子供の感染にご注意を!夏風邪の代表格「手足口病」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

teasikutibyou

子どもが夏場に感染する「夏風邪」の代表的疾病の1つが「手足口病」です。

手足口病は「エンテロウイルス(コクサッキーA16、CA6、EV71など)」というウイルスが原因で罹患する、ウイルス性の急性感染症です。

感染者のおよそ90%は「5歳以下の乳幼児」で、まさに「子どもの患う病気」の典型といえます。


どうやって感染するの?

主な感染経路として、

  • 飛沫感染(咳やくしゃみにより、空気中のウイルスが口から入り感染)

  • 接触感染(患者やウイルスの付着した物品と、接触する事による感染)

  • 糞口感染(糞便から排出されたウイルスが、口を通して感染)

があります。

感染力も強く、乳幼児が多く集まる場所(保育園や幼稚園)における集団感染が起こりやすい病です

(※手足口病は、夏季が最も感染の多い時期ですが、「秋季および冬季にも」感染する事があります。ご注意下さい。)


手足口病の主な症状

その病名が示す通り、手、足、口の中に水疱を生じます。

水泡は手の平や足裏、口の中の粘膜を中心に生じ、唇周辺や舌、太ももやお尻、膝やふくらはぎの辺りに生じる事もあります。

水泡の特徴は「周囲は赤く中心が白く、大きさは米粒大」です。

この水泡は「水ぼうそう」に似ているのですが、水ぼうそうでは、38℃前後の高熱が出る事が多いのに対し、手足口病ではそれ程の高熱が出る事は少なく(全くないわけではありません)、おおむね37℃台の微熱であり、発熱が見られない事も多いです。

また、手足口病は手・足・口に集中して水疱が生じるのに対し、水ぼうそうは全身に水疱が出ます。(手足口病の水疱が腹部などに生じる事はあまりありません。)

口の中の粘膜に生じた発疹は痛みを伴うため、口の中の発疹が破れると、痛みで食欲が落ちたり、子どものよだれが増えたりします。

痛みにより飲食物の摂取を嫌がる子どもも多く、その結果水分不足となり、二次疾病として脱水症状を併発しやすいので、充分な水分補給を行って下さい。

時には下痢や嘔吐といった症状が出たり、また、ごくまれにですが、脳炎を罹患してしまい重症化してしまうケースもあります。

潜伏期間はおよそ3日から6日です。


手足口病とその他夏風邪との、違い・見分け方とは

夏風邪には、手足口病の他にも、「プール熱(咽頭結膜熱)」や「ヘルパンギーナ」といった疾病が代表としてあげられます。

これらの病気と、手足口病との見分け方を紹介します。

手足口病とプール熱(咽頭結膜熱)との見分け方

手足口病では高熱が出る事は滅多になく、おおむね38℃以下の微熱程度であるのに対して、プール熱では38~39℃の高熱が3~5日続きます。

また、プール熱も強い喉の痛みを伴いますが、水疱が生じる事はなく、結膜炎や腹痛、下痢などの症状が出ます。(手足口病で結膜炎が出る事はありません。)

手足口病とヘルパンギーナとの見分け方

手足口病では高熱が出る事は滅多になく、おおむね38℃以下の微熱程度であるのに対して、ヘルパンギーナでは39~40℃の高熱が突然出ます。

また、手足口病の発疹は口の中や喉だけでなく手や足などにも見られるのに対し、ヘルパンギーナの発疹が手足に出る事はありません。

(※ちなみに、手足口病とヘルパンギーナは、同じ「エンテロウイルス」です。)


治療法

現在、手足口病のワクチンや特効薬は残念ながらありません。

基本的には、喉の痛みを緩和させる薬などの対症療法を行いながら、自然治癒するまで待つ、という事になります。

上述しましたように、口の中の水泡により喉の痛みが生じるため、子どもが飲食を嫌がる場合がありますので、脱水症状には充分注意して下さい。

水分補給には水や麦茶を、食事はゼリーやプリン、牛乳や飲むヨーグルトなどの「軟らかく喉ごしのやさしい食べ物」が良いでしょう。
(ジュースなどでも痛がりますので、熱い食べ物や炭酸飲料などの「刺激の強い飲食物」は厳禁です。)

また、手足の水泡のかゆみがひどくならないよう、直射日光を避けたり、部屋を暖めすぎないようにしたりなど、皮膚に刺激を与えない事も重要です。


予防法

上述しましたように、感染経路は「飛沫感染」「接触感染」「糞口感染」ですから、以下の手段が予防対策として考えられます。

  • マスクの装着

  • こまめな手洗いやうがい(手洗いの際は石鹸やハンドソープを使用)

  • 接触感染を防ぐため、患者とタオルや食器、おもちゃなどの共用を避ける

  • ドアノブや手すりなど、接触の多い箇所をこまめにアルコールティッシュなどで拭く

  • 患者のおむつ交換後、よく手洗いをする


手足口病にかかったらいつから保育園に登園できる?

手足口病の症状自体は、3日~1週間で治まりますが、ウイルス自体は便によって1ヶ月近く排出が続きます。

しかし、1ヶ月ほどの長期にわたって幼稚園や保育園を休ませる事はなく、熱が下がり、口内の水疱が治まり、食べ物が食べられる状況になったら(症状が治まったら)、ほとんどの医師は登園許可を出すそうです。

(しかしながら、先述しましたようにウイルスの排出は続く為、毎夏、流行してしまうのです。)


注意! 手足口病は大人も感染する

手足口病は子どもを中心に罹患する感染症ではありますが、「大人は全く感染しない」わけではありません。0.6%程度ですが、大人も感染の可能性があるのです。

特に、体調が悪化した時や疲労が蓄積した時など「免疫力が低下した時」には警戒を要します。

なぜならば、大人は子どもよりも症状が重くなってしまう場合が非常に多いからです。

子どもであれば、発熱があったとしも「38℃以下」がほとんどなのですが、大人であれば約30%の方が「40℃近い」高熱が出ます。

高熱により、発疹や嘔吐、下痢などの症状に加えて、「悪寒・頭痛・筋肉痛」などの症状も併発するため、子どもが罹患した場合より、大幅に重篤化しやすいのです。

大人の場合でも、子どもの場合と同様に、対症療法による自然治癒を待つしか方法はありません。(大人の場合、発症して3~10日で治癒する事が多いようです。)


今回のまとめ

子供の感染にご注意を!夏風邪の代表格「手足口病」
どのように感染するの
手足口病の主な症状
手足口病とその他夏風邪との、違い・見分け方とは
治療法
予防法
手足口病にかかったらいつから保育園に登園できる?
注意! 手足口病は大人も感染する

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存