舌のやけどの処置と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

sita-yakedo

気をつけてはいるのだけれど、熱いものを口に入れてしまって 舌 を やけど することってありますよね。

特に割れにくいプラスチック製や、やけどを防ぐ為にもち手の部分が熱くならないような食器を使いがちな子どもは注意が必要です。

そんな時にどう対処すれば良いのか、病院に行く必要がある場合とは、そんな舌のやけどについて詳しく紹介していきます。


舌のやけど

寒い季節に温かい物が恋しくなり、熱々の鍋やスープなどを口にして舌をやけどしてしまうことってありますね。

子どもの食事の場合にはある程度冷ましてから与えることが多いと思いますが、まだ十分に熱がとれていなかったり、子どもが一気に口に入れてしまったりして起こることがあります。

そんな舌のやけどには重症度を表すレベルが存在します。

<舌の火傷のレベル>

      ◆第1度

 舌の粘膜の表面がダメージを受けて赤く腫れるような状態です。自覚症としてはピリピリとした痛みを感じる程度の軽いやけどです。

     ◆ 第2度

 舌の粘膜の表面とその下にある層にもダメージを受けた状態です。赤く腫れるのと同時に水ぶくれができる場合があります。痛みは第1度の時よりも強く感じます。

     ◆ 第3度

 舌の粘膜の表層から一番深くにある舌の筋肉にまでダメージが届いてしまっている最も重度なやけどです。患部が白くなったり、黒くなることがあります。強い痛みや感覚の麻痺を起こすことがあります。

<舌のやけどは味覚も落ちる>

舌には味覚を司る「味蕾(みらい)」という組織があります。塩味・甘味・苦味・酸味・うま味はこの味蕾によって脳に伝わっています。

舌をやけどしてしまうと表面の粘膜と同時にこの味蕾という器官もダメージを受けるので味覚がうまく機能しなくなってしまうのです。

子どもにとっては痛みも感じながら、おいしさもいつもより感じにくい状態になってしまうわけですから、食欲不振に繋がることがあります。


知っていて安心のホームケア

舌のやけどに対する家庭での処置は第1度程度のやけどに対して行います。第2度以上については次項で説明しますが病院で診てもらうようにしましょう。

<やけどの基本は患部を冷やすこと>

舌のやけどにも勿論効果があるのですが、全般的にやけどの処置として効果が表れるのは患部を冷やすことです。

患部を冷やすことで痛みが和らぎます。また口の中を清潔にすることでやけど(損傷)部分からの感染を防ぐことが大切です。

<具体的なホームケア>
  1. まずはすぐに冷たい水で口をゆすぎます。

  2. 口をすすいだ後で患部の周りに食べ物のカスや汚れがないか確認します。もし患部に何か付いていたら取り除きましょう。

  3. 小さい氷嚢や、子どもの場合にはアイスなどで舌のやけど部分を十分に冷やします。

  4. 患部を冷やして様子をみます。痛みが和らがない場合や、膿などができてきた場合には病院へ受診しましょう。

医師の処置が必要なケース

舌のやけどで医師の処置が必要になってくるのは第2度または第3度のやけどを負った場合と、やけどのレベルに関わらず感染症を引き起こしてしまった場合になります。

口内のやけどの場合には、耳鼻咽頭科か歯科に行って診てもらいましょう。

<舌のやけどは治癒が早い>

口内には口内環境を清潔に保つための仕組みが元々できあがっています。抗炎症効果・抗菌効果を持つのが唾液です。口の中は唾液によって患部が自然と殺菌されるので他の部位のやけどに比べて治りやすいのです。

また味覚を司っている味蕾に関しても約2週間で機能が回復して味覚も普段通りに戻っていくとされています。

<病院での治療>

病院での治療もまずは患部を冷やすことが優先されます。その上で強い痛みや炎症が見られる場合には、鎮痛剤や抗炎症剤の投与がされます。

舌は唾液による元々の抗炎症効果、殺菌効果を持っているので基本的には数日から2週間ほどで自然に治癒していきます。ただし深刻なやけどの場合には感染症のリスクを抱えながら完治までに約6週間ほどかかるものもあるので、たかがやけどと軽く考えないようにしたいですね。

<やけどとガン>

ガン細胞は日々体中で発生しており、ほとんどは悪性腫瘍と呼ばれるような恐ろしい細胞に成長する前に身体の免疫機能によって破壊されていきます。

そんなガン細胞は何かしらの刺激を受け続けることで活性化してしまうという研究もあります。

やけどもその刺激の一部ではないかとも考えられているので、やけどをしたからその部分がガン化するわけではないのですが、なるべくやけどはしないように注意をはらいたいですね。


今回のまとめ

舌のやけどの処置と対処法
舌のやけど
知っていて安心のホームケア
医師の処置が必要なケース

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存