歯科矯正の気になる費用どれくらいかかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

気になる歯科矯正の費用どれくらいかかるの?

sikakyousei-hiyou

どんなに健康な子供でも必ず通院するのが 歯科

近年では子供の 歯科矯正 を考えている親御さんも多いそうです。

しかし、歯医者にかかるとなると気になるのが 費用 ですよね。子供の歯科矯正にかかる費用をご紹介します。


歯科矯正の流れ

歯科矯正の流れに沿って費用を計算してみましょう。

<治療の前に>

1.初診

まず、どんな歯の具合でも初診費用が必要となります。病院によって差はありますが、初診費用に数千円~6,000円ほど。もちろん、初診でなければその分費用は安くなります。

2.検査費用

歯の矯正というと、歯だけを治すようなイメージを持つかもしれませんが、顎の骨格や歯の生え方など、レントゲンを撮って検査する必要があります。また、矯正に必要な歯型を取ったりと、様々な検査費用がかかります。この検査費用だけで、25,000~60,000円ほどです。

3.診断料

歯科と言えど、病院ですから、診断料というものが発生します。実際にどのように治療をするかと言った治療方針や、治療期間、費用などの説明を歯科医から直接聞きます。この診断料に約10,000円~ほどかかります。


いざ治療開始!

子供の歯科矯正の場合、大人の場合より安く済むことがほとんどです。

なぜかと言うと、子供の歯科矯正は、永久歯が生えそろう前に治療を開始することで、治療期間が短く済むことがほとんどだからです。

子供の歯科矯正には2種類あり、永久歯が生えそろうまでの小学低学年から中学年までが対象となる“一期治療(骨格矯正)”と、永久歯が生えそろった後から治療を始める“二期治療(歯列矯正)”とがあります。

<一期治療>

一期治療とは、骨格治療とも呼ばれ、主に顎などの骨格に問題がある場合に行われます。受け口や上あごが突出している(出っ歯)などの場合です。

永久歯が生えそろう前は、子供の骨格もまだ柔らかい状態で、骨格矯正がしやすい時です。

また、この時期に矯正しておくことで、永久歯がキレイに生えそろってくれるというメリットもあります。

主にフェイシャルマスクなどを使って骨格を矯正します。治療期間は個人差がありますが、費用は30万~50万円ほどです。

<二期治療>

一期治療でキレイに歯が生えそろわなかった場合や、歯列に問題がある場合行われます。

歯科矯正と言われて私達が思い描くのは、この二期治療です。

主に、ブラケットやワイヤーなどの器具を歯に取り付けて歯並びをキレイにします。

一期治療が終わった後に二期治療を行う場合、40万~60万円ほどかかります。


一度相談してみましょう

上に挙げた費用は、病院や症状によってもちろん差があります。

治療後にメンテナンスを行わなければならない場合もあり、一概に費用を算出することはできません。

もし、お子さんの歯科矯正を考えているのであれば、一度病院を訪れ相談してみるのが良いでしょう。

歯科矯正は多額の治療費がかかりますので、どのように支払っていくか(分割支払いなどが可能か)、治療計画だけでなく、治療費の支払い計画も相談してみましょう。


治療費を支払っておしまいにしない!

おそらく歯科矯正治療を行うと、10万円以上の治療費がかかると思います。

1年間に10万円以上の医療費がかかってしまった場合、確定申告で医療費控除を受けることが出来ます。

これは歯科治療だけに限らず、家族みんなの医療費(ドラッグストアで買った薬も対象になりますよ)を合計して10万円以上になっていれば、いくらか支払った分が戻ってきます。

そのためには、治療中の領収証や明細、レシートなどが必要になるので大切に保管しておきましょうね。

確定申告の時期は毎年2~3月ですが、医療費控除の申請は実は確定申告の時期以外でも出来ます。

過去5年間に遡って申請することもできますので、「数年前の医療費が高かったけど…」という方は、一度税部署に相談してみましょう。


まとめ

歯科矯正の気になる費用どれくらいかかるの?
歯科矯正の流れ
いざ治療開始!
一度相談してみましょう
治療費を支払っておしまいにしない!

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存