子どもの手あれのクリームはワセリンで大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

 

冬の乾燥と寒さで手あれが多い季節ですが、普段のお手入れで  手あれ のケアはどうすれば

良いのでしょうか。ハンドクリーム などを使って子どもの手のケアについてご紹介しましょう。


子どもの手あれのクリームはワセリンで大丈夫!

手あれは乾燥が原因!冬場に想以上に乾燥している!

手あれの原因は皮膚の表面の乾燥と言われます。

ですからその乾燥から守ることが大切なこと言えそうです。

特に冬場は夏場と比較して外の空気も乾燥しています。

そして室内についても暖房などの為に予想以上に乾燥しています。

特に冬場の風邪などの予防の為に手洗いうがいをよくすることで手の表面の油が少なくなってしまうこともあるかもしれません。

こういった時は保湿の事前に保湿のクリームを付けて予防することで手あれを防ぐことができます。


子どもの手あれのクリームはどんなものがいい?

手あれの原因が乾燥とご説明しましたので、その乾燥を防ぐ‘保湿の効果があるクリームが手あれの予防や改善の為のものとなります。’

ではどういったクリームが良いのでしょうか。

出来るだけ刺激が少ないものと言えば、「白色ワセリン」になるのではないでしょうか。

普通の薬局でも購入できるものです。

チューブタイプのものなどは手軽な価格で購入でき便利です。

ワセリンは様々な軟膏や化粧品などの基本になる素材のひとつです。

石油由来で医療目的などにも頻繁し使用されているものです。

皮膚の乾燥を防ぎ、切り傷などの出血なども予防にも使用されるもので肌の刺激が少ないものとされています。

では、実際に手あれの時のクリームのつけ方については、子どもさんの手でしたら、1センチ

大くらの大きさにワセリンを出して少し子どもの手につける前にママの手で温めて軽く伸ばしてから子どもの手に広げる感じで薄く手の平に広げてつけていきます。

ちょっとした手のかさかさ状態でしたら、ワセリンを塗ることでお肌のガードになる為、手が必要以上に荒れることを予防できるのです。 

大木皮膚科より※手荒れ


尿素などのうるおい成分は必要?

手あれなどのハンドクリームに尿素配合のクリームも多くありますが、尿素が入ったものが良いのでしょうか。

一般的に販売しているハンドクリームであれば問題のない成分の量と考えてよいと思われます。

ただし、赤ちゃんや敏感な肌の子どもにとってはできるだけ、刺激の少ないものが良いと思われるので、少し腕の内側などで小さくつけて、かぶれが起こらないか試すと良いでしょう。

(パッチテスト)血行促進作用のビタミンEが入ったものなども同様だと思われます。


手が荒れている時は傷つきやすい!

子どもは大人より皮膚などが薄い分敏感なので、乾燥の時期は事前に薄くハンドクリームでガードすることで手あれの予防となります。

手が荒れていると手表面のから雑菌が入りやすくなってきます。

ですからそういったものをガードするためにも保湿のクリームが大切な役割を果たすといったことになります。

手の荒れがひどく、痛みなどが出ている場合は一度、皮膚科の受診することをお勧めします。

雑菌などがある場合は炎症を抑える必要があるからです。

医師の処方での軟膏の種類あれこれ

一般の薬局でもらえないもので医師の処方箋でもらう軟膏で手荒れやしもやけなどの血行促進や保湿として処方されるので多ものをご紹介しましょう。

*ユベラ→ビタミンE、A配合のクリームです。ビタミンEは血行促進効果があると言われています。

*ヒルロイド(軟膏・ローションン)→ぺパリン類似物質の血行促進、保湿効果の軟膏 ケロイドの治療などにも使用されます。最近で美容目的で注目されているところもあるようですね。

*ビーソフテン(ローション・クリーム)→ぺパリン類似物質で血行即陣、保湿効果のあるローションです。ヒルロイドと同様の効果のものです。


おわりに

手のあれは子どもだけではなく水仕事が多いママにとってもいやなものです。

冬場の乾燥の時は特に手が荒れやすくなります。

子ども以外にも自分自身のハンドケアーも一緒に考えてケアすることなるのかもしれませんね。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存