昔ながらの軟膏薬の紫雲膏は子供に利用できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

siunkou

昔ながらの漢方薬の 紫雲膏 の紹介をして、正しく、効果的に使用することで、ステロイド剤を使用しなくても良くなることを紹介します。

しかし、漢方薬でなんでも効果があると思われていますが、紫雲膏の使用方法に注意が必要なので注意点についても紹介しています。


はじめに

紫雲膏と聞いて何のことか分からない人もいるかもしれません。逆に昔小さい時に、よく傷などに使ったという人あると思います。漢方薬の塗り薬が紫雲膏です。薬の名前の通りに赤みのある紫色の独特の臭いのある塗り薬です。それでは、詳しくどんな時に利用すればいいでしょうか。

昔から紫雲膏はやけどに良いと評判あり!

漢方薬で自然素材の紫雲膏です。ちいさな子供でも比較的安心して利用できるでしょう。

成分の中に紫根というものが入っています。これが、“消炎作用、抗菌作用があり、熱による傷に良い”と言われる理由です。また新しい皮膚を作るのに手助けする効果もあるので、一般的にやけどによく効くということに繋がっています。

 “主成分としては生薬成分としての

・紫根(ムラサキという草の多年草の根*現在は同族異種のセイヨウムラサキの根を使用)

・当帰(セリ科の多年草)→血行促進効果

保湿効果としての油脂分として

・ゴマ油

・豚脂

・蜜蝋

です。“ 自然の素材から作られています。一般的な薬局で購入することができます。

http://www.uchidawakanyaku.co.jp/shiun.html 株式会社ウチダ和漢薬より

※ウチダの紫雲膏

公益法人日本薬理学会 

※紫根および当帰の薬理学研究(第3)エキスおよび紫雲膏局所適用炎症反応による影響 

 万能薬の紫雲膏!すり傷、あかぎれにも

 紫雲膏はすり傷やあかぎれなど利用できます。

冬のあかぎれに良いと言われる理由としては、“当帰の体を温めて血のめぐりを良くする効用から昔から婦人病に良い”ことからです。

塗くすりですので、肌に塗って使用します。

 使用時の注意点ですが、

・紫色の軟膏が皮膚や衣類につき易い

・独特の臭いがする

 一日に1回寝る前に塗って使用すると臭いとべとつきが軽減されます。

 その他について良いと言われているものは軽度のアトピーの軽減です。

自然素材ですので、敏感な肌の方にも使いやすい。といった理由もあります。“油分の保湿効果と製薬の殺菌作用にもある”とのことです。

 また傷ついた皮膚の再生の作用として高齢者の方の寝たきりの人に多い褥瘡(じょくそう)も良いとのことです。


★注意★

 アトピーについて効果は個人差があり、重度の場合は効果がないという結果もあります。

まずは目立たないところで少し塗って試してみてからご使用下さい。

http://www.mt-pharma.co.jp/healthcare/herbal_medicine/24.html 田辺三菱製薬より

※田辺三菱製薬ヘルスケア製品サイト 製薬について当帰

※漢方コーナー 建設と安全誌掲載:健康管理コーナー 紫雲膏の話

近畿大学皮膚科 (大熊守也)より

※アトピー性皮膚炎の顔面、首皮疹の紫雲膏の効果

http://ci.nii.ac.jp/naid/110001866406/ 和漢医学学会要全より)

紫雲膏は万能薬!でも使用の注意も大切

 火傷や擦り傷などに効果があるといわれていますが、全てに良いというわけではありません。

じゅくじゅくとした傷などに使用すると、雑菌などによって悪化することがあります。

 最初の段階から湿気のある傷、膿が出ているものについては使用しないようにして下さい。

使用場合は乾いている傷について、または熱をもっている肌の傷などについは使用可能です。

 また使用していて2、3日位で効果が改善の見込みがない場合や、悪化が見られる場合は中止して病院に受診をして下さい。

おわりに

 家庭の万能薬としての紫雲膏ですが、ちょっとした傷や子供にステロイド系の軟膏を使用するのに迷われる時などは、最初に使用するといったものとしては良い薬かもしれません。

 ちなみにこの紫雲膏は自分で作ることもできるようです。自然素材の漢方薬なので効果はゆるやかですが、副作用が少ないことから幅広い世代に愛用されているのでしょう。


今回のまとめ

昔ながらの軟膏薬の紫雲膏は子供に利用できる?
はじめに
★注意★

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存