見られたくない!おでこのニキビをなんとかしたい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

見られたくない!おでこニキビをなんとかしたい!!

odeko-nikibi

思春期の悩みのひとつである、ニキビ。特に おでこ は思春期ニキビが出来やすいところですよね。

人の視線が気になって俯きがちになってしまうことも。

正しいケアでイヤなニキビを撃退しましょう!


なぜおでこに出来やすいの?

ニキビは様々な部位にできますが、中高生の時期は鼻やおでこといったいわゆるTゾーンにできやすいのが特徴です。

しかし、実は大人になるとおでこにはできにくくなります。

それは成長期ならではの、皮脂の過剰分泌が関係しています。

Tゾーンは皮脂腺が多く、特にあぶらっぽくなりがちな部位です。


ニキビを悪化させる原因

おでこにニキビがあると人の視線が気になって、前髪で隠してしまったりしていませんか?

気になってつい触ってしまったり、前髪で必死に隠したり、こんな行為がニキビを治りづらく悪化させる原因になっています。

髪の毛は私たちが思っている以上に汚れています。

埃や雑菌がおでこに触れることで、ニキビがひどくなってしまいます。

また、整髪料がおでこについてしまうのもニキビを悪化させてしまう原因の一つです。

ニキビが出来づらい肌を手に入れるには、まず何よりも清潔な肌を保つことが一番です。


正しいケア方法は?

清潔に保つことが大切だからといって、洗顔のしすぎはよくありません。

もちろん、肌を清潔に保つ上で、適切な洗顔は大切です。

しかし、洗顔によって顔の皮脂が奪われすぎてしまうと、肌は乾燥しないようにと余計に皮脂を分泌してしまいます。

これでは悪循環に陥ってしまいます。

洗顔は朝と、夜の二回で十分です。日中、おでこや鼻が脂でテカって気になる!という場合は、あぶらとり紙などで優しく押さえて、皮脂を取ってあげるとよいでしょう。

また、ニキビができてしまった部分ばかりゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これでは肌を傷つけてしまいかねません。

洗顔の際は洗顔料をしっかりと泡立て、泡で優しく洗うように心がけましょう。

洗顔自体も重要なのですが、洗顔後の保湿を怠ってしまうとせっかくの洗顔が台無しです。

洗顔で皮脂や汚れをきれいに落としたら、肌が乾燥してしまわないように化粧水などでしっかりと保湿をしましょう。

肌が十分な水分を保っていると、肌を守ろうと分泌していた皮脂も過剰には出てこなくなります。

また、上でも紹介したように、髪の毛を清潔に保つことも重要です。

ワックスなどの整髪料はきれいに洗い流しきれていないことがあります。

顔だけでなく髪の毛も、毎日きれいに汚れを落としてあげることが大切です。


ニキビは病気!?

ニキビは実は皮膚科での治療ができる、立派な病気です。もちろん保険もききますので、自分のケアだけではどうしようもない、と思ったら迷わず皮膚科を受診することをお勧めします。

ニキビにも様々な種類があり、ニキビの種類によって処方される薬は違いますが、主に雑菌をやっつけてくれる抗菌外用薬などの塗り薬が処方されます。

処方薬ですので、ドラッグストアや通販などで売っている薬を試すより、安価で安心して使用できると思います。

また、抗菌薬だけでなく、保湿を助けてくれるローションやクリームなども処方してもらえます。

医師に相談し、自分に合った薬を処方してもらいましょう。症状がひどい場合は抗生物質などの内服薬が処方される場合があります。

飲み薬で、胃が荒れてしまうこともありますので、薬が合わないと思ったらきちんと医師に伝えましょう。

いかがでしたか?思春期にニキビができてしまうのは仕方のないこと。

悩んでストレスを抱えてしまっては、肌の状態を悪くしてしまうばかりです。

正しいケアを心がけ、ニキビを気にしない生活を送りたいですよね!

ニキビができるのは恥ずかしいことではありません。病院を受診して、適切な治療を受けるのも、選択肢の一つです。

【関連記事】

食生活を考えるニキビが出やすい食べ物と良いとされる食べ物とレシピ

にきび予防は刺激の少ない洗顔剤で!


まとめ

見られたくない!おでこニキビをなんとかしたい!!
なぜおでこに出来やすいの?
ニキビを悪化させる原因
正しいケア方法は?
ニキビは病気!?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存