突然の発熱!突発性発疹?保育園はいつから行ける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

toppatuseihoassinn-hoikuenn

小さいお子さんの突然の発熱、心配ですね。

子供の感染症の一つ、突発性発疹 の場合は、いつ頃から 保育園 に預けても大丈夫なのでしょうか。

お子さんを預けてお仕事をされているご家庭では、お子さんを預けることができず、仕事を休まなければならないことも。

仕事をそうそう長く休む事も出来ないし、熱が長引いたらどうしよう、いつから預けることが出来るのか、気になるところです。

ましてや、うつる病気だったら…。他のお子さんにうつすわけにもいきません。


突発性発疹の症状は?

突然39~40度の高熱が出て、3~4日続きます。その後、熱は下がりますが、下がったかと思ったら、全身に発疹が出てきます。発疹は2日から4日ほどで消え、跡が残ることもほとんどありません。

ぐずったり食欲がなくなることもあるようですが、高い熱の割には比較的元気なのが突発性発疹の特徴です。

多くは生後6か月から1歳ごろまでに発症しますので、生まれて初めての発熱が突発性発疹だったという場合も多いようです。

まれに合併症を引き起こすこともありますが、一般的には軽症の病気です。


感染症としての突発性発疹

突発性発疹はうつる病気です。

その感染経路は、ヒトヘルペスウィルス6型、または7型の抗体をもった大人(主に父親、母親)の唾液からうつると考えられています。

子供から子供へうつることはそうそうありませんが、唾液のついたおもちゃの共有などからうつることもあり、兄弟間で感染することもあるようです。

しかし、突発性発疹は、水ぼうそうやインフルエンザのように感染力はさほど強くはなく、大流行することや季節的な流行ということもありません。

また、突発性発疹に対するワクチンはなく、予防注射もありません。


保育園、いつ頃から預けられるのか?

普段、お子さんを保育園などに預けてお仕事をされている親御さんにとっては、子供が病気だからと言って、長いこと仕事を休むわけにはいかないことと思います。

病気を発症してからどれくらい仕事を休むようになってしまうのか、どんな状態になったら保育園に登園させることが出来るのか、気になるところでしょう。

突発性発疹の感染力はそれほど強くなく、保育園で他のお子さんにうつすということもあまりありません。とはいえ、強くないと言っても発熱中は感染力がありますし、熱が高いうちは保育園に預けることはできません。

熱が下がると全身に発疹が出てきますが、お子さんのきげんが良いようなら保育園に預けても大丈夫です。

突発性発疹の場合、水ぼうそうやインフルエンザのように出席停止期間が決められているわけでもなく、登園の目安は、「解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと」とされています。たとえ発疹が残っていても、熱が下がれば保育園に預けても特に問題はないということです。

しかし、保育園によってもどれくらいで預けてよいか、方針があるかと思いますので、お子さんの状態を見ながら、預けている保育園側に相談して登園日を決めるとよいのではないでしょうか。


今回のまとめ

突然の発熱!突発性発疹?保育園はいつから行ける?
突発性発疹の症状は?
感染症としての突発性発疹
保育園、いつ頃から預けられるのか?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存