子どもの歯肉炎ママのチェックも大切!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

歯茎が赤く腫れて、血が出る 歯肉炎 ですが、子どもでもあるのです。

子どもの時期の歯や歯ぐきの治療が大人になってからも影響があるようです。

それでは、子どもの歯肉炎についてご説明していきましょう。


子どもの歯肉炎ママのチェックも大切!

子どもの歯肉炎とは?

歯肉炎といっても原因などで種類があるのですが、一般的に歯ぐきが赤く腫れ、血が出てくるといったものです。

原因としては、歯の中の衛生状態が悪いといったものになります。

歯磨きなどが不十分で、口の中で歯垢がたまって、細菌(グラム細菌)によって歯ぐきが腫れるといったものが多くの原因とされています。

その他では、歯が生えてくる時に歯ぐきが腫れてくる(特に奥歯が多い)萌出性歯肉炎(ほうしゅつせいしにくえん)というものがあります。

これは歯が生えてくのると治まりますが、生えるまでの間痛みが強い場合は歯科で、痛み止めや抗生剤などが処方されることがあります。

症状は大人と同様です。


子どもの歯肉炎なぜ起こる?

子どもの歯周炎の原因については、歯の中に歯垢がたまり、その原因の為、歯ぐきがプラークの中の細菌の影響で赤く腫れて、歯磨きなどの時に血が出たりするなどがあります。

単純歯肉炎の原因としては口の中の衛生状態が悪いということなのですが、その原因についてはいくつかあると考えられています。

  • 食生活の関係
  • 歯磨き習慣の問題
  • 定期検診の有無

などがあります。

甘いものが好きで、間食が多いと口の中に食べ物残る時間が長くなってきます。

そして歯ブラシなどで力入れすぎて磨くことや歯ブラシの毛先が曲がっているのに使用している為、歯ぐきが傷つきやすく、雑菌が入りやすくなる。

そして、普段から歯のことに関心があるか、ないかで歯肉炎になりにくい環境になるということがあります。

それと、歯並びなどが悪い場合などは普段歯磨きなどにもムラができやすく、食べ物カスが残りやすくなり、歯垢がたまりやすくなるといったこともあります。

歯周炎の原因として、思春期のホルモンによる影響なども関係性がある場合もあります。

小児歯科学会より

※小児の環境要因と歯肉炎に関する研究


子ども歯肉炎の治療とは

子どもに多い単純性歯肉炎の場合は口の中口腔ケアで治ることが多いようです。

歯ぐきについてプラークを取り除くことで次第に歯ぐきが健康的な強さのある歯ぐきになると歯肉炎になりにくくなります。また炎症が強い場合などは消炎鎮痛剤や抗生物質などの処方があるかもしれません。膿がある場合は切って膿を出すこともあるでしょう。

初期の段階では歯と歯ぐきの歯垢を取り除くことと、正しい歯磨きの方法などと日頃の食生活の改善(だらだらと食べず決められた時間で摂る。)などで定期的に歯科受診をすることで治療します。そして、歯肉炎にならない為の予防といったことも行われます。

予防には、日頃から歯の清潔にするころ。そして定期的に歯医者で歯垢を取り除くことで、歯周炎の予防を行います。


おわりに

歯肉炎といえば大人の病気のように思えますが実は、最近は子供の半数近くその症状があるといわれています。

歯ぐきが赤く腫れやすいのは、子どもが歯磨きがきうまくできないことや食生活などいくつか原因が重なって起こることがありますが、小さいうちは親であるママが歯のことを注意することで防ぐことも可能かもしれません。学齢期や思春期などは食生活ホルモンバランスなども影響が大きくなるので、様子を見てあげることは必用かもしれません。

子どもの時期の歯肉炎を予防することで大人の多い歯周病の予防につながるのでママのチェックは忘れずにしたいものですね。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存