とびひになったら幼稚園はお休み?とびひの正しいケアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tobihi-youtien

虫さされや汗疹の時期になると増える「とびひ」。幼稚園 保育園など集団生活を行なっているお子さんをお持ちの親御さんは、感染が心配ですよね。

もらってくるリスクケアはもちろん、我が子がとびひになったときにも、周りへの配慮が必要です。

今回は「とびひ」にかかってしまったときのケアを中心にお伝えします。


とびひは学校感染症の一つです

いわるる「とびひ」とは「伝染性膿痂疹」のことで、名前から分かるようにヒトに伝染していく皮膚の病気です。

伝染性を持つ病気には、ほかにもインフルエンザや水疱瘡、おたふくかぜなどがありますが、これらの伝染性のある病気は、学校保健安全法という法律によって「学校感染症」に指定されています。

<学校感染症とは?>

学校での健康管理についての「学校保健安全法」において定められた「学校において予防すべき伝染症」のことを言います。

これは、学校での感染症が流行してしまうことを予防するのが目的で、この法律において指定された病気に児童が感染した場合は、出席停止や学級・学校の閉鎖を行なうことができます。

また、この病気(第一類・第二類)に感染したときには、医師の出席許可証など、完治を証明するものを学校へ提出しなければなりません。

「伝染性膿痂疹」は、学校感染症の第三類に位置付けされています。

通常は、出席停止の措置は必要とは考えられていない伝染症ですが、他のお友達に移してしまう可能性が充分にある病気です。


登園・登校するときの注意点

とびひにかかったら、まず医師に見せて適切な治療を行ないましょう。

登園・登校は、治療を行なっている事が前提です。

とびひになってしまった患部は、ガーゼや包帯などで覆って露出しないようにしなければなりません。

子どもの場合は、痒がったり蒸れたりするために嫌がる場合もありますが、お友達に移さないために必要なことだときちんと話して、つけるようにしましょう。

患部が広範囲に広がっていたり、多発しているときには無理せずに休ませた方が賢明です。とびひに感染している時には、皮膚のバリア機能も低下していますので、身体を十分に休ませてあげることが早い回復につながります。

家庭内に居れば、痒がる時にはすぐにシャワーで洗い流すこともできますので、清潔に保つことができます。「とびひぐらいで休ませるのはちょっと…」と思う親御さんもいるかもしれませんが、悪化の具合をみて、必要に応じた対処が必要です。

判断に迷うときには、医師に相談するか、登園・登校先に確認してみましょう。

<プールはだめ?>

プールの水自体が感染経路になることはありません。しかしながら、プールにはいることで、とびひを悪化させてしまうこともあります。

また、プールに入ることで他人に移すわけではありませんが、とびひの滲出液などが他者の皮膚に触れると感染してしまいますので、やはり、発症中はプールへ入ることは避けましょう。


とびひのホームケア法について

とびひは、虫さされなどをかきむしったり、小さな傷口に細菌が入り込むことで発症します。この細菌は主に、黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌の二つがありますが、どちらも健康な身体の鼻の中や皮膚表面にいる常在菌です。

治療を開始したら、完治まできちんとケアすることが大切です。常に近くにある菌ですので、治りかけにも注意が必要です。

悪化や再発を防ぐためには、患部を触った手などが媒介となりますので、触らないように注意したり、掻かないようにしなければなりません。

患部は常に清潔に保ち、タオルや洋服を介して移ることのないよう、共用は避けましょう。

また、とびひでもまれに悪化して「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」になる場合があります。

これは、黄色ブドウ球菌が出す毒素が血液に入り込んで全身に広がる病気です。

発熱に加え、皮膚はまさに火傷をしたように真っ赤に腫れて、触れるだけで痛く、水ぶくれのような形状はやがてびらん状に剥けてしまいます。

筆者の友達の子が6カ月の時にこれにかかり、パニックになっている友達から電話を受けて駆けつけたときには、お腹や四肢、まぶたや唇まで水ぶくれ状に。

黄色のめやににより目も開けられず、息も苦しそうにして大変な状態でした。

すぐに救急車を呼んで、即日入院。6日程で退院となりましたが、「まさかとびひがこんなことになるなんて」と、驚いたことがありました。

低年齢の子は特に、単なるとびひと片付けることなく、きちんと治療するようにしましょう。


今回のまとめ

とびひになったら幼稚園はお休み? とびひの正しいケアについて
とびひは学校感染症の一つです
登園・登校するときの注意点
とびひのホームケア法について

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存