なぜ繰り返す?子どもの尿路感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

なぜ繰り返す?子どもの尿路感染症

nyourokannsennsyou

尿道に細菌が繁殖して起こる 尿路感染症

一度尿路感染症になると、それで終わりではなく、繰り返す 子供も見受けられます。

なぜ繰り返すのでしょうか?その仕組みから考えてみました。


尿路感染症とは

尿が作られ体外に出るまでの通り道のことを尿路と言います。

腎臓、腎盂、尿管、膀胱、尿道のどこかの部分に大腸菌などの細菌やウイルスが感染して炎症を起こす病気のことを尿路感染症と言います。

2歳ごろまではその差は少ないものの、大きくなると尿道の長さが短い女の子のほうが、男の子に比べて感染症が起きやすいと言われています。

この細菌の感染が膀胱で起こると膀胱炎、さらに膀胱から腎臓まで拡大すると腎盂炎(じんうえん)を起こします。


主な症状は

尿路感染症になるとその症状は年齢によって少しずつ違ってきます。

赤ちゃんの場合は38.5度以上の発熱が起こり、機嫌が悪くぐずぐずと泣くことが多いでしょう。

幼児になると普段トイレは失敗しないのに、パンツを濡らしてしまったり、おしっこのが時に痛がったり、いつもより臭いの強いおしっこが出ることがあります。

また自分の症状を上手く説明できない幼児の場合には、お腹や背中の痛みを訴えたり、感染が腎盂にまで進んで腎盂炎になり、高熱を出して初めて診断が下ることもあります。

赤ちゃんが風邪でも無いのに高熱を出すことを繰り返す場合、尿路感染症が疑われます。

小学生以上になると、トイレで排尿のの時に痛みがあると訴えたり、血尿がみられる場合もあります。

また頻尿になるために尿路感染症に気づきやすくなります。


なぜ繰り返すの?

尿路感染症は一度治療して治ったと思っても、短期間でまたすぐ感染することがあります。

それは尿道、膀胱、尿管、など尿路感染症をを引き起こしやすい部分には細菌が発生しやすく、外陰部が清潔に保たれていないとまたすぐに感染してしまうからです。

また、発熱を伴うことから、感染した当初は風邪を疑う場合もあり、治療が遅れることもあります。

過去に尿路感染症になっていたのならば、再感染の可能性を考え、尿検査を受けられる病院に行くことをお勧めします。


尿路感染症にならないために、再発防止のために出来ること

尿路感染症にかかっているかどうかは、尿検査によって尿の中の白血球増加が確認できた時と、細菌感染の場合は大量の細菌を確認することで診断されます。

たいていの場合、抗菌薬を服薬すれば24時間以内に症状が落ち着いてくると言われています。

日常生活の中で尿路感染症にならないように、また一度感染した子どもが再発しないようにに気をつけなければならないことは、赤ちゃんの場合はおむつを清潔に保ち、おむつ替えの時に便が外陰部に入らないよう気をつけることです。

もし外陰部に付いてしまったら、濡れたティッシュなどで丁寧に拭いたり、お風呂で洗うことも必要です。

幼児期以降の女の子は、便をふく時に外陰部に便がつかないようにふくことを教えてあげてください。

またおしっこを我慢しすぎると、膀胱炎になる可能性もあるので、我慢せずこまめにトイレに行くようにしましょう。

さらに、便秘をすると腸内で細菌が繁殖しやすくなり、尿路感染症の原因である大腸菌も増えます。

するとますます尿路感染症ににかかりやすくなるので、食物繊維を沢山含んだ食べ物をとり、便秘にならないように気をつけましょう。

また尿路感染症を繰り返すと腎臓の機能障害が起こり、慢性腎炎となる場合もあるので再発を予防することがとても重要です。

そのために症状が改善されてもしばらくは定期的通院して尿検査を続けましょう。

女の子の場合は、大便の際に外陰部を汚さない、排尿の時にきちんと拭けているかなど排便排尿の習慣がきちんとできているか確認することも大切です。


まとめ

なぜ繰り返す?子どもの尿路感染症
尿路感染症とは
主な症状は
なぜ繰り返すの?
尿路感染症にならないために、再発防止のために出来ること

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存