大人になっても残ってしまう「にきび跡」を作らせないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

大人になっても残ってしまう「にきび跡」を作らせないために

nikibiato

思春期を迎える子どもたちの身体にはたくさんの変化が訪れます。中でも、多感な子どもたちを悩ませるのが「にきび」です。

今回は「にきび跡」を残さない、にきびのケア法についてまとめてみました。


にきびの正体は、肌がアクネ菌との戦いの結果?!

ぷっくりと赤く腫れて、真ん中に膿を持った「にきび」。身なりや異性からの目が気になりだす思春期の子どもたちにとっては大きな悩みの種でもあります。

なぜこの時期ににきびが増えやすいのかご存知ですか?

それは、どうしても「オイリー肌になりやすいから」なのです。

成長期真っ只中にある子どもたちの身体ではたくさんの成長ホルモンが分泌されています。この成長ホルモンにより、肌が刺激されて必要以上の皮脂が分泌されます。すると、皮脂は毛穴の詰まりやすくなり、古い角質や皮脂が皮膚に留まってしまうのです。

この古い角質や皮脂をエサとしているのが「アクネ菌」です。

アクネ菌が増殖すると、身体はアクネ菌を排除しようと炎症を起こし、膿としてアクネ菌を排出します。これこそが「にきび」の正体です。

身体に「にきび」を作らせないためには、

   アクネ菌のエサとなる古い角質や余分な皮脂を取り除く。

   アクネ菌自体を取り除く。

   皮脂過多の状態を作らないために、保湿を行なう。

ことが、にきびの予防と改善に繋がります


にきび跡を残さないための鉄則

朝起きたときに「あー!なんでこんなところに、にきびが…」と、凹んだ経験をお持ちの親御さんもいるのではないでしょうか。私もその一人ですから、よくわかります。

そして、早く治したい一心でつまんで膿を出してしまったり、気になって触ってしまったりしてしまうものです。でも! これこそが「にきび跡」を深くする最大の要因です。

にきびケアでの鉄則は、とにかく「悪化させないこと・増やさないこと」です。

汚れた手で触ったり、つまんで傷を付けるような行動は絶対にNG! 無意識に触っている場合もありますので、見かけたら注意してあげましょう。

また、部活動などで汗をかいた後も要注意。こまめに顔を洗い、菌を皮膚に滞在させないようにします。

ただ洗っていても、にきびを防ぐことはできません。使う洗顔料は「にきび専用」のものを使いましょう。頑固な皮脂を落とす・水分は保つ・アクネ菌と戦える、のは普通の洗顔では難しいものです。「にきび」は皮膚が炎症を起こしている状態ですから、敏感肌にもなっています。

市販のものにもさまざまな種類があるので、お子さんにあったスキンケアを一緒に探してあげましょう。


メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ 100g


こっそりサポート!生活習慣からにきびに強い肌づくりを

とはいえ、お子さんのにきびケアに、お母さんがアレコレ口出しするのはなかなか難しいもの。なにせ本人が一番気にしているのですから、「正しいって分かっていても言われたくない!」のが思春期なのです。

お母さんにできることは、まずは食事面からのサポートです。

がっつり系のメニューを喜ぶこの時期の子どもたち、つい揚げ物が増えてしまいがちですが、目指すは野菜たっぷりメニューです。

ビタミンを多く取る事は、肌にとって不可欠。生野菜が一番いいのですが、子どもたちが怪訝そうな顔をするのが目に見えるという方は、ちょっとひと工夫を。

例えば、いつもの野菜炒めも豚バラと根菜モリモリでカレー炒めにしたり、揚げ物なら春巻きの皮に包んでしまえば結構食べてくれますし、肉巻きなども野菜を食べざるをおえません。豚丼の下にはこれでもか!と、少量のマヨネーズの和えたキャベツの千切りをいれてみるのもおすすめです。

もうひとつ、お母さんにできることはきちんとした「スキンケア法」を教えてあげることです。

にきび肌の洗顔法は、まず蒸しタオルなどで毛穴を開き、その後によく泡立てた洗顔で洗います。思わす、強くこすってしまいがちですが、これは炎症を悪化させるのでNG。手のひらで、泡をコロコロと転がすように洗います。洗顔は「時間をかけて、ゆっくりと」です。もちろん、その後の保湿もきちんと行ないます。

きちんと教えてあげられればいいのですが、面と向かってレクチャーするのが難しいなら、「お母さんがやっているところを見せてあげる」のも一つの手です。リビングでスキンケアをしながら、「毛穴の汚れは蒸しタオルをしてから…」と独り言のようにやってみては。気にしているお子さんなら、きっと聞いていてくれるはずです。

親にとっては「あばたもえくぼ」ですが、お子さんの悩み解決に役立てて頂ければ幸いです。

【関連記事】

食生活を考えるニキビが出やすい食べ物と良いとされる食べ物とレシピ

にきび予防は刺激の少ない洗顔剤で!


まとめ

大人になっても残ってしまう「にきび跡」を作らせないために
にきびの正体は、肌がアクネ菌との戦いの結果?!
にきび跡を残さないための鉄則
こっそりサポート!生活習慣からにきびに強い肌づくりを

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存