はじめての発熱、発疹、突発性発疹はうつる病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

toppatuseihossinn-uturu

初めて授かった赤ちゃん。急に発熱、熱が治まったと思ったら発疹があり 突発性発疹 と診断されたりと。突然のことで不慣れな新米ママ、パパにとっては心配なことですね。

病気がどこで うつる のか、お風呂に入れてもいいのか、保育園に預けることが出来るのか。気がかりなことがたくさんです。


突発性発疹、どんな病気?

多くの赤ちゃんが発症しますが、2歳未満に感染することがほとんどで、多くは生後6か月から1歳ぐらいまでに感染し、発症します。

生まれて初めての高熱、発疹という場合も多く、2歳までにかからなければ、その子は生涯突発性発疹にはかからないと考えてよいでしょう。

まず、突然39~40度ぐらいの熱が出ます。高熱は3~4日続き、熱が下がった後に全身に発疹が出てきます。発疹は2~4日で消え、あとは残りません。

発熱中、発疹が認められている間とも、比較的元気でいつもと変わらないように見えます。

症状は軽度で、あわてて病院に駆け込まなくても大丈夫。とはいえ、突発性発疹による熱か、他に重篤な病気が隠されている熱なのか、私たちには判断が付きにくいですから、熱が高い場合は医療機関を受診することをお勧めします。

さらに、ごくまれに合併症を引き起こすこともあります。

数値的には感染者の10%ほどが合併症として熱性けいれんや脳炎を伴うこともありますので、突発性発疹だからと安心せず、お子さんの様子を観察することが大切です。


どこからうつる? 突発性発疹の原因は

実は、突発性発疹はうつる病気です。その原因はヒトヘルペスウイルス6型、または7型と言われ、その抗体をもった大人(父親、母親)の唾液から感染すると考えられています。

子供から子供への感染は、保育園などで感染した乳幼児の唾液がついた手や指からうつると考えられますが、はしかや水疱瘡のように感染力は強くはありません。

また、季節的な流行というのもありません。

一度かかると免疫ができますので、2度とかかることはありませんが、ウイルスが6型と7型と2つあるため、2度かかる場合もあります。

また、突発性発疹を発症しないで2歳を迎える子も多くいます。かかっても症状が出ない場合もありますし、発症しなくても特に問題はありません。


突発性発疹にかかったら-生活上の注意点

39~40度の高熱が3~4日続きますが、熱以外の重い症状はなく、比較的元気なのが突発性発疹の特徴です。熱が下がった時に発疹があらわれ、あの高熱は突発性発疹の熱だったと分かります。

熱が出てもあまり不機嫌にならず、いつもと変わらないというお子さんも多いでしょう。

中にはぐずったり、食欲がなくなる場合もあるようですが、症状は軽度です。

しかし熱が高いと体力が消耗されますし、抵抗力も下がっていますので、熱があるうちは疲れるようなことはせず、無理をさせないようにします。

お風呂も熱が高い時は避け、下がってから入れるようにしたほうがよいでしょう。熱が高いうちは水分の補給を心がけます。

また、発熱中は、唾液などを通して他の子供にうつることもありますので、保育園を休ませたり、おもちゃの共有を避けるなど、注意します。

突発性発疹はうつる病気ですが、ワクチンはなく、予防接種もありません。一般的には軽度の病気です。過度に怖がらず、発症しても落ち着いて対処しましょう。


今回のまとめ

はじめての発熱、発疹、突発性発疹はうつる病気
突発性発疹、どんな病気?
どこからうつる? 突発性発疹の原因は
突発性発疹にかかったら-生活上の注意点

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存