りんご病は下痢を引き起こす?家庭での対応は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ringobyou-geri

りんご病 は 下痢 を引き起こす場合もあり、子供が感染する事もあります。

保護者の方としては、どのような病気か気になるのではと思いました。

ここではりんご病がどのような病気かに加えて、

感染した場合の食事や家での過ごし方、予防する方法を説明します。


りんご病とは?

りんご病は正式な名前は伝染性紅斑と言います。

何故、りんご病と呼ばれるようになったかと言うと、

子供等に感染すると頬が赤くなったりする事が由来とされています。

ヒトパルボウイルスB19に感染する事によって、りんご病となります。

一般的にりんご病になった時には、対症療法を行う事になります。

感染経路としては、接触感染や飛沫感染、母子感染等が挙げられます。

飛沫感染は、感染している人等の鼻水やくしゃみ等によります。

接触感染は、菌等が付着した食器や手すり等に触ってしまう事によります。

ちなみに、りんご病の患者は5歳から9歳位が一番多いとされています。

また、りんご病には潜伏期間が大体10から20日前後あります。

そうして、発症すると咳やくしゃみ等の症状が出ます。

更に発症してから10日前後の日数が経過すると発疹が出るようになります。

大人がりんご病になった際には、発疹が3週間前後現れるケースもあります。

ちなみに、大人の場合はりんご病になっても頬が赤くならなかったりする場合があります。

この他にも、症状として関節に痛みを感じたり、倦怠感を覚えたり等が挙げられます。

また、手や足に発疹が現れたりするケースがあります。

加えて、妊婦もりんご病になる場合があります。

この場合は、胎児水腫や流産等を引き起こす可能性があります。

特に妊婦の方はりんご病に感染しない様に充分注意する事が大事であると言えます。


りんご病になった場合の家での過ごし方

家での過ごし方としては、睡眠時間をきちんと取る事が大切だとされています。

子供が漫画に夢中で夜遅くまで起きていた等と言う事にならない様に保護者の方は気を付けてあげると良いと思います。

発疹がある際に、お風呂に入っても構わないようです。

しかし、お風呂に入る時は時間を短く抑えます。

湯船の温度もあまり熱くしない方が良いとされています。

子供がお風呂に入った際に、発疹を引っ掻いてしまわないように注意をした方が良いです。

また、りんご病になった際の食事に関してですが通常通りで良いと言う説もあります。

しかし、子供の体調の事を考えるとお腹に優しい物が良いと思います。

他には、余りきつい運動も控えた方がいいです。

更に、病院で診察を受けた方が良い状態もあるので紹介します。

保護者の方は、りんご病に子供が感染した際等はチェックした方が無難です。

高熱になった場合や生気がなくなった時、かゆみが酷くなったケース等が挙げられます。

加えて、家族の中でりんご病が感染をしない様に注意する事も大事です。

りんご病が家族の間で広まってしまった等と言う事にならない様にしましょう。


りんご病の予防する方法

まず、手洗いをきちんと行う事が大事になります。

大雑把に手洗いをするのではなく、

石鹸を使用して隅々まで注意深く洗うと良いとされています。

また、充分泡立てて石鹸を使用するのも大切と言う説があります。

保護者の方は、子供がどんな手洗いを行っているのかチェックすると良いと思います。

加えて、手洗いだけではなく、うがいも行うようにします。

また、マスクをする事も方法として挙げられます。

りんご病は飛沫感染をするのでそれを防ぐ為にもマスクをします。

更に、りんご病に掛かっている人には近寄らないように気を付けます。

他には、免疫力を向上させる事等も予防する為には良いと言われています。

ちなみに、りんご病のワクチンはないとされています。


まとめ

りんご病は下痢を引き起こす?家庭での対応は?
りんご病とは?
りんご病になった場合の家での過ごし方
りんご病の予防する方法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存