気を付けたい屋外での子どもの日射病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

nettyuusyou

外で遊ぶのが大好きな子どもたち。帽子をかぶったり、こまめに水分補給をしたり、屋外での子どもの様子に気を付けているママも多いと思います。

今回は 日射病 の原因や対処法を知ることでより安心して屋外で子どもを見守ることができるように詳しく紹介していきます。


日射病の原因

子どもたちは本当に外で遊ぶのが好きです。走り回ったり、遊具で遊んだり、友だちとスポーツを楽しむこともあるでしょう。

元気に外で遊ぶ姿は見守る親の立場からすれば微笑ましく思う半面で、日射病をはじめとする熱中症など心配事もあります。

日射病はその名前の通りに屋外などで強い「日差し」を受け体温が急激に上がることで体に異常をきたします。

強い日差しにより体温が急上昇すると、体内では熱を下げるために血液を全身の末端まで届けようとします。

この時、内臓から血液を末端へと回すことにより内臓の機能が一時的に弱くなります。

また発汗し体内の水分と汗に含まれる塩分(塩化ナトリウム)が不足します。この状態が続くことで様々な症状が出てくるのです。

予防について

予防策としては直射日光を受けないように帽子をかぶったり、こまめな休憩と十分な水分の補給、必要な塩分の摂取があげられます。

大人は意識的にこれらを気を付けることができると思いますが、子ども達は遊びに夢中で忘れてしまうこともあるでしょう。

小学生くらいの子どもであればこうした予防を自分でできるように、しっかりと説明をして屋外で遊ぶ時には注意するように促しましょう。

もっと小さい子どもであればやはり親が注意深く見守る必要があります。

子どもの様子を見ながらこまめに水分補給(塩分も含まれるドリンクが良い)や休憩などを取れるようにしましょう。

遊びに夢中になり帽子が取れたりしたら、帽子をかぶるよう促したり、かぶせてあげるようにします。


日射病の症状と対処法

日射病になるとどんな症状が出るのか、またそうした症状が出た時の対応などを詳しく紹介します。

日射病の症状

・吐き気やめまい

・心拍数の上昇

・呼吸が浅く早くなる

・体がぐったりする

・多量の発汗

・顔のほてり

日射病かもと思った時の対処法

子どもが屋外で日射病になった時には速やかに以下のような対処をしましょう。

  • まずは木陰など日差しを避けることができて涼しい場所に移動させます。
  • 血液の循環が悪くなっているので、ベンチなどに寝かせて十分な水分と塩分の補給をします。
  • この時に頭よりも足の位置が高くなるように足をあげると血液の循環がよくなります。
  • 日射病など熱中症では体温を下げることが大事になるので、アイスノンや氷袋などで体温が下がるようにしてあげます。
  • もし氷などが近くになければタオルを濡らしたものでも構いません。
  • 発熱時などもそうですが体温を下げたいときには太い血管が近くにある部分を冷やすと効率よく体温を下げることができます。
  • 首の後ろや脇の下、股(足)の付け根などを冷やすといいでしょう。

こうした対処をしながら様子を見ます。ほとんどの場合はゆっくりと休憩を取ることで回復します。ですが、しばらく様子を見ても一向に症状が改善されない時や、高熱、意識が低くなるなどの症状が見られた場合にはすぐに病院で診てもらう必要があるので注意が必要です。

日射病は脱水症状などがおこり重篤化すると内臓の機能不全や最悪の場合には死に至るケースもなくはありません。

もし日射病になってしまったら冷静にこれらの対処をして、必要があれば病院に行くようにしましょう。


日射病は熱中症の一つ

夏場のニュースで時おり、母親が目を離している間に乳幼児が車内などで熱中症になり死亡した事件などを耳にします。

この熱中症、日射病や熱射病などと混同しがちですが、正確には熱中症とは「日射病」、「熱けいれん」、「熱疲労」、「熱射病」の総称を意味しています。ということはこの4つの病気は同時に危険が迫っているといえます

直射日光だけを気を付けていれば夏場も安心ということではないのです。とはいえこれらの予防法つまり熱中症の予防法というのは日射病の予防として紹介したものと変わりはありません。

こまめな水分補給と塩分を摂取すること、休憩をはさみながら遊ぶことを意識して見守るようにしましょう。


まとめ

気を付けたい屋外での子どもの日射病
日射病の原因
日射病の症状と対処法
日射病は熱中症の一つ

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存