つばを飲み込むのも痛い! 喉の痛みがあるときの食べ物は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

nodonoitami-tabemono

喉の痛み でつばを飲み込むのもつらい。大人でも憂うつになってしまいます。まして子供の場合、つばを飲み込むのがつらいほど喉が痛くなったなら、食べ物 がのどを通ることもままならなくなってしまいます。

大人なら栄養のことも考えて、我慢してでも食べることもありますが、子供はそうはいきません。何も食べたくないという反応が返ってきそうです。

つらい喉の痛み。子供にとって、どんなものが食べやすく、また、喉の痛みに良い食べ物はどんなものがあるのでしょうか。


喉が痛い…その原因

喉が痛い、その原因はいろいろあります。風邪だったり、溶連菌感染症や扁桃腺炎などの病気が原因の場合もあります。大声を出し過ぎたり、乾燥などの物理的な原因で喉が痛くなる時もあります。

喉が痛くなる代表的な病気は風邪ですが、風邪で喉が痛くなるのは、風邪のウィルスや菌が喉の粘膜を刺激して炎症を引き起こしていることが原因です。いずれの場合でも、喉に痛みがあるということは、何らかの理由で喉に炎症を起こしているということなのです。


喉が痛い時に食べやすいもの

喉が痛いと食べるのもつらいですね。大人は栄養のことを考えて、飲み込む際の痛みを我慢してでも食べますが、子供に我慢して食べるようにといってもなかなか食べてはくれません。

めっきり食欲が落ちてしまうこともありますが、親としてはなんとか食べさせて、栄養や体力をつけさせ、風邪など、喉の痛みを引き起こしている病気から早く回復させたいと思うものです。

食べたくないのを無理やり食べさせる必要はありませんが、水分だけは取るように心がけましょう。

喉が痛い時に食べやすいものといえば、のど越しの良い、刺激の少ないものです。

すっぱいものや辛いもの、熱すぎるものなどは避けます。

うどんやおかゆ、パン粥、雑炊など、柔らかく煮たものは、子供にも食べやすいです。

お野菜を柔らかくなるまで煮たスープやポタージュなども食べやすいですね。

ゼリー状のものもツルリとして食べやすいですから、プリンやババロア、寒天よせなども子供が喜んで食べてくれそうです。


喉の痛みに効く食べ物は?

喉の痛みは、菌やウィルス、または物理的な刺激によって、喉に炎症が起きた結果です。喉が痛い時には、喉の炎症を抑え、粘膜や免疫力を高める食べ物、殺菌作用のある食べ物をとることが大切です。喉にいい食べ物と言われるものを積極的に取り入れて、早く良くなるようにしてあげてください。

<大根>

大根は、炎症を抑える働きがあり、大根を使って作る「大根あめ」は喉が痛い時にはお勧めです。大根とはちみつを1日漬け込むだけで簡単にできるので作ってみてください。漬け込んで出てきた水分をお湯で割って飲むので、お子さんでも大丈夫です。はちみつは炎症を抑える働きだけではなく、殺菌作用もありますので、大根あめは、喉の痛みに効果的と言えそうです。

大根をおろしにしても、喉にも咳にも効き目があります。しかし、からみがありますので、子供にはなるべく頭の方、葉に近い方を使うようにしましょう。

<蜂蜜>

炎症を抑える働きと殺菌作用があります。そのままでもよいですが、大根と一緒に漬け込んで大根あめを作ったり、殺菌作用のあるレモンと一緒にして飲み物にしたりするとさらに喉に効果的です。ただし、蜂蜜は1歳未満の乳幼児には与えてはいけませんので、気をつけて下さい。

<花梨>

花梨の実は咳や痰、のどの炎症に効くとされています。のど飴にも配合されているぐらいです。生食には適しません。砂糖や蜂蜜につけてそのエキスを飲みます。お子さんの喉が痛くなりやすい、喉が弱いという場合には、あらかじめ用意しておくとよいのでは? 花梨の実を適当な大きさに切り、同じ量の砂糖や蜂蜜で漬けるだけ。約2か月ほどでエキスを飲むことができます。

<その他>

黒豆、レンコン、きんかんなども炎症を抑える働きがあり、喉に良い食べ物とされています。

喉は乾燥にも弱いです。マスクをさせたり加湿器を使うなど、保湿を心がけてあげると、痛みを軽減するだけでなく、喉の痛みの予防にも効果があります。


まとめ

つばを飲み込むのも痛い! 喉の痛みがあるときの食べ物は
喉が痛い…その原因
喉が痛い時に食べやすいもの
喉の痛みに効く食べ物は?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存