いつ頃から通わせても大丈夫? 手足口病の「保育園再登園」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

teasikutibyou-hoikuenn

子供の感染にご注意を!夏風邪の代表格「手足口病」

の記事にて、手足口病 の症状自体は、3日~1週間で治まりますが、ウイルス自体は便によって1ヶ月近く排出が続きます。しかし、1ヶ月ほどの長期にわたって幼稚園や 保育園 を休ませる事はなく、熱が下がり、口内の水疱が治まり、食べ物が食べられる状況になったら(症状が治まったら)、ほとんどの医師は登園許可を出すそうです。

という概要を説明しましたが、本記事では、手足口病の「出席停止措置・再登園」に関する諸事に関して、更に細かく紹介していく事にします。


「出席停止措置」について

保育園・幼稚園、あるいは学校などの集団の場においては、感染症・伝染病が広まってしまうリスクが非常に高いため、学校保健法において、感染症や伝染病に罹患した生徒の

“登園・登校停止措置”

や、その集団の

“学級閉鎖・学年閉鎖措置”

について定めています。

出席停止は学校保健法施行規則によって、伝染病を3種に分けて規定しています。

第一種

この「第一種」に相当する疾病は、簡単に申しますと

“ごくまれにしか生じないが、極めて危険な感染症・伝染病”

です。

欠席期間はもちろん

“治癒し、かつ、登園・登校しても感染の恐れがないと医師が認めるまで”

です。

具体的には、

  • コレラ
  • 赤痢
  • 腸チフス
  • ジフテリア
  • エボラ出血熱
  • 急性灰白髄炎(ポリオ)

などが該当します。

第二種

この「第二種」に相当する疾病は、

“保育園・幼稚園・学校ではよくある、感染症・伝染病”

です。

出席停止措置をとらなければ集団全体に広がってしまう可能性がある、飛沫感染する感染症です。

これも、欠席期間は

“治癒し、かつ、登園・登校しても感染の恐れがないと医師が認めるまで”

です。

  • インフルエンザ
  • 百日咳
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹(三日はしか)
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • 結核

などが該当します。

第三種

この「第三種」に相当する疾病は、

“学校教育活動を通じて広まってしまう可能性のある、感染症・伝染病”

で、

  1. 第一種・第二種のように、「登園・登校停止」となる疾病
  2. 条件によって「登園・登校停止」となる疾病
  3. 通常「登園・登校停止」と必要はないと判断される疾病

の3種類があります。

具体的にどのような疾病があるのかと申しますと、

1.

  • 流行性角結膜炎
  • 急性出血性結膜炎
  • 腸管出血性大腸菌感染症

など

2.

  • 手足口病 (←ここに該当します!)
  • ヘルパンギーナ
  • 溶連菌
  • マイコプラズマ感染症

など

3.

  • とびひ
  • 水いぼ
  • アタマジラミ

など

です。

手足口病は休まなくてもよい!?

先程の “「出席停止措置」について” の項目の、

“第三種の②”

に手足口病の記載がありましたよね?

つまり、

“手足口病は、条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる伝染病”

なのです。

しかしながら、手足口病は世間的には広く認知され、大流行の報道がされる事も頻繁にあります。

なのになぜ、「条件によっては休まなくてもよい場合がある」

と、少々ゆるめな措置がとられているのでしょう?

それには大きく分けて3つの理由があります。

  • (「病院によっては」ですが)手足口病は夏風邪の一種、つまり風邪と同じ扱いであるから (風邪で出席停止措置がとられる事はありませんよね。)
  • 子どもの場合、重症化するケースは非常に少ないから
  • 症状が治癒した後も、体内における手足口病のウイルス(エンテロウイルス)の残存期間が「約1ヶ月」と長いから

つまり、

“症状も軽症だし、1週間程度で治まるのに、感染予防のためだけに1ヶ月も「必ず」出席停止させるのは、園児や児童にとって不都合だよね?”

と文部科学省は判断しているのです。

その為、手足口病には「厳しい」出席停止措置がとられていないのです。

とはいえ、感染力の強い疾病ですから、医師によっては休ませる事が多いようで、

“出席・欠席の判断は医師によって異なる(つまり、「まちまち」なんですね。)”

“(先程申しましたように)熱が下がり、口内の水疱が治まり、食べ物が食べられる状況になったら、ほとんどの医師は登園許可を出す”

というのが現在の状況となっています。


今回のまとめ

いつ頃から通わせても大丈夫? 手足口病の「保育園再登園」
「出席停止措置」について
手足口病は休まなくてもよい!?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存