大人のりんご病はとにかく辛い!親御さんは要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

大人のりんご病はとにかく辛い!子どもがかかったら、親御さんは要注意!

rinngobyou-otona

頬に発疹が出ることでほっぺが赤くなる「りんご病」。

お子さんをお持ちの親御さんは、耳にする機会があるのではないでしょうか。

子どもの病気と思われがちな「りんご病」ですが、大人 がかかるとなかなか厄介な病気であることをご存知ですか?

今回は、「りんご病」にスポットを当ててお伝えします。


りんご病とは?

ウイルス感染症の一つで、正式には「伝染性紅斑」と呼ばれるものです。症状の特徴として頬が赤く、りんごのように染まるために、通称として「りんご病」と言われています。

主な症状は、通称の由来ともなっている「紅斑」です。

りんご病を発症すると、両方のほっぺたに蝶のような形の赤らみが見られるようになります。

その後、紅斑は腕・太もも・おしり・お腹に出現。この時の紅斑の形はのこぎり歯状をしていますので、「りんご病かな?」と思ったら、全身を確認してみてください。

りんご病の主な症状はその程度で、紅斑が現れる前に微熱や鼻詰まり、咳など、いわゆる風邪のような症状がみられるくらいです。

ごく稀に脳症などの合併症が報告されていますが、全体としては、さほどの心配はいりません。

しかも、感染力があるのは、発症前の約10~20日の潜伏期間というのですから、集団生活をおくる子どもたちが事前に感染を予防するのは、大変難しい病気と言えます。


りんご病=子どもの病気、じゃありません!

りんご病を引き起こす「ヒトパルボウイルスB19型」ウイルスは、成人するまでに半数以上の人が免疫を獲得していると言われています。

しかし、この免疫を持たないまま大人になった方が「りんご病」に感染してしまうと、子どもの時分のように楽では済まされない症状に見舞われてしまいます。

大人が感染した時に見られる症状とは?

・38度以上高熱が3日程

・吐き気やめまい

・起き上がれないほどの倦怠感(だるさ)

・腕や太ももにみられる帯状の湿疹(痒みがある)

・ひどい関節痛と手足のむくみ

などの症状が見られ、約1カ月間続きます。

りんご病の特徴である頬の赤みは、大人の場合は出にくく、一見「風疹」と間違われる事もあるそうです。

かなりしんどい状態が長期間続きますので、メンタルへの負担も相当です。

りんご病には残念ながら特効薬がありませんが、痒みや関節の痛みに対しては対処療法として投薬がありますので、医師に相談しましょう。


妊婦さんは、りんご病に要注意!

大人になってからのりんご病は大変だとお伝えしましたが、特に妊婦さんは要注意!

母体がりんご病にかかってしまった場合、胎盤を通して胎児が感染し、流産や死産してしまう可能性が10%ほどあると言われています。

特に20週未満の時期は確率が高いですので注意が必要です。

二人目妊娠中のお母さんで、上のお子さんが保育園や幼稚園、学校などの集団生活を送っている場合は、「りんご病が流行っていないか?」「上の子が体調を崩していないか?」など、りんご病流行の兆しがないかチェックしましょう。

とはいえ、りんご病が感染力を保持している間に気付くのは至難の業。

心配ならば、自身が「りんご病」への免疫を持っているか確認しましょう。

過去に感染した経験があるか親に聞いてみたり、検査でも知ることができるので、医師に相談してみましょう。


一番の予防は身体の「免疫力」アップ

りんご病はさほど感染力の高くないウイルスですので、自分自身の免疫力をあげておくことが一番の予防法になります。

規則出しい睡眠・食事・適度な運動はもちろん、ストレスをためないようにしたり、腸内環境を整えておくことも免疫力アップにつながります。

手洗い・うがいの徹底と妊娠初期にはマスクの着用など、基本的な予防法と合わせて、ウイルスに感染しないように努めましょう。


まとめ

大人のりんご病はとにかく辛い!親御さんは要注意!
りんご病とは?
りんご病=子どもの病気、じゃありません!
妊婦さんは、りんご病に要注意!
一番の予防は身体の「免疫力」アップ

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存