乳糖不耐症で下痢に!便の色は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

nyuutoufutaisyou-bennnoiro

下痢や消化不良が続いて発育曲線に記載されているようには体重が増えないと言う赤ちゃんもいることでしょう。

もし長引くようであれば、それは「乳糖不耐症 (にゅうとうふたいしょう)」という症状の可能性も考えられます。乳糖不耐症とは何なのでしょうか?

またそれを判断する 便の色 について調べてみました。

赤ちゃんが母乳やミルクを飲む量が増えていくと、順調に発育しているのだと安心するものですね。

健診の時に母子手帳にある発育曲線と照らし合わせ、子どもの発育がどのくらいなのかが気になる人も多いと思います。


乳糖とは

乳糖とは牛、人などを問わず、哺乳類の乳の中に含まれているもので、ブドウ糖とガラクトースの2つの糖類が統合されて出来た二糖類と呼ばれるものです。

この乳糖は、腸内にあるビフィズス菌の働きを良くし、体を構成するエネルギーとなる役割を行っています。


乳糖不耐症とはどんな病気か

母乳や、粉ミルクや牛乳に含まれる糖質=乳糖は、腸内でブドウ糖と脳糖(ガラクトース、アルドヘキソース)に分解されて、初めて体に吸収されます。

↓商品詳細はこちらから↓

口から入った乳糖を腸内で吸収するには乳糖分解酵素(ラクターゼ)という消化酵素が必要です。

しかし何らかの原因で乳糖分解酵素が上手く働かない場合は、乳糖が十分に分解できず、消化不良や下痢などの状態で腸内に残ってしまうのです。

このことを乳糖不耐症と呼びます。

乳糖不耐症には先天的なものと後天的なものがあります。

先天的なものは腸の中の乳糖分解酵素が生まれつき欠けているために起こるものです。

そのため下痢や消化不良が続くことになります。

これををそのままにしておくと、脱水症状や発育障害を起こす原因になるので、早めに病院を受診しましょう。

後天的なものは、風邪などのウイルスや細菌によって胃や腸が炎症を起こし腸の粘膜がただれたり破れたりして、粉ミルクや牛乳に含まれる乳糖を腸の機能が低下することにより消化吸収する酵素物質が出なくなってしまうというものです。

乳児の場合は風邪によるウイルスや細菌による影響が多いと言われています。

乳糖不耐症のほとんどはこの後天的なもの、つまり急性胃腸炎などの後に起こる二次的な乳糖不耐症なのです。


便に出る症状の現れ方

赤ちゃんの便は普段から大人より緩めなので、下痢を起こしているのかどうかの判断は難しいところがあります。

母乳や粉ミルクを含む乳製品を摂取した後に出る便の場合、たとえ軟らかい便をしていて、便の回数が多いとしても体重が増えて元気にしていれば心配ないでしょう。

先天的な乳糖不耐症が疑われるのは、発育が思ったほど順調ではなく、一日に何度もおむつから漏れてしまいそうな水のような便が出る場合や、母乳や粉ミルクを飲んですぐに酸っぱい匂いのする便をする場合です。

これは先天的に乳糖分解酵素のラクターゼを受け付けられない可能性があります。

これに対して後天的な乳糖不耐症のは、風邪などの細菌やウイルスが原因で下痢が長引き、そのため腸の粘膜がただれたりすることでおこります。

赤ちゃんでは、ウイルス感染による腸炎が引き金となって、この後天的乳糖不耐症になることも多いと言われています。

この場合の便も回数は多いですが、後天性の場合は細菌やウイルスを下痢によって体外に排出する作用もあるので、非常に激しい脱水症状がある場合をのぞいて、整腸剤などを使って治療を行えば完治するそうです。

母子手帳の発育曲線のような増え方が無く、うんちの匂いがおかしい、下痢がいつまでも続くという場合はまず小児科を受診することをおすすめします。

そのときに便のついたおむつを持っていくようにしましょう。

またうんちの出る回数、硬さ、色、におい、それから嘔吐や発熱など口に入れた食べ物、ほかの症状についてもしっかりメモしておいて、医師に相談するようにしましょう。


まとめ

乳糖不耐症で下痢に!便の色は?
乳糖とは
乳糖不耐症とはどんな病気か
便に出る症状の現れ方

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存