子供の食後の腹痛!ストレスによる反復性腹痛が原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

syokugo-fukutuu

子供の体調不良でよくあるのが、腹痛 です。

特に、食後 腹痛を訴えられると、とても心配になりますよね。

子供の食後の腹痛の原因は多々ありますが、今回は子供に多い『反復性腹痛』に原因を絞ってお伝えします。


子供に起こる食後の腹痛の原因は?

食後に腹痛を起こす原因は、消化不良やなんらかの病気が原因の場合もありますが、子供が食後に腹痛を訴える場合には、子供特有の腹痛、『反復性腹痛』の可能性があります。

反復性腹痛とは?

反復性腹痛とは、三歳から十二歳頃の子供に多く発生する病気です。原因不明の腹痛を繰り返すのが特徴なので、厄介な病気です。

痛む場所は、おへその周囲や上腹部が多く、左の腹部が痛いと感じる場合もあります。

痛みの度合いは、鈍い鈍痛が持続するのが通常ですが、差し込むような痛みを感じる場合もあり、痛みの箇所、強さなどは人それぞれです。

反復性腹痛の原因は?

原因は主に精神的ストレスで、就寝後には腹痛は起こりません。

ストレスや嫌な事があると腹痛を訴えて、楽しいときには元気に遊ぶなど、『本当に腹痛なんて起きているのかしら?』と疑ってしまう気持ちはわかりますが、本人の感じている痛みは本当です。


反復性腹痛の症状

反復性腹痛の症状には、人によって個人差がありますが、ほとんどの場合に共通する症状は次の通りです。

  • おへその周辺に、鈍痛または差し込むような痛みがある
  • 顔色が悪い、または蒼白である
  • 冷や汗が出ている
  • 腹痛を訴えている時以外は元気である
  • 週末や休日には、腹痛の頻度が減る
  • 便秘または下痢ぎみである
  • 就寝中に腹痛を訴えて起きる事はない
  • 腹痛を感じる時間は一時間未満である
  • 放置していても自然に治り、また腹痛を繰り返す

吐き気や頭痛、倦怠感など腹痛以外の症状が同時に現れる場合もありますが、主な症状はおへそを中心とする腹痛です。

食後以外にも起こりますが、短時間で治まり、再発を繰り返すので、当然食後にも起こります。


反復性腹痛の診断

反復性腹痛に、内臓や器質的な疾患は認められません。原因の九割以上は、精神的ストレスや緊張などの心因的要因です。

精神的ストレスにより、乱れた自律神経が、胃や腸の血流を悪くしてしまい、それによって胃腸に痙攣性の痛みが出るものと考えられています。

そのため、診断は主に聞き取りを中心とした問診で、腹部に器質的問題が無いかどうかを調べる検査をしますが、本人や家族への精神的負担を減らすため、検査は最小限度に留められます。


子供が反復性腹痛になってしまったら

反復性ストレスの原因となるストレスは、数ヶ月から数年単位で子供の精神に負担をかけている長期的なものです。

子供が感じているストレスの原因がわかっている場合には、できる限りストレスの元を取り除き、子供の心に安心感を与えてあげる事が大事でしょう。

また、『どうせまた仮病だろう』などと、本当に腹痛が起こっているにも関わらず仮病扱いしてしまうと、それがストレスとなっていつまでも反復性腹痛を繰り返すという悪循環に

本人も、精神的ストレスによる腹痛だという事に気づいていない場合もありますから、本当に痛いのだと言う事を理解して、責めるような態度を取らないように注意しましょう。

筆者も子供時代に悩まされていた腹痛の理由が最近わかりました。私事ですが、夕食時、父の機嫌が悪いと物が飛んで来たり、怒鳴ったり、家具を破壊する事もあり、夕食後は必ず激しい腹痛に冷や汗をかいて、必死で耐えていたものです。

好きな漫画を読んでいる時や、趣味に興じている時には腹痛が起こらないので、よく母に仮病だと叱られていました。この激しい腹痛をどうしたらわかってもらえるのだろう。原因はなんなのだろう。と自分でも腹痛の原因はわからず、成長すると共にいつの間にか、あの悶えるような腹痛はなくなっていました。

反復性腹痛で苦しんでいる子供が、少しでも減る事を願っています。


今回のまとめ

子供の食後の腹痛は、ストレスによる反復性腹痛が原因?
子供に起こる食後の腹痛の原因は?
反復性腹痛の症状
反復性腹痛の診断
子供が反復性腹痛になってしまったら

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存