ノロウイルス感染症と診断!下痢とおう吐には要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

norouirusu-sindan

突然の下痢に猛烈な吐き気。

しかも感染力が強力な ノロウイルス

このウイルス感染症は、年間を通して見られますが、特に11月から3月の冬場に多発すると言われています。

その原因は何なのでしょうか?

またどのように発症するのでしょうか?

ノロウイルス感染症と 診断 されるまでをまとめてみました。


ノロウイルスの感染症とは

嘔吐と下痢を伴った胃腸炎が主な症状で、秋から春にかけて乳幼児や小学生または高齢者など、集団生活伴う場所で発生が多くみられます。

冬季の嘔吐下痢のウイルスとしては、ノロウィルスとロタウイルスがあります。

嘔吐下痢症には他に細菌性食中毒と呼ばれるサルモネラ菌、赤痢、O-157等の腸管出血性大腸菌感染症がありますが、細菌による感染は夏場に多発し、ウイルスによる感染は冬場に多いのが特徴です。

冬場の食中毒患者の約半数は、ノロウイルスに感染したことが原因と言われています。

ノロウイルスは感染力が極めて高く、保育園、幼稚園、小学校など小児や、高齢者の施設入所者の間で集団発生することが多いのですが、健康な成人でも看病している間や、病院の中で感染することもあり、また入院患者の院内感染も見られます。


ノロウイルスになる原因は

原因はさまざまありますが、大きく分けて以下のような原因のためにノロウイルスに感染したのだろうと考えられます。

ノロウイルスに汚染されている二枚貝を食べたため

(冬場に多く出回る食用の生牡蠣が、冬のノロウイルス感染の大きな原因の一つになっています。牡蠣は生食用と加熱用とに分けられていますが、生で食す場合にはきちんと衛生管理がされていることを見極め、加熱するしないにかかわらず、出来るだけ生食用を選んだ方がよいでしょう)

ノロウイルスに感染している人が触れた食品や、調理したものを食べたため

ノロウイルスを含んだおう吐物や吐しゃ物より空気感染するため


ノロウイルス感染の症状と診断されるのは

このウイルスに感染すると、24~48時間程の潜伏期間を経て、下痢や嘔吐などの感染症を引き起こすと言われています。

かかり始めに微熱が出ることもありますが、たいていの場合いきなりお腹が傷みだして下痢がおこり、続いて強烈な吐き気をもよおします。

免疫力の強い成人なら軽症で収まることもありますが、乳幼児や高齢者、また成人でも体力が低下している場合などは、何度も吐き気や下痢を繰り返し、水のような便が出ることもあります。

この段階で病院に行くと「ノロウイルス感染症」と診断されるでしょう。

なお、ノロウイルス診断キットというものもありますが、保険適用に制限があり、3才以上65才未満の人は実費負担になるため、通常は現在の症状を診察し、家族や集団生活の中での接触した人の感染状況を聞かれて、問診のみでノロウイルスに感染しているか診断されるケースがほとんどです。


ノロウイルスの感染の広がり方

激しい下痢とともに嘔吐を引き起こすのが特徴のノロウイルス感染症ですが、気をつけなくてはならないのは二次感染が多いと言うことです。

もし感染した場合約1日の潜伏期間を過ぎると、急速に体内でウイルスが増加します。

感染した子どもの看病をしていると、子どもの吐しゃ物などを介して二次感染をしてしまうことがあります。

乳幼児などトイレで用が足せない子どものおむつを取り替えたりする場合も、注意が必要です

吐しゃ物のやおむつの始末の際にはマスクをし、手洗いの後消毒もしたほうが感染を防げるでしょう。

また、嘔吐や下痢の症状がある人は、手指を介してウイルスが広がる可能性があるので、食品などを直接触ることが無いよう十分に注意をしてください。


まとめ

ノロウイルス感染症と診断!下痢とおう吐には要注意
ノロウイルスの感染症とは
ノロウイルスになる原因は
ノロウイルス感染の症状と診断されるのは
ノロウイルスの感染の広がり方

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存