喉の痛みから考えられる病気と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

nodonoitami-byouki

子どもは気管が細いので鼻が詰まると口呼吸になりすぐ喉を傷めてしまいがちです。また外気やほこりなどにも過敏に反応してしまいます。

そんなちょっとした刺激が引き金になって病気になってしまう事もありますので今日は 喉の痛み からみる 病気 と対処法を見ていきましょう。


喉の痛みを訴える病気

まずは風邪(風症候群)です。

喉の痛みだけではなく、咳、発熱、悪寒、頭痛、くしゃみ、鼻詰まりなども見られます。ほとんどがウイルス感染が原因です。

ウイルスの種類によっては腹痛や下痢などお腹に症状が出ることもあります。市販の風邪薬でも対応できますが熱が続くような場合下痢が見られる場合は受診した方が良いでしょう。

次に多く見られるのは扁桃炎(扁桃腺炎)です。

症状は強い喉の痛み、39~40℃の高熱、首や顎が腫れる(リンパ腺の炎症)。頭痛などです。

喉を見てみると白いぽつぽつ(口内炎)が見られることがありこれも痛みの原因です。風邪をひいたときも口内炎が見られることもあります。

扁桃炎(扁桃腺炎)の原因はさまざまな細菌に扁桃が感染するためです。この細菌は常在菌ですので子どものうちは発症を繰り返すこともあります。

その他ではインフルエンザに感染した場合も喉の痛みを訴える場合があります。

症状としては発熱、鼻水、咳、喉の痛み。関節の痛みや倦怠感、頭痛や下痢、嘔吐する場合もあります。

インフルエンザが流行している時期は風邪かな?と思っても受診した方が良いでしょう。

インフルエンザのワクチンは当たりはずれもありますし予防接種したからかからないという保証はありません。かかっても軽く済む、程度だと思っていた方が良いでしょう。

しかし感染後の薬は早めの服薬ですと非常に効果があり症状が軽くすみます。


喉の痛みに対する対処法

原因が何であれ子どもが喉を傷めると食欲がなくなったり、機嫌が悪くなったりしますので出来るだけ早く痛みを取り除いてあげたいものです。

のどの痛みを訴えた場合、高熱や下痢といった大きな症状が他にない場合自宅でうがいをこまめにさせるようにしましょう。

喉の痛みの原因は赤く腫れたような炎症の場合と白いぽつぽつとした口内炎が出来ている場合とがあると思いますがどちらも殺菌してやることで治りが早くなります。

イソジン系のうがい薬が効果的ですが独特の風味がありますので苦手なお子さんにはセチルピリジニウム(CPCまたはCPと表記されたものが多い)系のうがい薬の使用をお薦めします。

薬局で売っています。

薄い水色の液体です。うがい薬がない場合、塩水や濃いめの緑茶でのうがいも良いと言われています。

同時に室内の換気と加湿をしてあげましょう。

当然ですが埃を吸い込むと喉の刺激になります。

換気をして新鮮な空気に入れ替えてあげましょう。喉が乾燥すると痛みも強くなりますので加湿も有効です。

また喉が痛い時は食欲もなくなってしまいますが喉越しの良い物を少しずつでも与えるようにしましょう。水分補給も大切です。ゼリーなどは食べやすいと思いますが酸味がない物を選んであげましょう。

あとはぬるめのおかゆや軟らかく煮たおうどんなどから徐々に与えるようにしましょう。

その場合も普段のように味付けをしますとしょうゆや塩分が刺激にもなりますので薄味が鉄則です。

お子さんが病気になったら離乳食を思い出してください。

柔らかく煮て薄味、これが喉にも消化にも優しいのです。喉の痛みで食事がとれない時期はそう長く続くものではありません栄養云々より水分補給に…くらいの気持ちで良いと思います。

あとはあまり知られていないのですが喉を(首を)暖める事です。

ネックウォーマーやマフラー、無ければタオルなどでも代用が可能です。

巻いているだけでだいぶ楽になると思います。(マフラーの毛羽立ちに注意してください)


まとめ

いずれの場合もやはり高熱や下痢、嘔吐などの症状が伴う場合は受診し医師の診断を仰いでください。

喉の弱い子は口呼吸であることが多いです、大きくなれば改善されると思いますがうちの子は喉が弱いな、喉から風邪をひくことが多いな、と感じたら風邪の流行る時期はマスクをさせるようにする。

帰宅後はうがい手洗いを徹底させる。

それでだいぶ感染を防げると思います。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存