りんご病に注意!妊婦の感染予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ringobyou-ninnpu

幼児期に発症しやすい りんご病 。正式な名前を伝染性紅班(でんせんせいこうはん)と呼びますが、これは幼児期だけにかかる病気ではないのです。

大人のりんご病について、特に 妊婦 さんに感染した場合に焦点を当てて詳しく説明していきます。


大人のりんご病

りんご病は「ヒトパルボウイルスB19型」という病原菌によって引き起こされる感染症の一つで正式には「伝染性紅班」と呼びます。医師の診断では伝染性紅班よりも周知されているりんご病と診断されるケースが多いようです。

大人のりんご病感染は稀なのであまり聞いたことのある人はいないのではないでしょうか。その理由は子どもの頃にかかっていたり、症状が出ないままに感染していた場合の不顕性感染をしていたことによる抗体の獲得が大きな理由と言えます。不顕性感染を含めた場合には成人頃には約半分の人がりんご病の抗体を獲得しているようです。

その為に抗体を獲得していない人も存在するので、抗体がない人がりんご病に感染した子どもに接触することで大人になってから感染するというケースも出てきます。

<症状>

発熱

・頬の紅班(かゆみを伴う頬の赤い腫れ)

・関節痛(子どもには少ない症状)

・手足や胴体のレース様、網目様の紅班

など

<感染経路>

主に咳やくしゃみ、呼気による飛まつ感染によって感染していきます。稀に妊婦が感染すると胎児へと感染する母子感染が起こることもあります。後述しますが特に妊娠初期の感染は胎児死亡の可能性が高くなってしまうので注意が必要な感染症の一つです。


妊娠初期は要注意

伝染性紅班は幼児期に多いことと共に、妊婦のかかってはいけない病気としても知られています。妊娠初期に伝染性紅班にかかってしまうと、胎児水腫という赤ちゃんの身体に水が溜まってしまう病気になります。これはまだはっきりとした原因が分かっていないのですが、皮膚に水が溜まり腫れてしまったり、内臓に水が溜まって臓器不全を起こすなど重篤化することがあります。死産や流産というケースも少なくありません。

この病気の怖いところは感染が拡大しやすい時期には風邪の様な症状のみに収まり(発熱さえ無い場合も少なくありません)、紅班が見られる頃にはすでに感染拡大をしてしまっている所にあります。

感染力自体は比較的弱いのですが気付かずに感染をしている場合があることを十分に理解しておく必要性があります。

母体への感染は定期的な妊婦検診の血液検査によって判明しますが、胎児への感染を検査するには専門の検査を行う必要が出てきます。また感染後には死産や流産、エコー検査での胎児水腫の発見などによって感染が判明することが多いとされています。

<予防法は手洗いうがいの励行>

紅班の症状が周りで見られてからでは既に予防はできません。なので普段からいかに手洗いうがいやバランスのよい食事、十分で適度な運動や睡眠を心がけているかで決まります。妊婦さんの場合にはただの風邪でも退治への影響がありますから、やはりいつでも感染症のリスクがあるということを認識して生活をする必要があるでしょう。


もしも感染してしまったら

妊娠初期に感染してしまった場合には胎児水腫などにより死産、流産の可能性が高くなります。勿論無事に産まれてくる可能性もありますが退治死亡の確率のほうが現段階では高いようです。

では妊娠後期の場合には、具体的には胎内での発達がほぼ完了する33週目以降であれば人口早産によって出産し、体外での治療という選択肢が出てきます。

しかし33週目以前に感染し発症すると胎児の各組織の発達を阻害することによって周期によって部位が変わりますが、臓器不全や心筋の疾患なども起こり得ます。また奇形児となることも発表されていますが、そのほとんどは死産後に判明するものだと言われています。

ただし、感染した場合にも不顕性のものも認められますし、胎児水腫が自然治癒するケースもあります。感染をしない努力をして、感染してしまったと判明しても希望を捨てずに赤ちゃんの生命力を信じてあげたいですね。


今回のまとめ

りんご病に注意!妊婦の感染予防
大人のりんご病
妊娠初期は要注意
もしも感染してしまったら

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存