集団生活で心配な子供の発達障害と多動性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

tadousyou

子供が大きくなったら他の人の係わり多くなります。ちょっとした行動や、子供同士のやりとりを見て少し気になることがあるでしょう。例えば、座ってじっとまっていることが出来ない多動性行動や他の子供と違った行動はその子の性格でしょうか。

それでは、多動性行動や物忘れなどに特徴があると言われる、注意欠陥、多動症、障害(ADHD)についてご説明していきましょう。


ADHAって何?多動性障害など認めたくない思いあり

保育所や幼稚園、または小学校などの団体生活の中での子供の問題行動について先生に注意や指摘されることでまず気が付くことがあると思います。

 気になる行動の例としては、

・1つの事に集中できない

・朝の準備が出来ない

・ぼんやりしたところがある・

・物忘れが多い

・物を覚えるのに時間がかかる

・イライラすることが多い

・つい、体が動いてしまう

などといった行動がいくつか当てはまることが多い様子があるというものです。

専門の病院などの先生の判断などで決定されますが、ADHAとして判断されたとしても、親としては落ち込まないことが大切でしょう。

理由としては、今まで気になっていた行動についてが、自分のしつけかたが悪かった為ではなく、‘脳の伝達機能に障害があって、本来スムーズにできるもので出来なくなっている、邪魔している’もので、医師の指導のもとで適正に治療することで、気になっている行動が少しづつ減り、今まで分からなかった本来の子供の性格が見えてくるといったケースが多いことがあるからです。


ADHA・注意欠陥、多動性障害の治療法とは

 専門医師によって判定を行って、治療方針などを決めていきます。

治療方法としては、問題と感じている行動を軽減させる為の服薬があります。

 ADHAの症状については1人づつ違いがあり、子供の特徴や時期などに合わせての治療方法となります。

 治療方法としては、

・薬物療法

・行動療法

・環境療法

などがあります。

ADHAの治療については服薬で集中できる時間帯などを作りながら、落ち着いで集中できる環境を整え、きっかけつけ(成功体験)などをしながら、薬を使用しなくても安定したものが自分で生活できるようにすることが一般的です。‘薬はあくまで、手助けのひとつの手段として考えるもの’で、薬で全て治るといったものではありません。

治療の成果があり、一定期間安定しても進学などで新しい環境などで不安定な時期などについては、問題的な行動などが出ることがありますので、長い目で子供さんが大きく成長するに従って自分の持っている症状を理解しながら、コントロールすることで(主治医と相談しながら)、安定した日常生活を送ることができるものです。

治療については、‘親の受容(子供のすべてを受けとめる気持)が大切です。

また、子供以外のサポート学校やその他地域サポートや連携を大切して、子供の生活の環境全体で取り組むといった考え方で取り組みます。‘この症状に対する周りの人の理解によってスムーズに子供の学習や活動が意欲的になり、目標を持つことで得意分野を伸ばし、他の子供と変わらない生活を送ることができるとされています。

治療については、専門医なの受診で治療方法などについても相談すると良いでしょう。

‘小児神経科、神経内科科、小児神経内科、脳神経内科などになります。小児神経学会のホームページに専門医、施設の紹介ページ’を参考下さい。

一般社団法人日本小児神経学会より

※発達障害診療医師名簿・小児神経専門医師名簿

http://adhd.co.jp/kodomo/#!mirai_voices_case8 日本イーライリリーより

※親と子供のためのADHD

http://adhd.co.jp/otona/kaiketsusaku/families.html 日本イーライリリーより

※大人のためのAHHD

★私の職場のADHD★

最近は理解されていることが多いADHDですが、まだ理解されていない所も多くあります。

実際の職場で、ADHDの症状の人がいます。始めは本人の自覚がなかったのですが、症状的にそうでないか、ということで今では職場の理解で、職場内に打ち解け、できる範囲内で仕事をしています。(大学は卒業している人です。)

ストレス性のプレッシャーなどには弱いようで、疲れやすい感じです。周りがそういった傾向を気がつくことで本人も必要以上のプレッシャーは無いようです。子供の場合の治療の時の受容の心は大切だなと思ったことがあり、「ありがとう。助かった」普通の人に対して言わないことでもその人がフォロしてくれた時はお礼をいったりするなどで、仕事に対する意欲と前向きな姿勢が増したのが職場内でも良分かったことでした。

その人を認めるということの大切さ分かったケースの1つです。


おわりに

注意欠陥、多動障害と言われると、凄くショックに思って落ち込むと思います。また、問題となっている行動で、親としても神経的に疲れていることも多くあると思います。

親も子供または兄弟なども含めていっしょに取り組む。学校の先生、担当の医師、その他支援グループなどの力も利用しながら、長い目で取り組むことで効果が定着するようなところがあるようです。

子供の将来のことを考えると心配が多いかもしれません。しかし、子供の可能性を信じて「やればできる」といった気持で取り組むことでその子供の本来の姿が見つけられるのではないでしょうか。


今回のまとめ

集団生活で心配な子供の発達障害と多動性
ADHAって何?多動性障害など認めたくない思いあり
ADHA・注意欠陥、多動性障害の治療法とは
★私の職場のADHD★
おわりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存