小学生になってもおねしょが治らない、これって夜尿症?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

syougakusei-yanyousyou

小学生 になっても おねしょ が治らない。

そんな場合は、夜尿症という病気が考えられます。夜尿症にはきちんとした治療法もあります。

怒って子供を傷つけ、プレッシャーをかけてしまう前に、医療機関で受診することも考えてみましょう。


小学生でもおねしょ、それは夜尿症?

<おねしょとは>

寝ているときにしらずしらずにおしっこをしてしまうことを言います。赤ちゃんは膀胱も小さく、おしっこの作られる量が昼も夜も区別なく作られるので、夜でも昼間と同じくらい何度もおしっこをします。

成長とともに膀胱も大きくなり、ためられる尿の量も増えてきます。一方、夜の間に作られる尿の量は減ってきますので、その結果、おねしょをする子供の割合も減ってきます。

4~5歳になれば、7割から8割のお子さんはおねしょをしなくなります。小学校入学前後にもおねしょをするお子さんは10~15パーセント程度と言われており、この場合、夜尿症と呼ぶことが一般的です。

<夜尿症とは>

おねしょと夜尿症は、寝ている間のおもらしをするという症状としては同じですが、幼児期までをおねしょ、小学校入学前後、5~6歳以降のおねしょを夜尿症と言うのが一般的です。

何らかの原因があると考えられ、きちんとした対応が必要な場合があります。

夜尿症はお薬などでも治すことができる症状です。

小学校に入っても週に2度ほど、就寝中におもらしをしてしまうような時は夜尿症と考えられ、治療の対象になります。


夜尿症の原因と治療法

これまで夜尿症の原因は、子供の自覚の問題、親のしつけの失敗などと考えられてきました。

その結果、子供を傷つけるような叱責をしてしまったり、親が自分を責めたりすることがありましたが、これは正しい原因ではありません。

夜尿症の主な原因は、夜間の尿の量が多い場合(多尿型)、膀胱が小さい場合(膀胱型)ということがわかってきました。

<多尿型>

水分の取り過ぎにより、夜間の尿量が多いということもありますが、夜間、睡眠中に作られる尿の量を減らすのに抗利尿ホルモンが作用しており、昼間に比べ夜間に作られる量が制御されています。そのホルモンが不足していると睡眠中の尿量が増え、おもらししてしまうと考えられます。この場合、抗利尿ホルモンを補うお薬が効果的です。

<膀胱型>

膀胱は成長とともに発達していき、夜間、昼間の尿量の1.5~2倍、ためられるようになります。通常、4~5歳にもなれば夜に一度もトイレに行かないでも大丈夫なぐらい、おしっこをためられるようになります。しかし、子供の中には膀胱の機能が未発達で、たくさんためられず、就寝中におもらしをしてしまう子供もいます。この場合、膀胱が硬くて大きく膨らまずにたくさんためられないと考えられ、膀胱を柔らかくするお薬が処方されます。

<その他の原因>

1.心理的ストレス

しばらくおねしょをしなかったのに、また急にするようになった場合、心理的なストレスが原因の場合があります。

2.睡眠の質

睡眠の質が夜間の尿量や膀胱量の増加に影響するのではという考えもあります。

3.膀胱や腎臓の異常

夜だけでなく、昼間もパンツがぬれてしまうことがある場合は、膀胱や腎臓の異常も考えられます。


家庭で出来る注意

治療については医師の診断が必要ですが、夜尿症の主な原因である多尿型か膀胱型かは家庭でも見分けることができます。

使用前の紙おむつの重さと夜間に使用後の紙おむつの重さとの差を図ります。夜間尿量の平均は、1時間当たり体重×1cc未満ということなので、それよりも多ければ多尿型、少なければ膀胱型の可能性があるということです。

多尿型と思われる時は寝る2時間前からは水分を取らないようにします。尿量を抑える抗利尿ホルモンは寝ているときに分泌しますので、ぐっすり寝ることが大事です。早寝早起きを心がけ、寝ている子供を起こしてトイレに行かせるようなことはしないようにします。

一方、膀胱型については、冷えると膀胱も硬くなりますから、体を冷やさないようにします。お風呂で体をじっくり温めてから寝るようにするのもよいでしょう。

薬の治療は時間がかかります。短くても2週間、長い場合は3ヶ月くらいかかるといわれています。小学生にもなれば泊まりがけの学校行事もありますから、心配な時は早めに受診するようにしましょう。

親は、洗濯の大変さもあって、ついつい怒ってしまいがちですが、一番嫌な思いをしているのは子供です。怒ってプレッシャーをかけるようなことはせず、必ず治ると子供を安心させて下さい。

良い夜尿症対策のグッズもあるようですので、適宜そういったものを使って、親も子供も、焦らず必ず治るんだと考えていってほしいと思います。


まとめ

小学生になってもおねしょが治らない、これって夜尿症?
小学生でもおねしょ、それは夜尿症?
夜尿症の原因と治療法
家庭で出来る注意

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存