熱も無いのに下痢や嘔吐?乳幼児嘔吐下痢症について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

熱も無いのに下痢や嘔吐!乳幼児嘔吐下痢症について

outogerisyou

熱もなく、数時間前まで元気に遊んでいた子供が突然吐いたり下したりすることで始まる 嘔吐下痢症。理由がわからないので親も心配になってしまいますね。

冷静に対処できれば大丈夫。

慌てずに子供の様子を観察して早めの処置ができると安心です。


嘔吐下痢症にかかったら

吐く・下すには、必ず理由が存在しています。訳もなく吐いたり下したりすることはありえません。

でも、ある時突然吐いたり下したりすることがある乳幼児の嘔吐下痢症では、驚いて慌ててしまうばかりで理由が思い当たらないことがあります。

主な原因としては、冬場に良く発生するノロウイルスなどのウイルス性感染による嘔吐下痢症が多いです。

何らかのウイルスが身体の中に入り込んで、そのウイルスが悪さをして吐いたり下したりします。

熱も微熱くらいで、インフルエンザのような高熱が出ることはあまりありませんので、吐いて下しての症状が突然現れることで発覚することが多いです。

他には、身体に合わない食べ物が入り込んで起こる嘔吐下痢症です。

アレルギー物質だったり、身体が弱っていて消化がうまく行われていない時に、身体に合わない物が入ったりすると起こることがあります。

乳幼児の場合、身体が小さく、消化・吸収の働きも十分ではなく、成長過程であるため、大人の食べ物(辛い物・塩分や糖分が多すぎるものなど)は身体にとって負担がかかることがあります。

アレルギーとは違い、成長して大人になっていくにつれて段々受け付けるようになっていきますが、こればかりは、食べた後の結果論で判断するしかありません。

いずれにしても、急に吐いたり下したりした時には原因までわからないことがほとんどですが、気を付けてほしいことが一つあります。

嘔吐物・排泄物の処理の仕方』です。

ウイルス性で起こっている嘔吐下痢症の場合、身体の外にウイルスを追い出そうとして起こっている症状なので、当然ながら、吐いた物や下痢便の中にウイルスが混ざり込んでいます。

急に吐いたり下したりした時に、その片づけを慌てて素手で片づけたりすると、片づけた人がウイルスに感染してしまうことになるのです。

ですから、急な時でも慌てずに、手袋・マスクをして、飛び散らないように排泄物をまとめてビニール袋などに入れて、キッチンハイターなど塩素系の物を振りかけて、口をしっかりと結んで廃棄します。

これができていれば、原因がはっきりしない時でも、次の感染者を増やす心配がなくなります。

衣服が汚れてしまった時も、他の洗濯物とは一緒にしないで、変色しない程度にハイター漬けをしてから洗濯するといいでしょう。


元気でも病院へ

嘔吐下痢症の場合、吐いて下してが続くので、小さな子供の場合すぐに脱水症状になってしまう危険があります。

焦って飲まず食わずではいけない…と思い、お茶やお水などを脱水防止のために与えてしまうことがありますが、これは更なる嘔吐・下痢を起こす原因になってしまいますので、無理に飲ませようとしないでください。

熱が高くなくても、吐く・下すが続く時には必ず病院を受診させてください。

小さな子供に注射や点滴は可愛そうな気がしますが、具合が悪い時には、消化とは別のルートで栄養を摂ることが必要ですし、その方が身体にとって負担が少なくなります。

先にも書いた通り、ウイルス性の場合、吐いた物や便の中にウイルスが混ざって出てくるので、保育園などの大勢が集まる場所や外出は極力避けてほしいです。

目に見えない形で他の人移してしまう可能性が高いからです。


入浴はした方がいい?いけない?

吐いたり下したりが続くと、どうしても身体が汚れてしまうことが多いです。

きれいに洗い流してあげたいところですが、入浴は、弱った身体にはかなりの負担がかかる行為なので、少しずつでも口から飲んだり食べたりができるようになるまでは避けた方が無難です。

こまめに着替えをさせてあげたり、身体を拭いてあげたりして入浴とは別の方法できれいにしてあげるといいでしょう。

下痢が続くと、お尻のまわりが赤くただれてしまったりすることがあります。

そんな時は、お尻だけぬるま湯で洗ってあげたりする方法もあります。

体力消耗を最小限に抑えて、一日も早く元気に遊びまわれるようにしてあげましょうね。


まとめ

熱も無いのに下痢や嘔吐!乳幼児嘔吐下痢症について
嘔吐下痢症にかかったら
元気でも病院へ
入浴はした方がいい?いけない?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存