥します。

適度な温度でお風呂やシャワーを使うようにします。

頭を洗った後にはよく乾かします。

自然乾燥だと雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮のトラブルを起こすことにもなりかねません。

ドライヤーでしっかり乾かすようにして、頭皮のトラブルを予防するようにして下さい。


まとめ

頭皮にできる湿疹とは?フケ?かさぶた?頭がかゆい!
子供の頭皮湿疹とは
頭皮湿疹の原因
頭皮湿疹、家庭でのケア
頭皮湿疹の予防策

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存