手足口病は潜伏期間でも感染する?感染期間は潜伏期間から回復後まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

夏風邪の一つとして知られる 手足口病

その名の通り、手、足、口に水疱性の発疹ができる、ウイルス性の感染症です。

主に子供がかかる病気ですが、大人も感染する場合もあり、子供よりも重症化する傾向があると言われています。

手足口病は周りにうつる病気で、子供が集まるようなところでは集団感染することもあります。

わが子を感染から守るには、潜伏期間 を含めどれくらいの期間、注意する必要があるのでしょうか。

感染を広げないためにできることとは?


手足口病は潜伏期間でも感染する?感染期間は潜伏期間から回復後まで

手足口病はどんな病気?

手足口病は夏場に流行するため、夏風邪の一つとしても知られています。

主に5歳以下の乳幼児に発症し、全体の約9割を占めています。

手足口病は、コクサッキ-ウイルスA6、A16、エンテロウイルス71などのウイルスが原因で発症します。

主な症状は、感染してから3~5日後に、手のひら・足の裏・咽や口の中に水疱性の発疹があらわれます。

熱が出ることもありますが、比較的高くはなく、全体の3割ほどで、熱が出ない場合もあります。

ほとんどが数日で治りますが、まれに、髄膜炎や脳炎、心筋炎などの合併症をおこすこともあります。

重症化しない病気と思われがちですが、なかなか症状が治まらなかったり悪化するような場合は、合併症も疑われますので、至急医療機関を受診しましょう。

この病気の特徴である水疱性発疹が見られずに、重症化する場合もありますので、注意が必要です。

また、子供に多い病気とはいえ、手足口病は大人も感染することがあり、子供と違って重症化すると言われています。


手足口病の感染経路と注意すべき期間

手足口病はうつる病気です。子供が集まる場所、保育園などでも集団感染をすることもあります。

その感染経路は、感染している人のくしゃみやせきに含まれるウイルスを吸い込むことでうつる飛沫感染、ウイルスに直接触れて感染する接触感染、便の中に排出されたウイルスが体に入り込むことで感染する糞口感染など、いくつかの感染経路があります。

手足口病は感染してから3~5日で症状があらわれます。

その後、多くの場合は数日で良くなりますが、ウイルスは回復後も残っていて、体から排出されます。

排泄物には1か月ほどウイルスが出ていると言われており、その間は感染する可能性があります。

小さいお子さんが発症することの多い病気のため、おむつの交換など、排泄物を処理する周りの大人を介して感染が広がることもあります。

症状が治まったと言っても安心はできません。

また、症状があらわれるまでの潜伏期間中でも感染が広まる可能性がありますから、周りで手足口病がはやっているような時は、症状が見られなくとも感染に注意する必要があります。

感染しないようにするためには、手洗い、うがいをしっかりすることが大事です。


手足口病の治療と予防

手足口病を治す特効薬はなく、治療の方法も特にありません。

あらわれている症状に応じた治療になります。

多くが軽症のまま、数日後にはよくなりますが、まれに合併症がおこる場合もあり、お子さんの経過状況をよく見るようにしてください。

気になる症状があらわれた時は、迷わず医療機関を受診するべきです。

比較的軽症で済む感染症とは言え、集団感染は避けたいところです。

ところが手足口病にはワクチンや予防薬がなく、しかも原因となるウイルスはいくつかあるため、一度かかったら二度とかからないというわけでもありません。

手足口病の特徴である水疱性の発疹が出はじめる前、すなわち潜伏期間でもウイルスは出ていて、周囲に感染が広まる可能性があります。

感染を予防するのはなかなか難しいことですが、幼稚園や保育園で手足口病がはやっているような時は、手洗い、うがいをしっかりすることで予防するようにしましょう。

大人もうつります。また大人を介して感染を広げることも考えられますので、普段から、家族そろって手洗い・うがいを励行する習慣をつけていくことが大事ではないでしょうか。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存