りんご病(伝染性紅班)とは?感染するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ringobyou

お子さんを持っていらっしゃる方なら一度は耳にした事のある「りんご病」。正式な名前を「伝染性紅班」と言うのですが、この深くは知られていない幼児期に好発する感染症について詳しく書いていきます。


りんご病とは

りんご病「伝染性紅班」は「ヒトパルボウイルスB19型」というウイルスが病原となる感染症の一つです。よく保育園などで話題に上がるおたふく風邪やヘルパンギーナ、手足口病のような感染症とは違ってあまり感染力は強くありません。

時として集団感染になることもありますが、感染症の中では比較的多くは見られません。

<症状>

症状はまず最初に発熱があります(発熱がない場合もあります)。伝染性紅班はりんごの様に両の頬が真っ赤に腫れる(これを紅班と呼びます)ことから、りんご病と呼ばれます。

この紅班はかゆみを伴うのでそれがきっかけで感染に気付くこともあるでしょう。

しかし子どもの頬は元々赤みがかっていたりするのでかゆみが少なかったり、子どもがかゆみがあることを伝えない場合には頬の紅班によって受診をすることが少なくなるようです。

受診をする時には発熱が続いた場合や、頬だけでなく身体にもレース様の紅班が見られたことで異変に気付くことが多いようです。以下りんご病に見られやすい症状です。

・頬の赤い腫れ(紅班)

・発熱(微熱から39℃ほどの高熱まで様々)

・手足や胴にできるレース様、網目様の紅班

・関節の痛み


りんご病の感染

先にも書いたように感染力は比較的弱いものになっていて、感染経路(どこから感染してしまうのか)は飛まつ感染が主とされています。

紅班が見られる1週間ほど前に発熱が見られやすいのですが、この時が最もウイルスが増殖している時期であり、ただの風邪と思い込んで感染させてしまうことが多くあります。

稀に母子感染が見られ、妊娠初期に妊婦がりんご病にかかると死産や流産のリスクが高まります。

<飛まつ感染とは>

咳やくしゃみ、呼吸によってウイルスを含んだ体液の粒子が他の人の粘膜に到達することで感染を起こします。

飛まつ感染で知られる主な病気は風邪やインフルエンザです。対策としては人が集まる場所では感染者がしっかりとマスクを着用することが重要です。

また感染者も周りの人も細かな手洗いうがいをすることを徹底しましょう。

<感染する時期と通園許可>

りんご病の感染はほぼ止めることはできません。何故なら、りんご病に見られる症状が出た時にはすでに感染が始まってしまっているからです。感染力が強くはないとはいえ潜伏期間も長いので感染がわかった場合は保育園に通うには施設側の許可や医師の指示に従ってください。

りんご病の感染はりんご病の代表的な紅班が見られる前に起こっています。感染した後10から20日ほどで発症します。発症すると微熱や発熱が見られ、後に紅班が見られるようになり、紅班は出たり消えたりを繰り返しながら1週間から長くて3週間ほど続くこともあるようです。

りんご病は成人になると半分程度の人が抗体を獲得しているとされています。

りんご病になっていないのに抗体を持っている場合には、その多くは感染はしたものの症状が現れなかった不顕性感染であることがあります。


りんご病の治療と対処法

りんご病自体は感染力も弱く、症状もそれほど重症化しないのですが同じような症状が出る「溶連菌感染症」と勘違いされやすいので症状が見られたら受診は必ずするようにしましょう。

溶連菌感染症を放っておくと急性腎炎やアレルギー性紫斑病などの重篤な合併症を引き起こすことがあります。

<感染対策は手洗いうがいのみ>

感染への対策としては流行はじめた時や、クラスに紅班が出た子どもがいたらもう感染してしまっているので、日ごろからの手洗いうがいの励行に尽きます。

<りんご病の治療>

基本的には対処療法をしながらの自然治癒という形になります。かゆみが強い場合には抗ヒスタミン剤、大人に多いのですが関節痛が見られる場合には鎮痛剤が処方されることがあります。

食事や入浴、運動などの制限も特にはありません。あまり激しい運動や長時間の入浴をするとかゆみが強くなることがあるので適度になるように様子を見ましょう。


今回のまとめ

りんご病(伝染性紅班)の症状は?
りんご病とは
りんご病の感染
りんご病の治療と対処法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存