小児てんかん患者は100人に1人?気になる症状は一度受診を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

小児てんかん患者は100人に1人?気になる症状は一度受診を
tenkan

子どものふとした行動が気になることはありませんか?

 脳が発達段階にある子どもたちにとっては、ごくありふれた病気である「小児 てんかん 」。

今回は、この「小児てんかん」のシグナル行動と、病気に対する正しい理解についてお伝えします。


てんかん発作はさまざま。まずは「てんかん」を知ってください

一般的に言われている「てんかん」とは、大脳が異常な興奮状態を発作的に見せることを言います。

一度きりの発作や発熱に伴う場合には、てんかんとは呼ばず、繰り返し起こる事を言います。

子どもの「てんかん」は「小児てんかん」と呼ばれています。

これは、中学生までに発症した18歳までのてんかん症状を指すもので、脳が未発達の子どもにおいては、100人に1人ほど、小児人口の約0.9%が持っていると言われています。

つまり、ごくありふれた病気なのです。

てんかん発作と聞けば、全身が痙攣して視点は定まらず、口からは泡を吹く…というような、極めて尋常ではない状態に陥る、と理解している人も少なくありません。

しかしながら、現実的にそのような場面を目にすることはそうありません。

小児てんかんで言えば、100人に1人という割合ですから、全校生徒300人の小学校なら3人はいる計算になります。

クラスメートにいてもおかしくない数字ですが、てんかん発作を目にすることはそうない、のはなぜでしょう? 

それは、てんかん発作は「けいれんを伴わない症状」も多くあるからです。


子どもがボーっと動きが止まる…これもてんかん発作のひとつです

「小児てんかん」は、乳児期・学童期・青年期に分けられて年齢ごとに症状が異なります。とくに見落としがちなのが学童期や就学前に見られる「欠神てんかん」です。

この症状は、数十秒間意識がなくなる、というもので女児に多いのが特徴です。

欠神てんかん発作は、けいれんを起こしたり、倒れたりすることはありませんが、突然意識がなくなるために、行動や話が途切れる、という結果になります。

他人からみると「ただの集中力や注意力不足」と捉えられてしまうことがありますが、もちろん、本人には自発性も発作時の記憶がありませんから、気付かれないままになっている場合があります。

  • 食事中に突然箸がとまる
  • ぼんやりとした目になり、声をかけても10秒ほど返事がない
  • 反応がないときに、まぶたがぴくぴくしている

などの症状が気になる時には、専門医に相談しましょう。

また、乳児期に多くみられる「点頭てんかん」は、両手両足を2,3秒間硬直させる症状を指します。

しかし、基本的に予測不能な動きをする赤ちゃんから、この症状を不自然に感じ取ることは大変難しいものです。

同様に、青年期に多くみられる「ミオクロニー発作」は、全身または一部の筋肉がピクッと収縮する発作ですが、ほんの一瞬ですから、こちらもまた自覚は少ない発作です。

寝起きや寝入りに起こることが多く、想像以上の力で蹴ったり、物を投げてしまうときもあります。

つまり「小児てんかん」は、いわゆる大衆的な発作のイメージとは大きく異なることがほとんどなのです。

ですから、てんかん発作であっても、ささいな違和感や不自然さで済まされることも多くあります。まずは、周りの「気付き」が大切です。


小児てんかんの多くは成長とともに自然治癒します

 ここまで、様々な小児てんかんを紹介してきました。

少し、不安になられた方もいるかもしれませんが、一部の難治てんかんを除けば、その原因は脳の未発達にある、ということです。

つまり、子どもが成長して脳が成熟することが一番の薬になるのです。

自然治癒していくものですが、その過程において「てんかん」により学習に支障が出たり、生活に不安な要素がある場合も、その多くが抗てんかん薬で発作を抑えられます。

「一瞬ピクッとした後にごまかす」

「一人遊びが増えた」

「おねしょやおもらしが増えた」

「突然理由なく動き回る・動作を繰り返す」

なども、てんかんの徴候と言われています。

気になる時には、医師に相談しましょう。相談に行くときには、「発作かな?」と思われる行動をカメラなどで撮影しておくと診断や治療に役立ちます。

学校での様子などをヒヤリングし、てんかん発作の徴候がみられないかなどの情報も集めて、診断に役立てましょう。


まとめ

小児てんかん患者は100人に1人?気になる症状は一度受診を
てんかん発作はさまざま。まずは「てんかん」を知ってください
子どもがボーっと動きが止まる…これもてんかん発作のひとつです
小児てんかんの多くは成長とともに自然治癒します

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存