脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは?交通事故やスポーツ外傷の後遺症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

交通事故やスポーツ外傷の重篤な後遺症として知られる 「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」 とは?

teizuiekiatusyoukougunn

過去に、交通事故やスポーツ外傷などで、頭部への打撃を経験された方々はいらっしゃいませんか?

強い打撃を受けた方であれば、救急車等で病院に搬送されてきちんとした治療を受けられた事と思いますが、軽微な打撃の場合ですと、「まあいっか」とそのままにされてしまう方々も多いものです。

しかしながら実は、負傷の軽重など無関係に、本疾病は発症する可能性があります。(しかも、その症状は大変怖ろしいものです。)

今回は、そのような危険な疾病脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)について、紹介していきたいと思います。


脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」とはどんな病気なのか

「脳脊髄液減少症」とは、その名が示しますように、

“何らかの理由で「脳脊髄液」を包む「硬膜」に傷が入ってしまう事により、持続的・断続的に髄液が減少してしまい(髄液が漏れ続けてしまい)、様々な症状が現れる病”です。

脳や脊髄の周囲にあります「脳脊髄腔」には「脳脊髄液」という体液が存在しています。

この「脳脊髄液」が持続的・断続的に漏出することによって、様々な症状が顕われるのです。


「脳脊髄液」を包む「硬膜」に傷が入る原因

・交通事故

・スポーツ外傷

・転倒による外傷

・出産

・腰椎穿刺

・脱水

などが挙げられます。(また、「原因不明」な事もあります。)

上記のように、

“出産や脱水など、頭部への外傷経験がない方々であっても、発症する事があり得る”

のが本疾病の特徴です。「いつ何時、硬膜から脳脊髄液が漏出するかは分からない」という事です。


脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」の診断方法・検査方法

診断・検査の手段として代表的なものに、以下のような方法が挙げられます。

<問診>

基本的ですが非常に重要な診断方法です。

なぜなら、本疾病は

“起立性頭痛などの「体位による症状の変化」”

が特徴的な症状ですので、「問診による疾患の発見」が非常に有効だからです。

<脳・脊髄MRI>

脳脊髄液の減少はMRIによって画像にて確認できます。

<放射性同位元素(RI)脳槽シンチグラフィー>

“腰から硬膜内に細い針を刺して、RIを、脳脊髄液が流れている髄液腔(くも膜下腔)の中に注入する”

方法です。

注入後、「ガンマカメラ」というカメラを用いて頭部や脊椎を撮影するのですが、この時に、RIがガンマカメラに映るのです。

つまり、

“RIを介して、全身の脳脊髄液の流れを見る”

検査方法です。

硬膜が破れている場合には硬膜外にもRIが見られますので、脳脊髄液の漏出を発見出来ます。

この他にも、「CTミエログラフィー」や「MRミエログラフィー」など、様々な診断・検査の方法があります。

【脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」の主な症状】

脳脊髄液減少症の最も顕著な症状として挙げられるのが、

“起立性頭痛”

および

“首の痛み(頸部痛)”

です。

<頭痛(起立性頭痛)>

起立性頭痛とは、その名が示しますように

“起立時(立っている時)座位(座っている時)に生じる頭痛”

です。

起立する事によって髄液が減少するために脳が下垂し、頭蓋底部の硬膜に異常な圧が加わり、激痛が生じるのです。

「起立する時に生じる」という事ですから、この頭痛は「横になると軽減する」という特徴があります。

<首の痛み(頸部痛)>

こちらも

“起立時・体を起こした時に痛みが激しくなる”

のが特徴です。

「起立性頭痛」と並び、脳脊髄液減少症の二大症状と言われています。

この他にも、

・視機能障害

・耳鳴り

・聴力低下

・全身の「痛み・痺れ・倦怠感」

・自律神経症状

など数多くの症状が知られており、その数は枚挙にいとまがありません。

大変重篤な疾病なのです。


主な治療方法

基本的には

症状の初期には“保存療法”です。

保存療法とは、

“2週間程度、一日1.5リットル~2リットルの水分を摂取しながら、横になって安静を保つ”

治療法です。

“横になって安静にする”

“水分補給を行う”

事が本疾病の治療の基本、という事ですね。

保存療法でも効果がない場合には、以下のような治療法が代表として挙げられます。

<ブラッドパッチ治療>

ブラッドパッチ治療法は、正式名称を

“硬膜外自家血注入療法(こうまくがいじかけつちゅうにゅうりょうほう)”

と言います。

ブラッドパッチは、

“血液が固まることを利用して、硬膜から脳脊髄液が漏出している部位を塞いでいく方法”

です。

血液(ブラッド)で穴を防ぐ(パッチをする)ため、「ブラッドパッチ」と呼ばれます。

治療効果には個人差があり、2~3回程度必要とする事が多いです。多い方だと8回された方もおられます。

ブラッドパッチを数回され完全に漏れが止まっていなくても社会復帰され残っている症状はブロック注射やトリガーポイント等で緩和ケアしている方もいます。

<アートセレブ(人工髄液)治療>

「ブラッドパッチ治療の効果がある(脳脊髄液の漏出は停止した)にもかかわらず、症状の緩和が乏しい場合」に行われるのが、このアートセレブ治療法です。

アートセレブ(人工髄液)とは、

“正常時の脳脊髄液の組成・性状に近い「人工髄液」”

で、本治療は、

“漏出した分の脳脊髄液を足し、以前の位置に脳を安定させる”

事を目的に行われます。

患者さんのMさんは1か月ほどで効果が現れると言われたそうです。

この他にも生食パッチや神経根ブロックなど様々な治療法の組み合わせて社会復帰を行っていきます。


まとめ

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは?交通事故やスポーツ外傷の後遺症
脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」とはどんな病気なのか
「脳脊髄液」を包む「硬膜」に傷が入る原因
脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」の診断方法・検査方法
主な治療方法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存