頭痛の原因が蓄膿症?原因と治療法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tikunousyou-zutuu

蓄膿症 は正式な名称を「慢性副鼻腔炎」と言います。

この蓄膿症では 頭痛 を伴うことが多く、頭痛を訴えて来院した患者が検査の結果として蓄膿症であると判明することも少なくはありません。

蓄膿症とはどんな病気か、どうして鼻の病気が頭痛につながるのかなど詳しく説明していきます。


蓄膿症とは

蓄膿症とは副鼻腔に炎症が生じて膿などが溜まってしまう病気です。発生の原因として考えられるのは風邪などの感染症やアレルギーがあります。

本来ならば風邪を引いてもウイルスは鼻腔(鼻の穴の中と思ってください)で炎症を起こし膿が出たり、ウイルスを体外に出そうとして鼻水が出たりします。アレルギーの場合もやはり同じことが言えます。

これらの症状が長期化してしまったり、ウイルスやアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)自体が鼻腔の更に奥の副鼻腔にまで侵入してしまい炎症を起こすと副鼻腔(副鼻腔炎)になります。

<蓄膿症の症状>
  • 鼻づまり
  • 鼻をかんでもかみきれない
  • 頭痛や顔面の痛み
  • 自らに異臭がする(口臭が気になると言う人もいます)
  • 匂いが分からない
  • 粘度の高いドロっとした黄色い鼻水が出る

などです。

これらの症状はどれも鼻の奥にある副鼻腔で炎症が起きている為に、膿が溜まり鼻を詰まらせたり、膿が異臭を放つことで自分自身(または息)が臭いと】感じるのです。


蓄膿症による頭痛とは

では何故鼻の病気である蓄膿症で頭痛や顔面痛といった症状が見られるのかと言うと、副鼻腔の位置が関係しています。

何度か出てきましたが副鼻腔は鼻の穴の奥を言います。

どれくらい奥にまで繋がっているかというと、大雑把に言うとおでこの辺り、目の上まで鼻の空洞が存在しています。

もう少し詳しく副鼻腔を解説すると、呼吸をする鼻腔から頭の骨にある目や鼻を取り囲むようになっている空洞、蝶形骨洞(鼻の奥にあるちょうちょの様な形をした空洞)、上顎洞(頬の下にある大きな空洞)、篩骨洞(目と目の間にある空洞)、そして前頭洞(おでこにある空洞)から成っています。

これらの骨と骨の空洞には本来は何も入っていないのですが、これらを含む副鼻腔の中で炎症が起こると、その空洞に膿が溜まっていきます。そしてそれが慢性化し蓄膿症という診断を受けるようになります。

痛みが出る部位が変わるのは、その炎症が発生し膿が溜まった箇所が関係しているのです。骨の空洞に膿が溜まると周りを圧迫して鈍痛を生み出すようになります。

頭痛がする場合と言うのは前頭洞の付近で炎症が生じたか、もしくは少しずつ排出されるはずの膿が排出されずにどんどん溜まっていき、膿が前頭骨にまで及んでいる場合だと考えられます。


治療と対策

蓄膿症の疑いがある場合には耳鼻科を受診しましょう。蓄膿症の治療は以下の手順を踏みます。

患部の炎症を抑え、膿を吸引する

患部の炎症を抑えることで膿の発生を軽減します。その為にウイルス感染が認められる場合には抗生物質を服用します。耳鼻科では膿を吸引し、炎症を抑える薬を霧状にすることで鼻の奥の副鼻腔にまで届くようにしたネプライザーによる治療も行われます。

手術治療

症状が長引く場合や重篤化してしまっている場合には手術をすることになります。以前は顔面や口を切開して副鼻腔に溜まった膿を出す手術が行われていましたが、最近では医療や器具の進歩によって大掛かりな切開手術は少なくなっています。

現在では内視鏡を用いた手術が普及して身体への負担も以前に比べ格段に少なくなっています。

<蓄膿症の効果的な対策>

蓄膿症の原因がウイルス感染やアレルギーが多いので、それらの対策をすることが直接蓄膿症対策にもなります。

感染症が流行している時期や、花粉症の時期にはマスクを着用するのも良いでしょう。手洗いうがいを徹底すると共に、鼻うがいも効果的です。

また鼻は吸い込んだ外気の中にあるウイルスや異物を鼻水で覆って排出する機能を持っていますが、体調やストレスによってそうした機能が一時的に弱まってしまうこともあります。そうならないようにする為にも生活習慣を見直して、適度な食事、運動、睡眠を日ごろから習慣づけていくと良いでしょう。


まとめ

頭痛の原因が蓄膿症?原因と治療法は?
蓄膿症とは
蓄膿症による頭痛とは
治療と対策

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存