長く続く咳の咳喘息は漢方で改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

長い間続く咳について、咳喘息といったものがあります。普通の喘息と似た種類のものですが違います。夜に咳がひどいとぐっすり眠れなくて辛いものです。長い期間薬を使うことが心配という場合は漢方薬で症状改善することもあります。

それでは、咳喘息についてと治療法についてご説明しましょう。


長く続く咳の咳喘息は漢方で改善

咳喘息は普通の喘息とは違う!

咳が長く続くもので考えられる病気といえば、気管支喘息などではないでしょうか。

病院を受診しても、ゼイゼイという喘鳴が確認出来ない場合に「咳喘息」といったものがあります。

 咳喘息とは

  • 3週間以上続く咳がある
  • 痰のからみはない
  • 喉の炎症(腫れ)がある
  • 胸部レントゲンで異常見当たらない

などの場合に咳喘息と診断されます。

原因は不明ですが、治療的には気管支拡張薬(ホクナリンテープ)が有効です。また、ステロイド吸引なども用いられます。

また、服薬としてはキプレスやオノンといた気管支の炎症や期間収縮、アレルギー症状に対応したもの(ロイコトリエン受容体拮抗薬)を処法されることがあります。

風邪の症状に似ているのですが、風邪薬や咳止めでは治りません。

治療して症状がおちついても再発されることがあり、最後まできっちりと治療することで慢性化を防ぐこと重要です。


痰喘息の薬について(漢方薬について)

痰喘息は喘息ではありませんが、慢性化するとステロイド薬も使用されます。(吸引で使用します。)

ステロイドと聞くと副作用など考えてしまうかもしれません。

慢性化になる前に、医師との相談で効果は速効的ではありませんが、ある程度症状が治まっている状態なら、漢方薬を使用して、慢性化を防ぐこと可能です。

漢方は天然由来などで大丈夫と思っていても、他の薬の飲み合わせなどで影響が出る可能性があります。利用したい時は医師に確認の上で利用すると良いでしょう。

薬については、医師で処法できるものもありますので、まず相談してみて下さい。

小さい子供の場合漢方薬は苦みがあるので少し飲み難いので工夫が必要です。

漢方薬の飲み方etc

かかり付けの小児科で喉や鼻水などの時に「漢方薬どうする?」と言ってくれる時があります。昔何度か飲んでみたのですが、現在、小学生で逆に苦いのがイヤで苦みのある粉ものは飲み難いので、漢方薬の処法は遠慮しています。

※現在は、粉の薬でも錠剤があれば錠剤をお願いしています。(充分に飲み込める年齢になった為です。)

基本的に、苦みのある薬はヨーグルトやババナをつぶしたもの、アイスクリームなどが良いとされています。

漢方薬ですが、大抵苦みが強く、苦みがチョコに似た感じなのでチョコレートの味がまだちょっとごまかせるような感じがします。チョコ味のアイスクリームが良かったようです。

*市販でお薬をのむゼリーでチョコ味があるので試しても良いかもしれませんね。


喉の炎症や痰切りの漢方薬について

喉の炎症や痰切り、鼻水などの症状に効果がある漢方薬があります。

生薬をいくつか組み合わせて、症状にあった総合漢方薬のようか感じであります。

代表的ないくつかがありますのでご紹介します。

一般の薬局、インターネットで購入することは可能です。

病院でも処法で出してもらうことも可能ですが、かかりつけ医師との相談となると思われます。

できるようであれば医師の相談で処法してもらうほうが安心かもしれません。

また、医師で漢方薬を処方する場合は健康保険適応(3割負担)が一般的ですが、自由診療での処法といった場合は全額自己負担となります。

小青竜湯

(しょうせいりゅうとう)→くしゃみや水気のある鼻水が出る時に使用されます。8種類の製薬が

配合されたものです。

気管支炎、気管支喘息、鼻風邪、アレルギー性鼻炎、などの症状に良いとされています。

麻杏甘石湯

(まきょうかんせきとう)→ゼイゼイと息が苦しい時やせき込む時に使用されます。4種の生薬

から配合されたものです。喘息によく使用さされる薬です。

せき、小児喘息、気管支喘息、気管支炎、などに良いとされています

苓甘姜味辛夏仁湯

(りょうかんきょうみしんげにんとう)→冷え症や弱い水様の痰が長引く時や、咳の時に使用さ

れます。7種の生薬から配合されたものです。

気管支炎や気管支喘息に良いとされています。

麦門冬湯

(ばくもんとうとう)→喉に乾燥したイガイガ感があり、強い咳こみ、痰切れが悪い時に使用されます。6種の生薬から配合されたものです。

から咳、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、かすれ声に良いとされています。‘

小青竜湯が急性期の症状に使用される機会が多く、苓甘姜味辛夏仁湯は慢性的な場合に利

用されることが多いとされています。


おわりに

咳喘息という喘息の前のような状態で症状が長く続かないように、体調を整えて予防することが大切です。

その為に自然な生薬ベースの漢方薬を使って症状軽減と体質の改善ができるのがいいですね。

ただし、お薬の苦みが強いので飲む工夫は必要となるので、子供にあった飲み方が見つけることがポイントかもしれませんね、

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存