突発性発疹の時にお風呂に入れていいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

toppatuseihossinn-ofuro

突発性発疹 は母親からの免疫力が落ちてくる生後6か月以降の乳幼児がかかる病気です。

突発性発疹にかかったとき お風呂 に入れていいのか、お風呂に入れる時の注意点などを見ていきたいと思います。


突発性発疹とは

突発性発疹は母親からの免疫が落ちてくる生後6か月以降の乳幼児がかかる病気です。ウィルスが引き起こす病気で2歳くらいまでの間に7割のお子さんがかかる病気です。かからない場合もあります。

症状は突然の発熱ではじまり、この発熱が初めての高熱となる場合が多いので少々焦ってしまうかもしれませんが熱は高くても元気な場合が多いです。

たいてい3日ほどで熱が下がりその後全身に発疹が出ます。発疹は2、3日で治まります。かゆみもなく跡も残らない発疹です。

感染力は低いですがウィルスが2種類あるので2回かかるお子さんもまれにいます。


突発性発疹にかかったら

小さい子どもがたいていかかる病気なのでまずは落ち着きましょう。

熱が高いうちは水分補給に気をつけ安静にさせましょう。熱が高くても元気な場合が多いので普段通りの生活で大丈夫でしょう。

病院での治療は特にありませんが高熱で体力の消耗が激しい場合には解熱剤が処方される場合もあります。

高熱以外に咳、鼻水、下痢などの症状が見られた場合や、4日以上高熱が続いた場合はほかの病気が潜んでいるかもしれませんので改めて受診が必要です。


突発性発疹時の入浴

〔高熱がある時〕

どんな病気の場合もそうですがまだ小さいお子さんの場合の入浴は案外体力を消耗するものです。熱が高いうちは入浴を控えた方が良いでしょう。

それでも熱があると汗もかきますのでこまめに着替えをさせたり、また着替えの際に温かいタオルでからだを拭いてあげるなどの工夫をしてください。

おむつかぶれがあるような場合はおしりだけシャワーで流してあげるなどすると良いでしょう。

〔熱が下がって発疹が出ている時〕

突発性発疹は熱が下がると全身に発疹がでます。発疹が出ているのにお風呂に入れるのは抵抗があるかもしれませんが熱が下がり元気があるようなら入浴させて大丈夫です。

汗もかいて気持ち悪いでしょうからぜひすっきりさせてあげてください。

突発性発疹の発疹は入浴によって多少赤みは増すかもしれませんがかゆみが出たりするものではないので安心してください。入浴後の水分補給はしっかりさせてください。


まとめ

初めての高熱に狼狽えてしまうかもしれませんが多くのお子さんがかかる病気です。まずは落ち着いてお子さんをよく観察しましょう。

どんな病気の時も同じですが、発熱する。という事はからだの中で病原と戦っているしるしなのです。

熱があっても元気な様子、ぐったりしていないようなら慌てて解熱剤を使う必要はありません。むしろ使わない方が良いのです。

もちろんぐったりして元気がない、機嫌がずっと悪い、むずかるような時は熱を下げてからだへの負担を軽くしてあげる方が良いでしょう。

そこを見極められるようにお子さんが病気になったときは小さな変化を見逃さないようにしましょう。

今後お母さんの気付きがお子さんを救うことが多々あるのです。

衛生仮説という言葉があります。

難しい言葉ですが簡単に説明するとこうです。

お子さんは今後いろいろな病気にかかるでしょう。ですが病気にかかることによってからだの中に抗体ができ小さな病気やばい菌に負けず自分で戦って治す力を身につけていくのです。

病気を遠ざけてばかりいると抗体も作られずいざ病気になったときに大変な思いをする事になるかもしれません。

すすんで病気になれと言う訳ではありませんが病気も子どもにとって必要なものなんだな。と思えばお子さんが病気の時も気持ちが少しは楽になるのではないでしょうか。

おかあさん頑張って!


今回のまとめ

突発性発疹の時にお風呂に入れていいの?
突発性発疹とは
突発性発疹にかかったら
突発性発疹時の入浴
まとめ

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存